最新記事
カテゴリーアーカイブ
【スポンサーリンク】
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
【スポンサーリンク】
写真ギャラリー
【スポンサーリンク】
ファン
【スポンサーリンク】
【ランキング】
ブログランキングに参加しています!  応援クリックお願いします!
にほんブログ村

2018年05月26日

Dr.Aの前予想「京都7R」

1番手A2番手➉3番手C4番手K5番手H6番手@
展開・・・今回特に逃げたいのがいません。なので結果行く形になりそうなのが@FG➉Kあたりでこれが逃げ先行グループその後ろがABCDEHJ
ペース・・・逃げたいのがいないのでおのずとスローペース

Aは2000m以上しか使ってないので陣営も長い所が良いと考えているんだと思います。前走の重馬場で2分03秒2というのは3歳500万の重馬場としては大敗してはいるがそこまで悪くないと考えます。後は調教がラスト11.8これは良いと思います。枠も良いです。3走前小倉で2分01秒1未勝利としてはまあまあかなと思います。鞍上強化ですのでこのメンバーならいけると思います。

➉は強い所とやってます。ブラストワンピース、タワーオブロンドンとやって着差0.6差。4走前が阪神18000mで1分46秒0これは良いです。前走、同じレースに出てるのが3頭で最先着してるのが➉の3着。走破タイム1分47秒0も3歳の500万クラスとしては良いと思います。ある程度前につけてそこから上がり34秒台を使えるので前残りを期待してます。

Cは3走前の上り33.8秒は良いです。スローペースなので出なくもないでしょうが。後は前走、➉と着差無しの4着これを拾います。後は2走前オープンで0.7差で1秒負けてないのでこのメンバーなら上位と考えます。

Kは前走➉と着差無しの5着、前目でも運べる先行力、上りも前走34.3と悪くないです。京都では2走前が1600mで0.4差付けての勝で前走が1800mに距離延長でも上り34.3秒と一瞬の脚も使えるのを見てもスローの上り勝負になっても対応できそうなのでいいと思います。

Hは前走だけですやはり重賞で0.8差これを拾いました。ただこれがレベルがどうなのかがわからないですが勝ったステイフーリッシュはホープフル3着でホープフル4着のサンリヴァルは皐月賞2着、ホープフル2着のジャンダルムは弥生賞ダノンプレミアムに対して0.3差の3着、こう見るとステイフーリッシュは弱くはないはず、それに対して0.8差で走破タイム2分11秒8もそこまで悪くもない。そうなると来たらやっぱりなのねという感じです。ただ前走しか拾えないので5番手になりました。

@はやはり前走です。未勝利を勝っていきなり重賞に入れてるので陣営もそれなりの自信があったんでしょう、強いと思っていると思います。京都新聞杯に関してはHの時、述べた通りです。500kgを超える馬体をしてるので早熟の期待を込めてクラスを下げた500万ならいけるのかなと考えます。2走前2分01秒3これは未勝利としては素晴らしいです。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7699189
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
最新コメント
検索