最新記事
カテゴリーアーカイブ
【スポンサーリンク】
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
【スポンサーリンク】
写真ギャラリー
【スポンサーリンク】
ファン
【スポンサーリンク】

2018年07月21日

Dr.Aの前予想「 函館10R前予想」

1番手D2番手F3番手K4番手B5番手A6番手I
展開・・・逃げ・先行@KCJ / 差しABDEFGHI
ペース・・・スローペース

Dは前走が良いです。稍重で上がり35秒5で道中自ら動いて行っての1着これが良いです。
今回2600mで逃げたいのもいないのでスロー濃厚、後ろから行くならどこかしら道中で動かして行かなきゃいけないだろうから前走のような競馬ができるのは強みだと思います。
昇級になりますが他のメンバー見ても500万を勝ち切れないメンバーばっかりなのでそんなに差はないと思うので問題ないと思います。距離も伸びますが前走のような競馬出来てれば大丈夫と考えます。

Fは上がりがまあまあ良いです。前走2分40秒3これは良いです。道中自ら動いての1着で0.4差付けての勝ちで長い所もあってそうですし洋芝適正もありそうなので良いと思います。
1番手、2番手はどっちでも良いかなと考えたんですがどっちか選ばなきゃいけないので430kgとちょっと小さいのでこっちを1つ下げました。

Kは前走の2分39秒6これは立派。前残りを考えるならこの子以外考えられない。上がりも先行2番手から35秒6なら良いと思います。休み明け2走目の上積み分もあるでしょうから良いと思います。

Bはまあまあの競馬ができてます。過去6走全てで4コーナーの位置より着順を上げられてる所が良いです。
福島の2600mで上がり最速を2回マークしてるので直線の短い小回りコースもあってそうなのも良いと思います。6走前2分40秒0で上がり35秒1ミルトプレストのクビ差これが良いと思いました。
ミルトプレストは1600万まで行ってるのでこの子も500万は抜けられる力はあると思います。展開に左右されるので4番手でしか付けれません。

Aは正直何がいいのかと聞かれてこれと言えるほどの強く押せる要素はないです。
ただ今回は枠がいい、前走は重馬場であり、馬体重が12kg増えて最後直線止まってたので前走は叩きで今回は上積みもあるでしょうし、鞍上もルメールならある程度いい位置を取りに行くでしょうから展開が向けば十分有るなと思ったので入れました。

Iは3走前の芝から着差が安定してます。2走前の中山稍重で2着なので右回り坂のない函館もこなせるんじゃないのかなというのと芝では長い所しか使ってないのでそこがいいなと思いました。
ただ大型馬の骨折休み明けで調教も良くないので叩きの可能性も有るので6番手でしか取れません。


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7914863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
最新コメント
検索