広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

NHKニュースおはよう日本「街角情報室」でマスクシェルが紹介されました



リッツスキンリバイバル



国産グルコサミン&西洋ヤナギ「活歩潤




こんにちは。
私は、「グルコサミン」という成分を使った
サプリメントを開発した薬剤師の森です。
 
 
以前、同級生の友人とゴルフに行き、
コースを回っている最中、こんな話が出ました。

 
 
「なんだか最近膝がカクカクして、後半歩くのが億劫になってきてさ〜。
 数年前は毎日でも周れたのに、もう歳だな。 お前の薬局で何かいいものない?」
 
「えっ、お前歳をとったといっても早くないか?」
 
…あれっ?でも最近、子供のおむつ替えをしていると、立ち上がる時にちょっと違和感が!!
普段歩くときは、全く問題無いのだけれど…
 
そう気づいた瞬間、このままどんどんひどくなってしまうのではないかと
急に不安になってきました。
 
まだまだやりたいことはいっぱいあります。
ゴルフも続けたいし、山登りもしたい。
たまには海外旅行をして大好きな遺跡めぐりもしたいし、
いつか孫ができたら孫とも遊んでやりたい。(だいぶ先の話になりますが)
 
やりたいことはたくさん思いつくけれど、
何歳頃まで元気に好きなことをやっていけるのでしょうか?
 
若いうちはできたことができなくなってしまっても、
「年のせい」という言葉で済ませられるのでしょうか。
少しでも長く、元気に好きなことを続けていくためにはどうすればよいのか、
少し調べてみることにしました。



生きているだけの寿命は、幸せではない!?


1950年代には主要先進国中、日本人の平均寿命は最低でしたが、
食生活や生活レベルの向上、医療の発達などにより、
今では世界で有数の長寿国となりました。
しかし将来の日本はというと、周知のとおり高齢化社会が
世界でも例をみないような速度で進行していきます。
日本人が長寿になったことはとても喜ばしいことですが、
みなさん、健康的な長寿なのでしょうか?
もちろん、高齢になっても、元気に好きなことをしたいですよね!
 
たとえば、寝たきりで自立して生活ができない状態でも生きていると言えますが、
本当の意味で長寿と言えるのでしょうか?
 
最近では「健康寿命」という言葉があります。そうです。
健康で障害の無い、いきいきとしている状態の期間が見直されているのです。
 
日本人の平均寿命は長くなってきましたが、
「健康寿命」と「平均寿命」の差はどのくらいの年数があるかを調べてみると…
 
平均寿命は男性78.6歳、女性は85.6歳。
健康寿命は男性72.3歳、女性は77.7歳。





つまり、男性では78.6−72.3で6.3年間、女性では85.6−77.7で7.9年間、
何らかの障害をもって健康でない生活していることになります。
実際に、この期間には介護が必要となるケースも含まれているようです。
健康ではない寿命の期間が思ったよりも長くて、ちょっとびっくりします。
もちろん、この期間の長さは平均ですので、
人によってはもっと長い場合もあるのです。
皆さんは、この6年〜8年の期間をより短くするための努力はされていますか?
もしくは、十分に体力があり、体に自信がありますか?
 
ちなみに、健康寿命を縮める原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
 
厚生労働省の統計データ(平成16年)によると、介護が必要となった原因の
 
1位は「高齢による衰弱」
2位に「関節疾患」
3位に「脳血管疾患」
4位に「骨折、転倒」でした。
 
つまり、2位と4位を合わせて考えると、身体の運動器官の衰えが原因のようです。
 
ということは、介護を必要としないためにも、健康寿命を伸ばすためにも、
"身体の運動器官"が健康であることがとても重要なのです。

では、身体の運動器官を健康に保つためにはどうしたら良いでしょう。
 
「遠くまで外出するのがつらい」
「階段がつらい」
「曲げ伸ばしがしにくい」
 
できるだけ、生活に支障が出る前になるべく早く手を打つことがとても大切です。
 
そこで、衰えさせず、「健康寿命」を延ばすためにも、元気に行動するためにも、
やはり、十分に必要な栄養を摂ることが欠かせないのです。
 
私は薬剤師としていつものように友人や自分の悩みに真剣に取り組みはじめました。
 

これ一台、1日たった10分間で全身脂肪燃焼体系に”サイクルツイスタースリム”



財布



">♪たった90秒でシワがなくなるなんて夢みたい!



イスラエル政府公認安心の最高品質!!死海の深層水100%使用バスソルト



骨盤を引き締めキュッとアップな愛されヒップに♪




薬剤師が自分のために開発した尿サプリ




男女ともに年をとるにつれ、トイレのあとの不快感や、
夜中に目覚めてしまうモヤモヤ感で悩んでいる人は増え、
特に40歳以上の女性では、3人に1人が急な「もれ」に悩まされているともいわれています。

しかし、この悩みは家族や夫婦でもなかなか人に話しづらいものです。
なおさら、薬局でもなかなか薬剤師に相談しづらい内容です。

実は、6年前ぐらいから、森にも同じ悩みがありました。

私の場合:原因は・・・

あるテレビ番組で「立っておしっこをする男性の場合、
おしっこが飛散して便器の周りにたくさん飛び散り、
飛散した水滴数は1回で2000滴!」という実験をやっていました。

これが、なんとトイレのくさい臭いの原因になっているとのこと。

この番組を妻と一緒に見ていたのですが、その後の家族会議の結果
家の洋式トイレで立ったままおしっこをすることができなくなりました。

確実にトイレ掃除が私の仕事になりそうですし、
臭いの原因が自分のせいだと言われるのも嫌だったからです。
それから、家の洋式トイレでは、おしっこも座ってしています。
トイレがとてもきれいになったので、妻は喜んでいます。

しかし! おかげでどうも踏ん張りがきかない。
そうしたら、出も悪くなったような気がするし、
(勢いも悪い?切れも悪いような、、、?)
残った感じがします。

そうしたら、「あ!」と思うことが起きてしまったのです。
家のトイレでおしっこをした後、ソファーに座りテレビを見ながらくつろいでいた時
くしゃみをしたらチョロっと漏れてしまったのです。

抜毛(ぬけ)ない男の秘密のシャンプー



    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。