都立中高一貫校, 都立中
プロフィール
gogoさんの画像
gogo
都立中高一貫校の魅力を紹介します! 子供が都立中高一貫校に通っています。 記事を読んで頂き、気が付くことなどがありましたら、気軽にコメント頂ければと思います。 よろしくお願い致します。
プロフィール
検索
必見!記事ランキング
  1. 1. 【都立中高一貫校】2020年大学入試結果(速報ベース) 〜 都立加油! 東大合格者数で実力を見てみよう! 〜
  2. 2. 【都立中高一貫校】2019年大学合格実績 〜 小石川・武蔵・桜修館 = 日比谷・国立・西に異議なし!・・・怒涛の最終回 〜
  3. 3. 【都立中高一貫校】報告書が合否に与えるインパクト 〜 適性検査当日にどの程度正解すれば取り返せるか 〜
  4. 4. 【都立中高一貫校】 小6からの受検勉強開始で合格できる子供 〜 世間の常識に囚われて子供のチャンスを潰すことなかれ 〜
  5. 5. 【都立中高一貫校】 3日間で作文を上達させる方法
  6. 6. 【都立中高一貫校】算数(数学)を制するものは受験を制す 〜 何度も書いていることですが、子供達を見ての感想から改めて 〜
  7. 7. 【都立中高一貫校】私立難関・中堅上位校併願の実態 ー 私立併願組なんて恐るに足りず!? そだね〜 ー
  8. 8. 【都立中高一貫校】 「ena」はなぜ都立中高一貫校に強いのか
  9. 9. 【都立中高一貫校】2018年桜修館の適性検査1 〜 良問、受検生に苦し 〜
  10. 10. 【都立中高一貫校】2017年桜修館の適性検査2 〜塾では教えてくれない勝負のポイントはここだ!〜
  11. 11. 【都立中高一貫校】あなたはどちら派??「現役で第二志望」VS「1浪して第一志望」 〜 そして、先生方には感謝、感謝、感謝! 〜
  12. 12. 【都立中高一貫校】合格の近道=「過去問をトコトンやって知り尽くせ!」
  13. 13. 【都立中高一貫校】新6年生(現5年生)の都立中高一貫校の目指し方
  14. 14. 【都立中高一貫校】 諦めるのは早い、小6から始める受検対策!
  15. 15. 【都立中高一貫校】模擬試験はこのように受ける!
  16. 16. 【都立中高一貫校】 クラマチと適性検査
  17. 17. 【都立中高一貫校】適性検査の特徴を学校別に知る 〜 適性検査を知り己を知れば百戦危うからず by 孫子 〜
  18. 18. 【都立中高一貫校】都立(公立)復権の裏側に見る私立中堅上位校の苦しさ 
  19. 19. 【都立中高一貫校】適性検査の作文対策は夏休みが勝負 〜 「3つの注意点」を知り、作文を得点源に! 〜
  20. 20. 【都立中高一貫校】 さあ、記念祭(文化祭)に行こう!
お勧めリンク集
最新記事
(03/12)【都立中高一貫校】2020年大学入試結果(速報ベース) 〜 都立加油! 東大合格者数で実力を見てみよう! 〜
(03/01)【都立中高一貫校】新型コロナが世界・日本を変える! 〜小中高の臨時休校は英断か!?〜
(04/13)【都立中高一貫校】2019年大学合格実績 〜 小石川・武蔵・桜修館 = 日比谷・国立・西に異議なし!・・・怒涛の最終回 〜
(03/16)【都立中高一貫校】2019年大学入試結果(速報ベース) 〜 まわるまわるよ 時代はまわる 〜
(03/10)【都立中高一貫校】あなたはどちら派??「現役で第二志望」VS「1浪して第一志望」 〜 そして、先生方には感謝、感謝、感謝! 〜
(03/03)【都立中高一貫校】大学入試結果発表前の嵐の前の静けさ 〜 今年は去年までと違う!? 〜
(02/09)【都立中高一貫校】合格率で大手塾に勝つ個人塾 〜 受検おつかれさまでした 〜 
(01/05)【都立中高一貫校】都立中高一貫校を6年間見てきた素直な感想
(11/11)【都立中高一貫校】算数(数学)を制するものは受験を制す 〜 何度も書いていることですが、子供達を見ての感想から改めて 〜
(10/14)【都立中高一貫校】都立中では平均以上を目指せ! 〜 なりたい自分になるための幅広い大学選択を可能とするために 〜
カテゴリアーカイブ

2017年08月20日

【都立中高一貫校】適性検査対策後半戦は「スピード」勝負! 〜 そうか、なるほど。これでライバルからの1歩リードは間違いなし 〜




 
★ 新幹線代くれない?
 
気がつけば、お盆も過ぎて8月も後半となりました。
それにしても、雨ばかりで、1月前の暑さはどこに行ったのかという感じです。 
でもまあ、受験(検)生が勉強に集中するには、暑さが和らぎ、ちょうど良いかもしれません。
 
もう半月以上前でしょうか。
長男と私の間で、次のような会話がありました。

(長男)「〇〇(関西の都市)に行ってくるから、新幹線代くれない?」
(私)「何しに行くのよ? 」
(長男)「〇〇大学のオープンキャンパスに行きたいんだよ。」

大学のオープンキャンパスとは、まあ、中学受験に置き変えると、学校説明会とか見学会に当たるものです。
もちろん、中学受験とは違い、説明のターゲットは子供本人なので、もう親の出る幕はありません。
夏休みのこの時期には、様々な大学で盛んに行われていて、学校側も志望校のオープンキャンパスに行くように進めてきます。
 
長男の場合、去年も都内の某大学のオープンキャンパスに行っていました。
ただ、去年は本人に大学受験の実感がまだ全くなかったものですから、感想を聞いても、「お前、何しに行ったんだ?学食にメシを食いに行っただけか?」と思うほど、何も得てこなかった感じでした。(笑)
 
しかし、1年経ち、大学受験への意識がかなり変わったと思います。
オープンキャンパスには、日本で一番偏差値の高い大学も含め、4校に行ったようです。 
この1年で、姉の大学受験に望む姿を傍から見ていたこともありますし、やはり友達との会話にも大学のことが出てくるようになってきたからだろうと思います。
あと、最近、定期テストや模擬試験の成績が絶好調らしいので、自信を持ち始めたのも理由かと思います。
このようなことを書くと、「自慢ばかりですね〜」とコメントで叱られますが。(汗)
 
さてさて、今日は、受検(受験)まであと半年ということで、これからの半年で特に意識した方が良いと思うことを書こうと思います。
具体的には、「スピードを意識して問題を解く」ということです。
(過去の記事でも何度か書いてますが、大事なことですので。)

  
★ 半端なく高い要求水準
 
もう随分昔のことですが、長男が小学6年生になるかならないかの頃、初めて、私は都立中高一貫校の適性検査の問題を見て、そして解きました。

今でもよく覚えていますが、この時、私が受けた印象は次のようなことでした。
 
〇 思考力を問う問題ばかりであること(高校時代の「Z会」の問題を思い出しました)。
〇 時間対比の問題量がとにかく多いこと
 
そう、都立中高一貫校に合格するには、「思考力を問う難しい問題に対処する力」に加え、「スピード感を持ってテンポよく問題を解く力」が必要と気づいたのです。

しかし、それにしてもですよ。 
思考力を問う難しい問題をテンポよく解くのは、半端なく高い要求水準と思いませんか?
 
大人でも、「ん・・・」と腕を組んで考えたくなる問題ばかりなのです。
それにも係わらず、「時間がないんだから、問題を一回読んだら、さっさと答えを書きなさい!」というレベルを、小学生の子供に求めることになるのです。
 
 
★ 合格・不合格の差=スピードの差
 
ただ、「スピード感を持ってテンポよく問題を解く力」をつけなければ、ライバルの後塵を拝することとなり、合格が遠のいていきます。
 
私の感覚ですが、都立中高一貫校を受検する子供なら、時間さえかけると大半の問題が解けるはずです。
合格・不合格の差は、問題を解くスピードの差なのです。
 
したがって、受検対策の中で、「スピード感を持ってテンポよく問題を解く」ことを常に意識するしかないのです。
そして、これには、模擬試験などの本番に近いテストを上手くきっかけにしていくのが良いんだろうなと思います。

「テスト時間内にとにかく全問を解く」
 
この目標を与えてあげると、まだ小学生の子供でも、無意識に色々と工夫し、自分なりに対策を考え始めます
今まで培ってきた基礎的な学力が、この目標で、いよいよ実践的な形になっていくということです。

最初から、上手くできる必要はないんです。
 
この「テスト時間内にとにかく全問を解く」という意識を強く持つことで、次のような点で、その後の勉強での意識が変わってくるはずです。
少なくとも、私の子供達は変わりました。
 
〇 最初に全問をさらりと眺め、どのような問題が出ているかの全体感を掴むようになる。
〇 大事な部分に下線を引くなどで、問題を読む集中力を上げる。
〇 「簡単に早く解ける方法はないか?」と、常にベストな解き方を模索するようになる。

よく考えてみてください。
この風景は、大人の世界では当たり前のことなんです。
 
どのような仕事でも、納期などの制限時間というものがあります。
その納期などの制限時間内に、少しでも品質の高い物を作ったり、サービスを提供しようと、多くの大人は日々努力を重ねています。
この制限時間の意識を、適性検査の勉強でも強く持とうというだけの話です。

適性検査のわずかな時間内に、持てる力を十分に発揮するには、これからの半年、スピードを意識するしかありません。 
難しい問題をたくさんすることにこだわる方は多いですが、制限時間を意識した勉強に注意を払う方は意外と少ないと思います。
 
来年受検のご家庭では、これからの半年、「スピード感を持ってテンポよく問題を解く」ことに拘ってみてはいかがでしょうか。
 


 
  

↓ クリックをお願いします! ↓

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

J.F.ケネディやビル.クリントンなど多くの欧米政治家が尊敬する江戸中期の米沢藩主上杉鷹山の名言。
私はこの言葉からいつもパワーを頂いています。
クリック頂けるといいことあるかも!?(ブログ村のランキングが開きます)



 
<ご参考>


〇 "お勧め!" 論理的思考力を鍛えるための学習

「論理的に物事を考える力(=論理的思考力)」を鍛えるには、とにかく「子供のチャレンジ精神をくすぶり、かつ、質の良い問題に多く取り組むこと」に尽きますが、これにはZ会が最適です。

Click!! → Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」もらえます ← Click!!

☆ 資料請求だけでもしてみてはどうでしょう?
(Z会は安心です。資料請求しても、電話等による不快な勧誘を受けることはありません。又、資料請求すると、効果的な学習方法を紹介する冊子も貰えます。無料ですから、当リンクからの資料請求をご活用ください)

2019年の各都立中高一貫校におけるZ会会員合格者数:桜修館(64名)、三鷹(45名)、南多摩(34名)、武蔵(30名)、九段(29名)、白鴎(29名)、小石川(28名)、富士(28名)、両国(28名) 、立川国際(27名)、大泉(26名)
この多さに驚いてしまうのは、私だけでしょうか?
Z会は適性検査と同じ「考えさせる」系統の問題が多いため、このように大勢が各都立中高一貫校で合格しているのだろうと思います。
多数合格の秘密を詳しく知りたいですか? では、当リンクから資料請求へGO!

 

 
〇 作文を上達させる家庭学習

作文の上達には、文章の正しい書き方を学び、そして数多く文章を書くことが必要です。
次の作文の通信教育を上手く活用できれば効果は大きいと思います。
こちらも資料請求だけでもしてみてはいかがでしょうか。

Click!! → ブンブンどりむ ← Click!!



〇 各都立中高一貫校の過去問
 
「目指す学校」は「どのような問題を出すのか」を知ることは非常に重要です。
又、過去問をよく目にする場所に置いておくだけで、「モチベーションのアップ&維持」に有効です。
  
Click!! → 各都立中高一貫校の過去問を見る ← Click!!


  
〇 論理的な文章構成力を習得するための本

都立中高一貫校の適性検査対策は、「論理的な」考え方を身に付けることです。
各校で出題形式に差がありますが、作文はいかに論理的な文章を書けるかがポイントとなります。
論理的思考による文章の書き方を指導している福嶋国語塾の福嶋先生の本から、都立中高一貫校の適性検査対策に最も適したものを紹介します。
 
・ 指導する保護者向け
 
次の本を読むと、作文指導で何を子供にアドバイスすれば良いかが理解できます。
 
Click!! → 「ビジネスマンの国語力」が身につく本 ← Click!!

・ 子供向け
 
福嶋先生はどれも素晴らしいと思います。
特に、”「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!” はお勧めです。

Click!! → 福嶋先生の主要な本 ← Click!!


 
〇 「やる気」スイッチをONにするための本

「やる気」を出す系統の本には、根拠レスな気合論の内容が多いものです。
しかし、ここで紹介する”のうだま―やる気の秘密”は、科学的根拠に基づく事実を簡単に説明している本です。

Click!! → のうだま―やる気の秘密 ← Click!!




以上  
都立中高一貫校 都立中高一貫 都立中学 公立中高一貫校 難関大学 桜修館 作文 小石川 東大
武蔵 両国 富士 九段 立川国際 三鷹 大泉 作文 東大 過去問 対策 合格するには 説明会 評判 合格ライン