都立中高一貫校, 都立中
プロフィール
gogoさんの画像
gogo
都立中高一貫校の魅力を紹介します! 子供が都立中高一貫校に通っています。 記事を読んで頂き、気が付くことなどがありましたら、気軽にコメント頂ければと思います。 よろしくお願い致します。
プロフィール
検索
必見!記事ランキング
  1. 1. 【都立中高一貫校】2020年大学入試結果(速報ベース) 〜 都立加油! 東大合格者数で実力を見てみよう! 〜
  2. 2. 【都立中高一貫校】2019年大学合格実績 〜 小石川・武蔵・桜修館 = 日比谷・国立・西に異議なし!・・・怒涛の最終回 〜
  3. 3. 【都立中高一貫校】報告書が合否に与えるインパクト 〜 適性検査当日にどの程度正解すれば取り返せるか 〜
  4. 4. 【都立中高一貫校】 小6からの受検勉強開始で合格できる子供 〜 世間の常識に囚われて子供のチャンスを潰すことなかれ 〜
  5. 5. 【都立中高一貫校】 3日間で作文を上達させる方法
  6. 6. 【都立中高一貫校】算数(数学)を制するものは受験を制す 〜 何度も書いていることですが、子供達を見ての感想から改めて 〜
  7. 7. 【都立中高一貫校】私立難関・中堅上位校併願の実態 ー 私立併願組なんて恐るに足りず!? そだね〜 ー
  8. 8. 【都立中高一貫校】 「ena」はなぜ都立中高一貫校に強いのか
  9. 9. 【都立中高一貫校】2018年桜修館の適性検査1 〜 良問、受検生に苦し 〜
  10. 10. 【都立中高一貫校】2017年桜修館の適性検査2 〜塾では教えてくれない勝負のポイントはここだ!〜
  11. 11. 【都立中高一貫校】あなたはどちら派??「現役で第二志望」VS「1浪して第一志望」 〜 そして、先生方には感謝、感謝、感謝! 〜
  12. 12. 【都立中高一貫校】合格の近道=「過去問をトコトンやって知り尽くせ!」
  13. 13. 【都立中高一貫校】新6年生(現5年生)の都立中高一貫校の目指し方
  14. 14. 【都立中高一貫校】 諦めるのは早い、小6から始める受検対策!
  15. 15. 【都立中高一貫校】模擬試験はこのように受ける!
  16. 16. 【都立中高一貫校】 クラマチと適性検査
  17. 17. 【都立中高一貫校】適性検査の特徴を学校別に知る 〜 適性検査を知り己を知れば百戦危うからず by 孫子 〜
  18. 18. 【都立中高一貫校】都立(公立)復権の裏側に見る私立中堅上位校の苦しさ 
  19. 19. 【都立中高一貫校】適性検査の作文対策は夏休みが勝負 〜 「3つの注意点」を知り、作文を得点源に! 〜
  20. 20. 【都立中高一貫校】 さあ、記念祭(文化祭)に行こう!
お勧めリンク集
最新記事
(03/12)【都立中高一貫校】2020年大学入試結果(速報ベース) 〜 都立加油! 東大合格者数で実力を見てみよう! 〜
(03/01)【都立中高一貫校】新型コロナが世界・日本を変える! 〜小中高の臨時休校は英断か!?〜
(04/13)【都立中高一貫校】2019年大学合格実績 〜 小石川・武蔵・桜修館 = 日比谷・国立・西に異議なし!・・・怒涛の最終回 〜
(03/16)【都立中高一貫校】2019年大学入試結果(速報ベース) 〜 まわるまわるよ 時代はまわる 〜
(03/10)【都立中高一貫校】あなたはどちら派??「現役で第二志望」VS「1浪して第一志望」 〜 そして、先生方には感謝、感謝、感謝! 〜
(03/03)【都立中高一貫校】大学入試結果発表前の嵐の前の静けさ 〜 今年は去年までと違う!? 〜
(02/09)【都立中高一貫校】合格率で大手塾に勝つ個人塾 〜 受検おつかれさまでした 〜 
(01/05)【都立中高一貫校】都立中高一貫校を6年間見てきた素直な感想
(11/11)【都立中高一貫校】算数(数学)を制するものは受験を制す 〜 何度も書いていることですが、子供達を見ての感想から改めて 〜
(10/14)【都立中高一貫校】都立中では平均以上を目指せ! 〜 なりたい自分になるための幅広い大学選択を可能とするために 〜
カテゴリアーカイブ

2015年02月21日

【都立中高一貫校】 都立中戦線異状アリ!?~SAPIX合格実績編~





★ 今年もSAPIXの都立中合格実績を見てみよう!

ちょっとしつこいかな・・・とは思いつつ、今回も今年の受検結果を分析してみたいと思います。
 
今回は、SAPIXにおける各都立中高一貫校の合格実績から、私立併願(難関・中堅上位校との併願)状況を見てみたいと思います。

実は、去年も同じような記事を書いています。
【都立中高一貫校】 私立併願の実態に迫る!)←ご参考

この記事、今でも非常に多くの方にアクセスして頂いていて、都立中高一貫校と私立中学の併願を考えている家庭の多さを肌で感じます。
このような背景もありますので、今年もSAPIXにおける各都立中高一貫校での合格実績を追いかけてみようと思います。

ただ、誤解頂きたくないのですが、「私立併願(難関・中堅上位校との併願)者が多い学校」=「受検難易度が高い学校」という公式は必ずしも成り立たないだろうと考えています。
都立中高一貫校のみの受検者にも、優秀な子供はかなり多いはずです(間違いないでしょう)。
各校の地域的な特徴にも左右されますし、適性検査の出題方法による併願のしやすさも影響を与えます。
ここ数年、「都立中高一貫校と私立中学の併願」の関心が高いように思えるため、現状を分析するものです。


★ 「SAPIXに通う子供達」=「私立難関・中堅上位校志向の子供達」

去年の記事と同じことを書きますが、「SAPIXに通う子供達」=「私立難関・中堅上位校志向の子供達」だと見て大きな間違いないだろうとの考えで、SAPIXを選んでいます。

SAPIXの場合はかなり高い水準の成績を取らないと塾自体にも入れないと聞きますので、そのSAPIXからの合格者数の推移を見れば、高偏差値層はそれぞれの都立中高一貫校をどのように見ているかが把握できます

      2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
---------------------------------------------------------------------------------
桜修館 995 -> 999 -> 992 -> 998 -> 915 -> 920 -> 916
小石川 917 -> 922 -> 927 -> 931 -> 931 -> 929 -> 914
九段− 993 -> 913 -> 912 -> 917 -> 910 -> 913 -> 914
武蔵− 993 -> 996 -> 992 -> 999 -> 993 -> 996 -> 994
大泉− 99-- -> 993 -> 992 -> 991 -> 993 -> 994 -> 994
両国− 998 -> 992 -> 993 -> 993 -> 992 -> 994 -> 994
富士− 99-- -> 994 -> 994 -> 992 -> 992 -> 990 -> 994
白鴎− 992 -> 990 -> 990 -> 992 -> 994 -> 990 -> 992
立川国 990 -> 990 -> 991 -> 992 -> 991 -> 990 -> 991
三鷹− 99-- -> 994 -> 994 -> 994 -> 995 -> 993 -> 990
南多摩 99-- -> 992 -> 991 -> 990 -> 991 -> 992 -> 990
---------------------------------------------------------------------------------
合計− 938 -> 965 -> 958 -> 979 -> 977 -> 981 -> 963
平均−9.5.4 ->. 5.9 -> 5.3 -> .7.2 -> .7.0 -> .7.4 -> .5.7

※ 2009年から2015年までの各校の合格者数を時系列的に表示しています。
※ 2015年の合格者が多い順に縦軸の学校を並べています。
※ 「−」は、開校前のため対象外であることを表示しています。


★ 高偏差値層の動き

いつもの通り、上の表で気がついたことを書いてみたいと思います。

● 「平均」を見ると、今年は昨年から1.7人も減っていて、2011年以前の水準に戻っています。やはり、これもサンデーショックの影響だろうと思います。

● 「桜修館」と「小石川」の順位が逆転しました。「小石川」が首位の座を明け渡すのは初めてのことです。
 
● 「桜修館」は適性検査に独特な作文問題があることから、私立併願者には受検しづらいイメージがあります。しかし、合格者が3年続けて多い事実を踏まえると、独特な作文問題は、志望校検討や受検結果にさほど影響を与えていないのかもしれません。
 
● 相変わらず、「桜修館」「小石川」「九段」の合格者が多く、高偏差値層は23区内の中等教育学校を好む傾向にあることがわかります。





↓ クリックをお願いします! ↓

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ

J.F.ケネディやビル.クリントンなど多くの欧米政治家が尊敬する江戸中期の米沢藩主上杉鷹山の名言。
私はこの言葉からいつもパワーを頂いています。
クリック頂けるといいことあるかも!?(ブログ村のランキングが開きます)



 
<ご参考>


〇 "お勧め!" 論理的思考力を鍛えるための学習

「論理的に物事を考える力(=論理的思考力)」を鍛えるには、とにかく「子供のチャレンジ精神をくすぶり、かつ、質の良い問題に多く取り組むこと」に尽きますが、これにはZ会が最適です。

Click!! → Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」もらえます ← Click!!

☆ 資料請求だけでもしてみてはどうでしょう?
(Z会は安心です。資料請求しても、電話等による不快な勧誘を受けることはありません。又、資料請求すると、効果的な学習方法を紹介する冊子も貰えます。無料ですから、当リンクからの資料請求をご活用ください)

2017年の各都立中高一貫校におけるZ会会員合格者数:桜修館(56名)、白鴎(38名)、三鷹(35名)、南多摩(25名)、大泉(25名)、立川国際(25名) 、小石川(23名)、富士(23名)、両国(19名)、九段(18名)、武蔵(10名)
Z会は適性検査と同じ「考えさせる」系統の問題が多いため、このように大勢が各都立中高一貫校で合格しているのだろうと思います。

 

 
〇 作文を上達させる家庭学習

作文の上達には、文章の正しい書き方を学び、そして数多く文章を書くことが必要です。
次の作文の通信教育を上手く活用できれば効果は大きいと思います。
こちらも資料請求だけでもしてみてはいかがでしょうか。

Click!! → ブンブンどりむ ← Click!!



〇 各都立中高一貫校の過去問
 
「目指す学校」は「どのような問題を出すのか」を知ることは非常に重要です。
又、過去問をよく目にする場所に置いておくだけで、「モチベーションのアップ&維持」に有効です。
  
Click!! → 各都立中高一貫校の過去問を見る ← Click!!


  
〇 論理的な文章構成力を習得するための本

都立中高一貫校の適性検査対策は、「論理的な」考え方を身に付けることです。
各校で出題形式に差がありますが、作文はいかに論理的な文章を書けるかがポイントとなります。
論理的思考による文章の書き方を指導している福嶋国語塾の福嶋先生の本から、都立中高一貫校の適性検査対策に最も適したものを紹介します。
 
・ 指導する保護者向け
 
次の本を読むと、作文指導で何を子供にアドバイスすれば良いかが理解できます。
 
Click!! → 「ビジネスマンの国語力」が身につく本 ← Click!!

・ 子供向け
 
福嶋先生はどれも素晴らしいと思います。
特に、”「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!” はお勧めです。

Click!! → 福嶋先生の主要な本 ← Click!!


 
〇 「やる気」スイッチをONにするための本

「やる気」を出す系統の本には、根拠レスな気合論の内容が多いものです。
しかし、ここで紹介する”のうだま―やる気の秘密”は、科学的根拠に基づく事実を簡単に説明している本です。

Click!! → のうだま―やる気の秘密 ← Click!!



以上  
都立中高一貫校 都立中高一貫 都立中学 公立中高一貫校 難関大学 桜修館 作文 小石川 東大
武蔵 両国 富士 九段 立川国際 三鷹 大泉 作文 東大 過去問 対策 合格するには 説明会 評判 合格ライン
  

 

2015年02月14日

【都立中高一貫校】】 今年(2015年)の私立併願実態を探る(入学辞退率編)!





★ 人間万事塞翁が馬

合格されたご家庭の皆さん、おめでとうございます。
 
残念な結果となったご家庭の皆さん、私は都立中高一貫校の受検に向けて頑張ってきたことは絶対に無駄にはならないと思います。
また、やる気のある子供は、結局どこの中学校に行っても、いつか必ず夢を叶えるのだろうと思います。

私の長女は一般の公立中学校を卒業し、今は進学指導重点校となっている都立高校に在学中です。
そして、中学生の頃から将来は医者になると高言し日々頑張っています。
このような姿を見ていると、学習環境の良い悪いなど条件よりも、子供本人の向上心・苦しい時も諦めずに頑張り続ける気持ちの方が、はるかに大切で重要なことなんだろうと思います。
  
さて、今日は、各都立中高一貫校の入学辞退率を見てみましょう
前回、「受検日当日の受検率(欠席率)」を見ましたので、この2つの視点から私立併願の実態に切り込んでいきましょう
 
ただ、前回記事をお読み頂いてから、今回の記事を読んで頂いた方が理解し易い部分が多くなると思います。
前回記事をお読みではない方は、まず次のリンクから、前回記事を読んで頂ければと思います。
【都立中高一貫校】 今年(2015年)の私立併願実態を探る!)←クリックして下さい
 
 
★ 各都立中高一貫校の過去4年と今年の入学辞退率

(学校名・性別)2011年・2012年・2013年・・2014年・・2015年・・:・平均
----------------------------------------------------------------------------------------
小石川・男・:・7.5%→・9.0%→25.0%→11.5%(・9)→13.9%(11):・13.4%
小石川・女・: 10.3%→11.3%→14.1%→14.1%(11)→13.8%(11):・12.7%
白鴎・・男・:・4.3%→・4.0%→・6.8%→・0.0%(・0)→・1.3%(・1)・:・・3.3%
白鴎・・女・:・0.0%→・4.2%→・6.7%→・5.6%(・4)→・4.0%(・3)・:・・4.1%
両国・・男・:・3.3%→・3.3%→・8.3%→10.0%(・6)→11.7%(・7)・:・・7.3%
両国・・女・:・8.3%→・5.0%→・3.3%→・8.3%(・5)→・3.3%(・2)・:・・5.7%
桜修館・男・:・6.3%→・5.0%→11.3%→13.8%(11)→・5.0%(・4)・:・・8.3%
桜修館・女・:・2.5%→・8.8%→10.0%→11.3%(・9)→10.0%(・8)・:・・8.5%
富士・・男・:・3.3%→・5.0%→・5.0%→・3.3%(・2)→・0.0%(・0)・:・・3.3%
富士・・女・:・11.7%→・3.3%→・8.3%→・3.3%(・2)→・6.7%(・4)・:・・6.7%
大泉・・男・:・5.0%→・6.7%→10.0%→・8.3%(・5)→・3.3%(・2)・:・・6.7%
大泉・・女・:・6.7%→13.3%→10.0%→・3.3%(・2)→・3.3%(・2)・:・・7.3%
南多摩・男・:・6.3%→・1.3%→・2.5%→・3.8%(・3)→・5.0%(・4)・:・・3.8%
南多摩・女・:・1.3%→10.0%→・1.3%→・5.0%(・4)→・3.8%(・3)・:・・4.3%
立川国・男・:・7.7%→・3.1%→・7.7%→・4.6%(・3)→・4.6%(・3)・:・・5.5%
立川国・女・:・9.2%→・3.1%→・3.1%→・3.1%(・2)→・1.5%(・1)・:・・4.0%
武蔵・・男・:11.7%→・8.3%→15.0%→13.3%(・8)→10.0%(・6)・:11.7%
武蔵・・女・:・8.3%→16.7%→11.7%→13.3%(・8)→8.3%(・5)・:・11.7%
三鷹・・男・:・5.0%→・6.3%→・2.5%→10.0%(・8)→・6.3%(・5)・:・・6.0%
三鷹・・女・:10.0%→・5.0%→10.0%→・6.3%(・5)→・2.5%(・2)・:・・6.8%
---------------------------------------------------------------------------------------
合計・・男・:・6.0%→・5.2%→・9.4%→7.9%(・55)→・6.1%(43)・:・・6.9%
合計・・女・:・6.6%→・8.0%→・7.9%→7.5%(・52)→・5.9%(41)・:・・7.2%
合計・合計・:・6.3%→・6.6%→・8.7%→7.7%(107)→・6.0%(84)・:・・7.1%

※ 東京都教育委員会が発表している合格人数・入学手続人数の数値を使用。
※ 私が作ったマクロで算出していますので、ひょっとすると算出ミスがあるかもしれません。
※ 九段は対象外。
※ 2014年・2015年列のカッコ内数字は入学辞退者数。

念のために記載しておきますが、「入学辞退者数 ≠ 補欠合格者の繰上げ順位」となります。
なぜなら、補欠合格者の中でも繰上げ合格を辞退するケースがあるためです。


★ 数字が語る真実
 
では、数字を見て思うことを、挙げていこうと思います。
 
@ 10校合計

10校合計を見ると、今年の入学辞退率(者数)はここ5年間で最も低くなっています。
入学辞退率を昨年(2014年)と比べると、7.7%から6.0%と2%弱も低下しました。

これは一見、併願した私立中学よりも都立中高一貫校を選択する家庭が増えたことに理由があるように見えます。
しかし、実際のところは、「サンデーショック(※)」が最大の原因じゃないかと思います。

今年の受検倍率が低かった理由の一つにも、サンデーショックがあったように思えます(受検倍率の記事を書いている時は気がつきませんでしたが・・・)。
私立中学を優先的に考える多くの家庭では、2/1に受験できる学校が減ったため、2/3も都立ではなく私立への受験を選んだのでしょう。

したがって、今年は受検者に私立併願(難関・中堅上位校との併願)者の占める割合が低く、結果として私立併願(難関・中堅上位校との併願)者の合格も少なくなり、入学辞退する割合も減ったのだろうと思います。

※ 中学受験業界では、XXXXショックと何でもかんでも語尾にショックと付けるのがお好きなようで、受験が最も集中する2/1が日曜日となることをサンデーショックと呼んでいます。2/1が日曜日の年は、キリスト教にゆかりのある学校は受験日をずらします。その結果、例年と同じような併願スケジュールが組めなくなります。
 
A 各校の5年間平均

各校の5年間平均を見ると、男女共に、小石川・武蔵が10%超で、両校共に私立併願(難関・中堅上位校との併願)者が多いことを示しています。

受検日当日の受検率も、この両校が低い数字になっていました。
具体的にどの程度の私立併願(難関・中堅上位校との併願)者がいるかまでわかりません。
しかし、他の都立中高一貫校と比べて、間違いなく私立併願(難関・中堅上位校との併願)者の割合は高いでしょう。

B 各校の5年間推移
 
各校の5年間推移をざっと眺めると、その変動幅の大きさでかなり目立つのが小石川の男子です。

小石川男子の場合、2013年に25%(合格者4人に1人)という都立中高一貫校としては非常に大きな入学辞退率を出しています。 
2011年・2012年から大幅に上昇していて、一見、2013年に私立併願(難関・中堅上位校との併願)者が急増したかに見えます。 
しかし、前回記事にした受検率(欠席率)の推移を見ると、2011年・2012年の受検率が低く、2013年は受検率がかなり上がっていることから、この観点では2013年はむしろ私立併願(難関・中堅上位校との併願)者が減少したように見えます。
 
2013年は、1期生大学合格実績が出た後のはじめての受検でした。
受検生とその保護者の意識に大きな変化が出た年だったと思われ、教科書通りには測れない数字になっています。
 
C 総括

私立併願(難関・中堅上位校との併願)者が増えているかどうか・・・。
今年の数字をそのまま使用して考えると、この5年間では増えているとは言えないだろうと思います。
 
しかし、今年はサンデーショックの影響を受けている可能性があることを踏まえ、2011~2014年のトレンドだけで考えると、やはり少しは増加傾向にあるのだろうと思います。
特に、小石川、両国、桜修館、九段の1期生が卒業した翌年の2013年は一つの節目となったように思えます。
(例えば、桜修館を見ると、2013年に受検率がはっきりと下がり、入学辞退率がグンと上昇しています。)
 
インパクトの大きいニュース(大学合格実績の大幅なアップなど)が出ない限り、2013年・2014年と同程度の私立併願(難関・中堅上位校との併願)者の割合で今後も推移するだろうと思います。




↓ クリックをお願いします! ↓

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ

J.F.ケネディやビル.クリントンなど多くの欧米政治家が尊敬する江戸中期の米沢藩主上杉鷹山の名言。
私はこの言葉からいつもパワーを頂いています。
クリック頂けるといいことあるかも!?(ブログ村のランキングが開きます)



 
<ご参考>


〇 "お勧め!" 論理的思考力を鍛えるための学習

「論理的に物事を考える力(=論理的思考力)」を鍛えるには、とにかく「子供のチャレンジ精神をくすぶり、かつ、質の良い問題に多く取り組むこと」に尽きますが、これにはZ会が最適です。

Click!! → Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」もらえます ← Click!!

☆ 資料請求だけでもしてみてはどうでしょう?
(Z会は安心です。資料請求しても、電話等による不快な勧誘を受けることはありません。又、資料請求すると、効果的な学習方法を紹介する冊子も貰えます。無料ですから、当リンクからの資料請求をご活用ください)

2017年の各都立中高一貫校におけるZ会会員合格者数:桜修館(56名)、白鴎(38名)、三鷹(35名)、南多摩(25名)、大泉(25名)、立川国際(25名) 、小石川(23名)、富士(23名)、両国(19名)、九段(18名)、武蔵(10名)
Z会は適性検査と同じ「考えさせる」系統の問題が多いため、このように大勢が各都立中高一貫校で合格しているのだろうと思います。

 

 
〇 作文を上達させる家庭学習

作文の上達には、文章の正しい書き方を学び、そして数多く文章を書くことが必要です。
次の作文の通信教育を上手く活用できれば効果は大きいと思います。
こちらも資料請求だけでもしてみてはいかがでしょうか。

Click!! → ブンブンどりむ ← Click!!



〇 各都立中高一貫校の過去問
 
「目指す学校」は「どのような問題を出すのか」を知ることは非常に重要です。
又、過去問をよく目にする場所に置いておくだけで、「モチベーションのアップ&維持」に有効です。
  
Click!! → 各都立中高一貫校の過去問を見る ← Click!!


  
〇 論理的な文章構成力を習得するための本

都立中高一貫校の適性検査対策は、「論理的な」考え方を身に付けることです。
各校で出題形式に差がありますが、作文はいかに論理的な文章を書けるかがポイントとなります。
論理的思考による文章の書き方を指導している福嶋国語塾の福嶋先生の本から、都立中高一貫校の適性検査対策に最も適したものを紹介します。
 
・ 指導する保護者向け
 
次の本を読むと、作文指導で何を子供にアドバイスすれば良いかが理解できます。
 
Click!! → 「ビジネスマンの国語力」が身につく本 ← Click!!

・ 子供向け
 
福嶋先生はどれも素晴らしいと思います。
特に、”「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!” はお勧めです。

Click!! → 福嶋先生の主要な本 ← Click!!


 
〇 「やる気」スイッチをONにするための本

「やる気」を出す系統の本には、根拠レスな気合論の内容が多いものです。
しかし、ここで紹介する”のうだま―やる気の秘密”は、科学的根拠に基づく事実を簡単に説明している本です。

Click!! → のうだま―やる気の秘密 ← Click!!



以上  
都立中高一貫校 都立中高一貫 都立中学 公立中高一貫校 難関大学 桜修館 作文 小石川 東大
武蔵 両国 富士 九段 立川国際 三鷹 大泉 作文 東大 過去問 対策 合格するには 説明会 評判 合格ライン
  

 

2015年02月07日

【都立中高一貫校】 今年(2015年)の私立併願実態を探る!





★ お疲れ様でした!

受検生の皆さん、そして保護者の方々、お疲れ様でした。
私立中学を受けた方も、お疲れ様でした。
 
都立中高一貫校については、合格発表日が2/9(月)ですから、受検生とその保護者の方々はまだ落ち着かない日々を過ごしているものと思います。
この1週間というのは、地球の自転が止まったのではないかと思うほど、非常に長い時間だと感じますよね、よくわかります。
 
さて、今日は、今年(2015年)の都立中高一貫校の受検において、私立併願(難関・中堅上位校との併願)がどの程度だったかを分析してみたいと思います。

私立併願の程度を計るには、次の二つの方法からアプローチできると言われています。

<1>: 受検日当日の受検率(欠席率)
<2>: 合格者の入学辞退率
 
当然ながら、まだ合否が発表されていませんから、現時点では<1>のアプローチでのみ、私立併願の程度を計れるということになります。
今日は、<1>でちょっと確認してみましょう。
(入学辞退率が出てきたところで、<2>についても書いてみたいと思います)。
 
また、具体的な数値を見ていく前に、都立中高一貫校のみを受検した家庭では、なぜ<1>の数値を見れば私立併願の程度がわかるかがピンとこないかもしれません。
私も、息子は都立中高一貫校しか受検しませんでしたから、このブログを書くために色々と情報収集するまで、私立中学の一般的な受験方法を知りませんでした。
 
私立中学を受験する家庭にも色々あると思いますが、同一日・時間帯に入試をする複数校に願書を出しておいて、その日までに受けた学校の合否状況で、試験前日に明日の受験校を決めるのが一般的なようです(受験料がもったいない・・・、飲み代に回したいと思うのは私だけ?)。
したがって、難関・中堅上位の私立中学と併願するパターンでは、都立中高一貫校の受検をキャンセルするケースが出やすいのです。

都立中高一貫校を絡めて、ちょっと例を書いてみましょう。

2/1の受験校には「本命A校」、2/2の受験校には「安全圏の抑えB校」、2/3の受験校には「第2希望の都立中高一貫校C校」・「更なる抑えD校」・「チャレンジレベルの難関E校」の3校というような形で願書を出しておきます。
そして、2/1のA校に合格すれば、2/3はE校にチャレンジする。
2/1のA校が不合格で、2/2のB校が合格なら、2/3は都立中高一貫校C校を受ける。
2/1のA校と2/2のB校が共に不合格なら、2/3は更なる抑えD校を受ける。
このような行動パターンを取るようです。
 
どうでしょうか?
子供が都立中高一貫校のみを受検した保護者の方々も、イメージが沸いたでしょうか。

もし、もっと私立中学受験の実態を理解しておきたいようでしたら、次のブログを読んでみて下さい。
頭がいかれた中学受験〜本当に受かるのか〜」←クリックして下さい
先日、たまたま見つけたのですが、塾講師の「黒い講師」が面白おかしく中学受験の裏側を書いています
なかなか面白いです。
 
 
★ 各都立中高一貫校の過去4年と今年の受検率
 
(学校名・性別)・2011年・2012年・2013年・2014年・2015年・:・・平均
----------------------------------------------------------------------------------------
小石川・男・・:・・92.6%→91.9%→95.4%→95.2%→94.2%・:・93.9%
小石川・女・・:・・92.3%→93.0%→88.8%→90.2%→92.9%・:・91.4%
白鴎・・男・・:・・96.9%→95.5%→97.7%→96.9%→98.0%・:・97.0%
白鴎・・女・・:・・97.0%→96.4%→95.7%→95.9%→96.9%・:・96.4%
両国・・男・・:・・94.0%→95.9%→95.9%→95.1%→94.9%・:・95.1%
両国・・女・・:・・97.2%→95.9%→96.7%→97.0%→96.1%・:・96.6%
桜修館・男・・:・・96.5%→96.4%→95.4%→95.2%→95.3%・:・95.8%
桜修館・女・・:・・95.4%→95.0%→92.8%→95.8%→94.9%・:・94.8%
富士・・男・・:・・96.4%→95.4%→97.5%→96.7%→98.2%・:・96.8%
富士・・女・・:・・97.0%→95.9%→96.2%→96.0%→96.0%・:・96.2%
大泉・・男・・:・・97.2%→97.5%→96.2%→97.7%→96.4%・:・97.0%
大泉・・女・・:・・96.1%→96.2%→96.7%→96.3%→96.3%・:・96.3%
南多摩・男・・:・・98.6%→97.6%→98.7%→98.4%→99.0%・:・98.5%
南多摩・女・・:・・97.4%→97.2%→98.3%→98.9%→98.4%・:・98.0%
立川国・男・・:・・96.5%→96.6%→96.1%→96.1%→97.3%・:・96.5%
立川国・女・・:・・97.6%→97.3%→97.0%→96.4%→96.9%・:・97.1%
武蔵・・男・・:・・93.8%→94.0%→93.7%→95.3%→93.8%・:・94.1%
武蔵・・女・・:・・95.0%→93.9%→95.2%→94.0%→94.1%・:・94.4%
三鷹・・男・・:・・93.5%→96.1%→97.2%→96.7%→97.2%・:・96.2%
三鷹・・女・・:・・96.8%→97.0%→95.9%→97.0%→97.5%・:・96.8%
---------------------------------------------------------------------------------------
合計・・男・・:・・95.4%→95.6%→96.4%→96.3%→96.3%・:・96.0%
合計・・女・・:・・96.2%→95.9%→95.4%→96.0%→96.2%・:・95.9%

※ 東京都教育委員会が発表している応募人数・受検人数の数値を使用。
※ 私が作ったマクロで算出していますので、ひょっとすると算出ミスがあるかもしれません。
※ 九段は対象外。


★ 数値を見て思うこと
 
この数字を見て思うことを、簡単に記載したいと思います。
 
@ 10校合計の5年間平均

10校合計を見ると、5年間平均で、95%超という非常に高い受検率です。
95%と言うと、願書を出した20人中1名しか欠席しないということです。
ちなみに、国立の学芸大世田谷中学における今年の受験率を見ると、男は73.7%、女は66.2%です。
このように見ると、都立中高一貫校の受検率は非常に高く、「都立中高一貫校のみ」か「都立中高一貫校を第一志望とする私立併願」の受検者が圧倒的に多いと推測できます。
 
A 10校合計の5年間推移

ぱっと見ただけでわかりますが、この5年間で大きな変動はありません
よく、「都立中高一貫校は難関・中堅上位校の併願校となりはじめた」と言われますが、この数値だけを見る限り、大局に影響を与えるような受験意識の大きな変化は無いと言えます。
この点は、「<2>:合格者の入学辞退率」で、改めて検証しましょう。
(私立中学受験向け進学塾が塾生を集めるため、ガセネタを流しているのかもしれません・・・。)
 
B 小石川・武蔵
 
大きな差はないので大げさに書くのもどうかと思いますが、やはり小石川・武蔵は他校と比べて受検率が少し低くなっています
やはり、私立併願(難関・中堅上位校との併願)の対象校となりやすいのでしょう。
但し、小石川の男については、3〜4年前(2011年・2012年)と比べてやや受検率が上昇しているように見えます。
私立併願(難関・中堅上位校との併願)者の割合は、3年前(2012年)がピークだったのかもしれません。
 
C 多摩方面の学校

やはり、武蔵を除く多摩方面の学校は、高い受検率となっています
多摩方面の学校では、私立併願(難関・中堅上位校との併願)者は少ないと言えます。


★ ぜひ、クリックをお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


<ご参考>

Click!! → Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」もらえます ← Click!!

☆ 都立中高一貫校受検で合格を勝ち取るには、「数値による論理的な思考力」と「自分の考えを表現する力」を鍛えることが必要です。これら能力を鍛えるには、とにかく「子供のチャレンジ精神をくすぶり、かつ、質の良い問題に多く取り組むこと」に尽きますが、これにはZ会が最適です。
まずは、資料請求だけでもしてみてはどうでしょう (Z会は安心です。資料請求しても、電話等による不快な勧誘を受けることはありません。又、資料請求すると、効果的な学習方法を紹介する冊子も貰えます。無料ですから、当リンクからの資料請求をご活用ください)
2014年の各都立中高一貫校におけるZ会会員合格者数:白鴎(27名)、桜修館(58名)、小石川(26名)、両国(17名)、武蔵(21名)、富士(20名)、大泉(18名)、三鷹(20名)、立川国際(21名)、南多摩(23名)、九段(21名)
Z会は適性検査と同じ「考えさせる」系統の問題が多いため、このように大勢が各都立中高一貫校で合格しているのだろうと思います。桜修館の58名はすごくないですか?合格者の約1/3がZ会で勉強していたということになります。

 
 
Click!! → 都立中高一貫校の受検勉強に役立つ本を集めました ← Click !!

☆ 都立中高一貫校を目指すには、どのような受検問題かを知ることや、話題の本を読むことが非常に重要です! 「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」 by 孫子
「都立中高一貫校10校の真実」という内部事情の暴露的な本が売れているようです。
  

Click!! → 子供のやる気スイッチをONにするヒントがあります ← Click!!

☆ 「のうだま」はお勧めです! 脳科学の視点からの解りやすい説明がGOOD!!


Click!! → 作文力UPの秘策が簡単にわかります! ← Click!!

☆ 『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!』はお勧めです!福嶋先生の本は全て素晴らしいです。作文に必要な説得力ある文章の書き方が簡単にマスターできます。





以上
都立中高一貫校 都立中高一貫 都立中学 公立中高一貫校 難関大学 桜修館 小石川 武蔵 両国 富士 九段 立川 三鷹 大泉 作文 東大 過去問

2015年02月01日

【都立中高一貫校】 一心不乱と自由な気風





★ 一心不乱

本日を含め、あと3日で、都立中高一貫校は受検日を迎えます。
いよいよですね。
受検生の皆さんには、とにかく全力を出し切れるよう、頑張ってほしいと思います。

さて、今日は、以前から書き続けていた「都立中高一貫校の良さ」の続き(最後の部分)を書こうと思います。
 
でもその前に・・・。
先ほど息子の通う都立中高一貫校のホームページを見ると、校内の至る所で勉強に打ち込む6年生(高3)の写真がアップされていました。
 
一昨年の初冬だったと思いますが、たまたま学校に行った私は、まさしくアップされた写真のような光景を見ました。
校内の廊下など至る所でひたすら勉強に打ち込む生徒達の姿を目の当たりにしたのです。
特に職員室や図書館付近にはかなりの生徒がいた記憶があります。
(後で聞いた話では、先生やチューター(難関国立大に進んだOB/OG達)にすぐ質問ができるよう、職員室付近の廊下や図書館内とその付近で勉強している生徒が多いとのことです。)

この光景を最初に見た時、「なぜ、この子達はこんな寒い廊下で勉強しているのだろう?」と凄く不思議に思ったものです。
しかし、一心不乱に勉強していること、勉強している生徒の数がやたらと多いことから、その不思議な思いは、やがて感動に近い気持ちに変わったことを思い出します。

おそらく、1期生から自然と見られるようになった風景で、まだ歴史は浅いだろうと思います。
しかし、この風景が毎年続いているのは、素晴らしいことだと思います。
 
 
★ 自由・公正

さて、前置きが長くなりましたが、「都立中高一貫校の良さ」を紹介していきましょう。
以前の記事の中で、私がすぐに思いつく「都立中高一貫校の良さ」として、次のことを挙げました。

@ 勉強、部活や学校行事など様々なことに意欲的な生徒が多いので、常にポジティブな刺激を受ける環境であること
A レベルの高い教育を、安い費用で学ぶことができること
B 高校受験が不要の為、レポート作成など本質的な学習に多くの時間が割かれていること
C 「自由・公正」という多くの都立高校にある気風を、都立中高一貫校も強く受け継いでいること
 
@ABは既に書かせて頂いたので、今日はCです。

「自由・公正」と言っても、なんとなく漠然としていますので、次の観点に分けて話をしましょう。

A : 学校行事等の運営
B : 校則などルールの存在



★ 学校行事等の運営
 
学校側は、母体行からの伝統を引き継ぎ、様々な学校行事の運営を生徒に任せます
記念祭(文化祭)などの大きな行事から、XXX合宿というようなちょっとした行事まで色々あります。
 
表現するのが難しく、なかなか良い例も思いつかないのですが、一つ例を挙げてみましょう。

毎年5月に、クラスマッチ(3日連続で行う球技大会&運動会)があります。
当然ながら、このクラスマッチも生徒が主体となってテーマから運営細部までを検討し、準備していくことになります。
そして、入学したての1年生も例外ではなく、様々なことに生徒主体で参加することになります
つい数か月前までランドセルを背負っていた子供達ですが、自分達で誰がどの競技に出るかとか、朝練を行うか否か、朝練をする場合はその予定・場所をどうするか、各種目のリーダーは誰か、各種目の応援をどうするか、お揃いTシャツのデザインをどうするか・・・などほぼ全てを生徒達で話し合って決めます。

そして、その決定内容がよほど常識から外れていない限り、先生方から待ったをかけることはないようです。


★ 校則などルールの存在

私が詳しく知らないだけなのかもしれませんが、細かな規定を明文化したような校則はないと思います。
携帯電話の使用には、学校側は少し神経質なまでに注意を払っているように思いますが、それ以外のことは、ほとんど細かなルールはないと思います。
(携帯電話の使用に注意を払うのは、様々な犯罪に巻き込まれる可能性があるなど、まだ社会経験の乏しい生徒達を守る意味合いが大きいと思います。)
 
学校側のスタンスは、「常識の範囲で、生徒自らがよく考えて行動しなさい」というものです。

このような状況ですので、制服の着方や髪型の制限もなければ、部活の活動時間についての制限も緩く、学外での活動も細かく干渉するようなことはないようです。
私立中学・高校は様々な学校があるため一括りに比較できませんが、少なくとも一般的な公立中学より、かなり自由な生活を送れると思います。 
 
ちょっと聞いた話で詳しいことは何も知りませんが、芸能活動をしている生徒も何人かいるようです。
もちろん、学校側は芸能活動を制限するようなことはしません。
学校側は、よく「極力、部活動に入りなさい」と指導しており、これは「勉強以外のことでも夢中になれることを探しなさい」という考えが背景にあるのだろうと思います。
芸能活動もその延長線上にあり、その活動で生徒本人が充実した生活を送れるなら大いに結構ということなんでしょう。

非常に、自由な気風に満ちていると思います。


↓ クリックをお願いします! ↓
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
J.F.ケネディやビル.クリントンなど多くの欧米政治家が尊敬する江戸中期の米沢藩主上杉鷹山の名言。
私はこの言葉からいつもパワーを頂いています。
クリック頂けるといいことあるかも!?(ブログ村のランキングが開きます)



<ご参考>

Click!! → Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」もらえます ← Click!!

☆ 都立中高一貫校受検で合格を勝ち取るには、「数値による論理的な思考力」と「自分の考えを表現する力」を鍛えることが必要です。これら能力を鍛えるには、とにかく「子供のチャレンジ精神をくすぶり、かつ、質の良い問題に多く取り組むこと」に尽きますが、これにはZ会が最適です。
まずは、資料請求だけでもしてみてはどうでしょう (Z会は安心です。資料請求しても、電話等による不快な勧誘を受けることはありません。又、資料請求すると、効果的な学習方法を紹介する冊子も貰えます。無料ですから、当リンクからの資料請求をご活用ください)
2014年の各都立中高一貫校におけるZ会会員合格者数:白鴎(27名)、桜修館(58名)、小石川(26名)、両国(17名)、武蔵(21名)、富士(20名)、大泉(18名)、三鷹(20名)、立川国際(21名)、南多摩(23名)、九段(21名)
Z会は適性検査と同じ「考えさせる」系統の問題が多いため、このように大勢が各都立中高一貫校で合格しているのだろうと思います。桜修館の58名はすごくないですか?合格者の約1/3がZ会で勉強していたということになります。

 
 
Click!! → 都立中高一貫校の受検勉強に役立つ本を集めました ← Click !!

☆ 都立中高一貫校を目指すには、どのような受検問題かを知ることや、話題の本を読むことが非常に重要です! 「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」 by 孫子
「都立中高一貫校10校の真実」という内部事情の暴露的な本が売れているようです。
  

Click!! → 子供のやる気スイッチをONにするヒントがあります ← Click!!

☆ 「のうだま」はお勧めです! 脳科学の視点からの解りやすい説明がGOOD!!


Click!! → 作文力UPの秘策が簡単にわかります! ← Click!!

☆ 『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!』はお勧めです!福嶋先生の本は全て素晴らしいです。作文に必要な説得力ある文章の書き方が簡単にマスターできます。





以上
都立中高一貫校 都立中高一貫 都立中学 公立中高一貫校 難関大学 桜修館 小石川 武蔵 両国 富士 九段 立川 三鷹 大泉 作文 東大 過去問