最新記事
カテゴリーアーカイブ
【スポンサーリンク】
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
【スポンサーリンク】
写真ギャラリー
【スポンサーリンク】
ファン
【スポンサーリンク】

2019年04月06日

Dr.Aの前予想 阪神11 桜花賞

まずこのレースをどう考えたかと言うとコース適性、実績、坂が大丈夫なのか。後はG1クラスになってくると展開やペース次第で結果はガラリと変わると思うのでペース、展開がどうなるのかも重要。差しが決まるのか?前がいいのか等。もう一つは4コーナーから直線向いた時に馬場の何処を通せればいいのか。後もう一つ、ローテーション。

そこで過去10年見ましたペースは1600mの場合最初の3F
600mのタイムで判断します。過去10年最初の3Fが35秒以上かかったのが2回、34秒台が7回、33秒台が2回。こう見るとスローにはなり辛いと考えます。ある程度流れるミドルペース以上で下手したらハイペースになるのを想定して予想すべきだと思います。後は馬場の何処を通せばいいのかというのはこれも過去10年見る限り内側は厳しい、らちから3頭分より外、馬場の5分所より外を通して差してきても全然届くと考えます。なので内枠より外枠の方がいいのかなと思います。内で変に包まれるくらいなら外の方がいいかなと。

これを踏まえた上で
1番手O2番手N3番手G4番手C5番手I6番手D7番手M

展開・・・逃げは絶対的逃げ馬はいないですがLが行かざるを得ない押し出される形で行くかもしれません。後はゲート出れたらFが行くかもしれません、前走1400で前に付けて前向きな競馬をしてるので。

先行ADGP

差しQCJMNOIHKEB@

ペース・・・ミドルペース〜ハイペース

Oは前走チューリップ賞でローテーションは問題ない。これはスローペースで前有利の中4コーナー12番手から上がり最速の33秒6を使っての2着ダノンファンタジーの0.2差は凄いと思います。大きいのは3走前の新馬戦、京都ですがこの時の最初の3Fが33秒9これは凄い、新馬戦なんかは基本スローペースになるのが普通の中ハイペースで4コーナーで9番手に位置を下げてからの3着は凄いと思います。鞍上もずっと乗ってきてるので手の内に入れてるでしょうし外枠で無理に内に突っ込む事もないと思うので良いと思います。

Nは唯一負けた新馬戦は東京で左回りで今回とは回りが逆です。なのでこれを無しにしたら輸送のない阪神、京都に限れば全部1着。2走前のG1阪神JFは最初の3Fは34秒8です。ハイペースまで行かないまでもミドルペースの経験はあるので問題なし。控えても、前付けてもどっちもいける自在性もあると思うので良いと思います。鞍上も信頼できますので普通に走れば3着以内にはくるだろうと思います。

Gは牡馬相手の勝ちや好走してる訳なので弱い訳ないと思います。ただスローペースの経験しかありません。朝日杯からの直行は気になります。同じ時期開催の阪神JFからの参戦は、母数は少ないですがあまり良い結果が出てないのでここは気になります。ただ仕上がりは良いみたいで鉄砲も利いてるのでここが勝ってもやっぱ強いのねという結果になっても不思議はないと思います。

Cは唯一負けた相手がG1阪神JFのダノンファンタジーだけでミドルペースは経験してる。阪神JFでは出遅れてるのでそういうような事があった時に2枠をどう捌くのか?恐らく外回すと思うので他の馬より距離走らされると思うので取りこぼしの可能性もありそうなのでこの評価です。

Iは2走前未勝利戦ですが中山1600mを1分34秒4は同じ中山1600mのアネモネステークスと変わらないタイム。阪神より中山の坂の方がきついだろうからもし阪神でチューリップ賞使ってたらどうだったんだろう?というのと、この未勝利戦最初3Fが34秒5とレベル的にはそこまで低くないのかなと思うので相手として拾うならいいのかなと思います。

Dは4走前中山1600m新馬戦稍重で上がり33秒8これは良いと思います。前走アネモネステークス中山1600mを1分34秒4も3歳の牝馬のオープンとして見るなら悪くない。最初の3Fも34秒3とミドルペースを経験してるので良いと思います。

Mは前走の上がり32秒9は凄いです。ただ東京なので評価しずらい2走前はG1阪神JFは3着でダノンファンタジーの0.2差はいいんですが上がりが1、2着馬とは0.5〜0.6秒違うのでラストの決め手には明らかな差があるのは割引せざるを得ない。3走前アルテミスでハイペース最初の3Fが33秒9を経験してるのはいいんですが東京なので回りは逆なので拾いずらいなので7番手でしか拾えませんでした。


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8700143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
最新コメント
検索