都立中高一貫校, 都立中
プロフィール
gogoさんの画像
gogo
都立中高一貫校の魅力を紹介します! 子供が都立中高一貫校に通っています。 記事を読んで頂き、気が付くことなどがありましたら、気軽にコメント頂ければと思います。 よろしくお願い致します。
プロフィール
検索
必見!記事ランキング
  1. 1. 【都立中高一貫校】2020年大学入試結果(速報ベース) 〜 都立加油! 東大合格者数で実力を見てみよう! 〜
  2. 2. 【都立中高一貫校】2019年大学合格実績 〜 小石川・武蔵・桜修館 = 日比谷・国立・西に異議なし!・・・怒涛の最終回 〜
  3. 3. 【都立中高一貫校】報告書が合否に与えるインパクト 〜 適性検査当日にどの程度正解すれば取り返せるか 〜
  4. 4. 【都立中高一貫校】 小6からの受検勉強開始で合格できる子供 〜 世間の常識に囚われて子供のチャンスを潰すことなかれ 〜
  5. 5. 【都立中高一貫校】 3日間で作文を上達させる方法
  6. 6. 【都立中高一貫校】算数(数学)を制するものは受験を制す 〜 何度も書いていることですが、子供達を見ての感想から改めて 〜
  7. 7. 【都立中高一貫校】私立難関・中堅上位校併願の実態 ー 私立併願組なんて恐るに足りず!? そだね〜 ー
  8. 8. 【都立中高一貫校】 「ena」はなぜ都立中高一貫校に強いのか
  9. 9. 【都立中高一貫校】2018年桜修館の適性検査1 〜 良問、受検生に苦し 〜
  10. 10. 【都立中高一貫校】2017年桜修館の適性検査2 〜塾では教えてくれない勝負のポイントはここだ!〜
  11. 11. 【都立中高一貫校】あなたはどちら派??「現役で第二志望」VS「1浪して第一志望」 〜 そして、先生方には感謝、感謝、感謝! 〜
  12. 12. 【都立中高一貫校】合格の近道=「過去問をトコトンやって知り尽くせ!」
  13. 13. 【都立中高一貫校】新6年生(現5年生)の都立中高一貫校の目指し方
  14. 14. 【都立中高一貫校】 諦めるのは早い、小6から始める受検対策!
  15. 15. 【都立中高一貫校】模擬試験はこのように受ける!
  16. 16. 【都立中高一貫校】 クラマチと適性検査
  17. 17. 【都立中高一貫校】適性検査の特徴を学校別に知る 〜 適性検査を知り己を知れば百戦危うからず by 孫子 〜
  18. 18. 【都立中高一貫校】都立(公立)復権の裏側に見る私立中堅上位校の苦しさ 
  19. 19. 【都立中高一貫校】適性検査の作文対策は夏休みが勝負 〜 「3つの注意点」を知り、作文を得点源に! 〜
  20. 20. 【都立中高一貫校】 さあ、記念祭(文化祭)に行こう!
お勧めリンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ

2016年01月23日

【都立中高一貫校】2016年受検倍率を見て思うこと



 

こちらのブログも、依然として多くの方に読んで頂いていますので、たまには更新してみたいと思います。
次の新しいブログも、ぜひ、よろしくお願い致します。
 

『【都立中高一貫校】 塾では教えてくれない合格への近道』
 ⁽ ↑ クリックして下さ〜い ⁾



★ 受検倍率

各都立中高一貫校の受検倍率が公表されましたので、昨年同様に、思うところを気ままに書かせて頂こうと思います。

倍率が発表されると、受検もいよいよ目前に迫った気がしますね。
あと、11日・・・。
 
受検日まで、ブログの更新ができないかもしれませんので、先に言っておきます。
 
「受検生の皆さん、とにかく全力を出し切れるように、頑張って下さい! 健闘を祈る!」 

そして、受検生の保護者の皆さま、あまり気をもんでもしかたありません。
残る日々の中でできることは、子供の健康管理と神頼みぐらいだと思います。

「苦しい時の神頼み」
今は、この言葉の意味がよ〜くわかる時期でもあると思います。

とえあえず、下の北野天満宮の写真をクリックしてもらえると、菅原道真公のご加護があるかもしれません。
(皆さまの幸運度だけでなく、当ブログのランキングもアップする仕掛けにしてみましたが・・・(汗))
 
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
適性検査で解けない問題が出ても、菅原道真公が答えを耳打ちしてくれるかも・・・


リラックスして読んで頂くために、ちょっと砕けた感じで書き出してみました。

さて、2016年の受検倍率を見てみましょう。

 
★ 過去倍率推移+2016年倍率

------------2012--2013--2014--2015----2016----(平均)
------------------------------------------------------------------
両国--------7.4----8.2----9.1----8.7-------8.4下矢印2------8.4
大泉--------7.8----9.5----8.0----7.5-------7.3下矢印2------8.3
白鴎--------7.5----8.6----7.7----6.4-------6.8右矢印2------7.4
桜修館-----6.4----9.4----9.2----7.1-------6.7下矢印2------7.8
小石川-----6.6----6.3----6.5----5.5-------6.6右矢印2------6.3 
三鷹--------6.6----7.6----7.3----7.1-------6.6下矢印2------6.9
立川国-----6.0----6.4----6.2----6.4-------5.6下矢印2------6.1
南多摩-----7.2----7.4----6.3----5.5-------5.6右矢印2------6.9
武蔵--------5.8----6.1----4.7----4.9-------4.9⇒------5.6
富士--------6.1----6.5----5.7----5.3-------4.9下矢印2------5.7 
------------------------------------------------------------------
(平均)-----6.7----7.6----7.1----6.4-------6.3下矢印2------6.8

※ 2016年の受検倍率が高い順に表示しています。
※ 九段は区外・区内の差が非常に大きいことから、記載を省略しています。
※ 数値は男女の平均値です。又、複数の情報源をつなぎ合わせいる為、四捨五入等の誤差があるかもしれません。
※ 特別枠は含まず、一般枠のみの倍率です。



★ 思うことを徒然なるままに
 
上記数値を見て、思うところを簡単に記載します。

@ 10校の平均倍率

受検倍率の平均を見ると、2015年から若干ですが低下しました。
やはり、落ち着いて受検方針を考える家庭が増え、無謀に近い受検が減ったのではないかと想像します。

2013年や2014年は、小石川・両国・桜修館・九段の中高一貫化後の1期生・2期生による大学合格実績のインパクトが大きく、「とりあえず受検してみよう!」という家庭も多かったように思います。
しかし、時間の経過と共に、落ち着いて受検方針を考える雰囲気が醸成されたということでしょう。

A 地域差 ± 1年間のトピックス

各校の受検倍率を見てまず気づくことは、「毎年毎年、倍率の高い学校はおおよそ決まっている」ことです。
逆の見方をすれば、倍率の低い学校も決まっているというこでもあります。
 
ただ、私が思うに、これは決して学校毎の施策が支持されたりされなかったりの人気が反映した結果というよりも、各学校のロケーション⁽立地場所⁾による要因がかなり大きいはずです。
まあ、たまに国会議員選挙の「1票の格差」がニュースで取り上げられますが、この問題と基本的には同じ理由なのでしょう。
各学校の通学圏内に住む子供の数で、受検倍率のベースが決まるのでしょう。
 
そして、この「各学校の通学圏内に住む子供の数」というベースの上に、各学校の「1年間のトピックス」などで人気のポイントがプラスマイナスされると考えて良いと思います。
 
B 6人に1人
 
しかし、受検倍率の若干の上下に一喜一憂し、大切なことを見逃してはいけません
 
受検倍率は、昨年と比べて低下し、2013年や2014年頃から見るとかなり落ち着いたとは言え、依然として「6人に1人」しか合格できない数字です。

各小学校を代表する優等生が集まっての「6人に1人」であり、都立中高一貫校では合格者の辞退率も低いですから、やはり依然として狭き門です。
 
 
★ 今後の予想

おそらく、来年以降もしばらくは、昨年や今年と同じような倍率で推移するように思います。
 
今後、大きな変動になりうる要因は、2013年以降に入学した生徒達が出す大学合格実績かなぁという気がします。
そう考えると、今後3年間はあまり変動がないように思います。
 
私の子供が通う都立中高一貫校では、2013年以降に入学した生徒達からかなり飛躍的に学力があがっていると聞きます。
2012年までに入学した生徒も当然ながら優秀なのですが、2013年以降に入学した生徒達は更に勉強ができるようです。
2013年⁽現3年生⁾の生徒達と言えば、小石川・両国・桜修館・九段の1期生の大学合格実績を見た翌年に、激しく上昇した受検倍率の中を勝ち抜いた強者達です。
この勝負所に強い頭脳明晰な子供達は、都立中高一貫校のイメージを更に変えるかもしれません。

まあ、何はともあれ、受検倍率ばかり気にしても仕方ありません
今までやってきたことを信じて、頑張ってほしいと思います、

 
 
↓ クリックをお願いします! ↓

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ

J.F.ケネディやビル.クリントンなど多くの欧米政治家が尊敬する江戸中期の米沢藩主上杉鷹山の名言。
私はこの言葉からいつもパワーを頂いています。
クリック頂けるといいことあるかも!?(ブログ村のランキングが開きます)



 
<ご参考>


〇 "お勧め!" 論理的思考力を鍛えるための学習

「論理的に物事を考える力(=論理的思考力)」を鍛えるには、とにかく「子供のチャレンジ精神をくすぶり、かつ、質の良い問題に多く取り組むこと」に尽きますが、これにはZ会が最適です。

Click!! → Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」もらえます ← Click!!

☆ 資料請求だけでもしてみてはどうでしょう?
(Z会は安心です。資料請求しても、電話等による不快な勧誘を受けることはありません。又、資料請求すると、効果的な学習方法を紹介する冊子も貰えます。無料ですから、当リンクからの資料請求をご活用ください)

2018年の各都立中高一貫校におけるZ会会員合格者数:桜修館(52名)、三鷹(47名)、大泉(29名)、九段(29名)、白鴎(28名)、南多摩(28名)、富士(25名)、両国(24名) 、武蔵(23名)、小石川(22名)、立川国際(21名)
Z会は適性検査と同じ「考えさせる」系統の問題が多いため、このように大勢が各都立中高一貫校で合格しているのだろうと思います。

 

 
〇 作文を上達させる家庭学習

作文の上達には、文章の正しい書き方を学び、そして数多く文章を書くことが必要です。
次の作文の通信教育を上手く活用できれば効果は大きいと思います。
こちらも資料請求だけでもしてみてはいかがでしょうか。

Click!! → ブンブンどりむ ← Click!!



〇 各都立中高一貫校の過去問
 
「目指す学校」は「どのような問題を出すのか」を知ることは非常に重要です。
又、過去問をよく目にする場所に置いておくだけで、「モチベーションのアップ&維持」に有効です。
  
Click!! → 各都立中高一貫校の過去問を見る ← Click!!


  
〇 論理的な文章構成力を習得するための本

都立中高一貫校の適性検査対策は、「論理的な」考え方を身に付けることです。
各校で出題形式に差がありますが、作文はいかに論理的な文章を書けるかがポイントとなります。
論理的思考による文章の書き方を指導している福嶋国語塾の福嶋先生の本から、都立中高一貫校の適性検査対策に最も適したものを紹介します。
 
・ 指導する保護者向け
 
次の本を読むと、作文指導で何を子供にアドバイスすれば良いかが理解できます。
 
Click!! → 「ビジネスマンの国語力」が身につく本 ← Click!!

・ 子供向け
 
福嶋先生はどれも素晴らしいと思います。
特に、”「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!” はお勧めです。

Click!! → 福嶋先生の主要な本 ← Click!!


 
〇 「やる気」スイッチをONにするための本

「やる気」を出す系統の本には、根拠レスな気合論の内容が多いものです。
しかし、ここで紹介する”のうだま―やる気の秘密”は、科学的根拠に基づく事実を簡単に説明している本です。

Click!! → のうだま―やる気の秘密 ← Click!!



〇 まずは「勉強習慣」を身につけたい小学低学年の学習
 
都立中高一貫校を目指すとしても、まだ小学低学年の内は、勉強習慣を身につけ、子供が潜在的に持つ探究心を引き出してあげるのが何よりも大切だと思います。
小学低学年の内は、難しいことにいきなりチャレンジするのではなく、「進研ゼミ小学講座」にて、自然体で楽しく毎日コツコツ学習するのはどうでしょう(我が家の子供たちもお世話になりました)。
こちらも、資料請求だけでもしてみてはどうでしょう
 
Click!! → 進研ゼミ小学講座 ← Click!!


以上  
都立中高一貫校 都立中高一貫 都立中学 公立中高一貫校 難関大学 桜修館 作文 小石川 東大
武蔵 両国 富士 九段 立川国際 三鷹 大泉 作文 東大 過去問 対策 合格するには 説明会 評判 合格ライン