都立中高一貫校, 都立中
プロフィール
gogoさんの画像
gogo
都立中高一貫校の魅力を紹介します! 子供が都立中高一貫校に通っています。 記事を読んで頂き、気が付くことなどがありましたら、気軽にコメント頂ければと思います。 よろしくお願い致します。
プロフィール
検索
必見!記事ランキング
  1. 1. 【都立中高一貫校】2020年大学入試結果(速報ベース) 〜 都立加油! 東大合格者数で実力を見てみよう! 〜
  2. 2. 【都立中高一貫校】2019年大学合格実績 〜 小石川・武蔵・桜修館 = 日比谷・国立・西に異議なし!・・・怒涛の最終回 〜
  3. 3. 【都立中高一貫校】報告書が合否に与えるインパクト 〜 適性検査当日にどの程度正解すれば取り返せるか 〜
  4. 4. 【都立中高一貫校】 小6からの受検勉強開始で合格できる子供 〜 世間の常識に囚われて子供のチャンスを潰すことなかれ 〜
  5. 5. 【都立中高一貫校】 3日間で作文を上達させる方法
  6. 6. 【都立中高一貫校】算数(数学)を制するものは受験を制す 〜 何度も書いていることですが、子供達を見ての感想から改めて 〜
  7. 7. 【都立中高一貫校】私立難関・中堅上位校併願の実態 ー 私立併願組なんて恐るに足りず!? そだね〜 ー
  8. 8. 【都立中高一貫校】 「ena」はなぜ都立中高一貫校に強いのか
  9. 9. 【都立中高一貫校】2018年桜修館の適性検査1 〜 良問、受検生に苦し 〜
  10. 10. 【都立中高一貫校】2017年桜修館の適性検査2 〜塾では教えてくれない勝負のポイントはここだ!〜
  11. 11. 【都立中高一貫校】あなたはどちら派??「現役で第二志望」VS「1浪して第一志望」 〜 そして、先生方には感謝、感謝、感謝! 〜
  12. 12. 【都立中高一貫校】合格の近道=「過去問をトコトンやって知り尽くせ!」
  13. 13. 【都立中高一貫校】新6年生(現5年生)の都立中高一貫校の目指し方
  14. 14. 【都立中高一貫校】 諦めるのは早い、小6から始める受検対策!
  15. 15. 【都立中高一貫校】模擬試験はこのように受ける!
  16. 16. 【都立中高一貫校】 クラマチと適性検査
  17. 17. 【都立中高一貫校】適性検査の特徴を学校別に知る 〜 適性検査を知り己を知れば百戦危うからず by 孫子 〜
  18. 18. 【都立中高一貫校】都立(公立)復権の裏側に見る私立中堅上位校の苦しさ 
  19. 19. 【都立中高一貫校】適性検査の作文対策は夏休みが勝負 〜 「3つの注意点」を知り、作文を得点源に! 〜
  20. 20. 【都立中高一貫校】 さあ、記念祭(文化祭)に行こう!
お勧めリンク集
最新記事
(03/12)【都立中高一貫校】2020年大学入試結果(速報ベース) 〜 都立加油! 東大合格者数で実力を見てみよう! 〜
(03/01)【都立中高一貫校】新型コロナが世界・日本を変える! 〜小中高の臨時休校は英断か!?〜
(04/13)【都立中高一貫校】2019年大学合格実績 〜 小石川・武蔵・桜修館 = 日比谷・国立・西に異議なし!・・・怒涛の最終回 〜
(03/16)【都立中高一貫校】2019年大学入試結果(速報ベース) 〜 まわるまわるよ 時代はまわる 〜
(03/10)【都立中高一貫校】あなたはどちら派??「現役で第二志望」VS「1浪して第一志望」 〜 そして、先生方には感謝、感謝、感謝! 〜
(03/03)【都立中高一貫校】大学入試結果発表前の嵐の前の静けさ 〜 今年は去年までと違う!? 〜
(02/09)【都立中高一貫校】合格率で大手塾に勝つ個人塾 〜 受検おつかれさまでした 〜 
(01/05)【都立中高一貫校】都立中高一貫校を6年間見てきた素直な感想
(11/11)【都立中高一貫校】算数(数学)を制するものは受験を制す 〜 何度も書いていることですが、子供達を見ての感想から改めて 〜
(10/14)【都立中高一貫校】都立中では平均以上を目指せ! 〜 なりたい自分になるための幅広い大学選択を可能とするために 〜
カテゴリアーカイブ

2015年08月30日

【都立中高一貫校】 さあ、記念祭(文化祭)に行こう!




  
★ 夏休み最後の風景

いよいよ、今週末で夏休みも終わりという学校が多いと思います。
 
私の3人の子供達は計画通りに宿題を消化できず、ヒイヒイ言いながら宿題と格闘しています。 
毎年毎年、相も変わらずに繰り返す光景です。
 
上の2人は、夏休みと言っても、部活や記念祭(文化祭)の準備で毎日学校に行っていますから、ここ1週間程、「学校で部活・記念祭準備→家で宿題→学校で部活・記念祭準備→家で宿題→・・・」という生活パターンとなっています。
 
一番下の娘は、受験勉強で大変な子供が多いので小学六年生の宿題は少ないと聞くにも関わらず、なぜかまだ宿題がたっぷり残っているみたいです。
しかも、自由研究の仕上げまで残っているらしい・・・。
自由研究は、私も妻も手伝わない主義です。
どんなにしょぼい内容になっても、思い通りの結果が出なくても、自分でやることを考え、そして自分で手を動かすことに、自由研究の本質があるはずですから。
まあ、夏休みも残すところ今日1日、泣きながらでも頑張ってもらいましょう。
もしくは、自分で先生に「できませんでした」と報告させたいと思います。
 
さて、今日は、息子の通う都立中高一貫校の記念祭(文化祭)について、書いてみたいと思います。
記念祭、来週末に予定されていますから。
 
 
★ 自由で伸び伸びとした空気
 
私は、昨年初めて、息子の学校の記念祭に行きました。
ただ、短時間になんとなく目につくものを見てきたという感じで、あまりじっくりと見てきた訳ではありません。

しかし、短時間の訪問だったものの、生徒達の活動する姿や展示物から、厳しいルールが無くとも規律を守る生徒集団だからこそ醸し出せる「自由で伸び伸びとした空気」を、強く感じることができました
ユーモアと高い知性がミックスされた展示物が多くあったりして、表現しがたい自由な雰囲気を感じたのです。
 
とりあえず、昨年も記念祭の記事を書きましたので、参考までにリンクを貼り付けておきます。
【都立中高一貫校】 記念祭で見える学校の素顔) ← クリックして下さい
 
また、次のブログを見つけました。
こちらのブログ、私の下手な表現よりもリアルに記念祭の面白さを伝えていると思います。
私が書いた記事ではないので勝手なこと言うなと叱られるかもしれませんが、ぜひお読み下さい!
緋月さんによる気ままブログ。) ← クリックして下さい
 

★ 今年の記念祭
 
息子は、今年の記念祭で劇に参加し、役者として舞台に立つそうです。
 
この劇というのは、当然ながら全てを生徒達だけで作り上げます。
 
監督の立場で制作の全てを仕切る生徒、ストーリーを創作して台本をゼロから作り上げる生徒、役者としてセリフを覚えて舞台に立つ生徒、ストーリーに合わせて小道具を作る生徒、効果的な照明を考えて操作する生徒など、生徒達だけで分担を考え、試行錯誤しながら作り上げているとのことです。
 
まあ、後期生(高校生)ぐらいになると、これぐらいのことは出来てくるだろうとは思います。
しかし、2年生でもこのような劇をする集団があるようで、なかなか大したものだと思います。
 
そもそものところで、息子の学校では、学校行事毎に生徒から幹部が選ばれ、その幹部達が行事の全てを仕切る仕組みになっています。
おそらく、学校全体に「生徒自身が能動的に何でもやって行く」という雰囲気があるのだろうと思います。
このような雰囲気があるからこそ、様々なことを生徒達だけで試行錯誤しながらもやり遂げようという気持ちになるのだろうと思います。
 
それにしても、このような環境で思春期を過ごせることは素晴らしいと思います。
 
 
★ 記念祭へのお誘い
 
今年、息子の都立中高一貫校の記念祭(文化祭)は、9月5日・6日に行うそうです。
都立中高一貫校に興味のある方は、ぜひ行ってみて下さい。
 
偏差値とか、大学合格実績とか、そんな乾いた数字ではわからない学校の素顔を、少し垣間見れると思います。
 
 
 
↓ クリックをお願いします! ↓

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ

J.F.ケネディやビル.クリントンなど多くの欧米政治家が尊敬する江戸中期の米沢藩主上杉鷹山の名言。
私はこの言葉からいつもパワーを頂いています。
クリック頂けるといいことあるかも!?(ブログ村のランキングが開きます)



 
<ご参考>


〇 "お勧め!" 論理的思考力を鍛えるための学習

「論理的に物事を考える力(=論理的思考力)」を鍛えるには、とにかく「子供のチャレンジ精神をくすぶり、かつ、質の良い問題に多く取り組むこと」に尽きますが、これにはZ会が最適です。

Click!! → Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」もらえます ← Click!!

☆ 資料請求だけでもしてみてはどうでしょう?
(Z会は安心です。資料請求しても、電話等による不快な勧誘を受けることはありません。又、資料請求すると、効果的な学習方法を紹介する冊子も貰えます。無料ですから、当リンクからの資料請求をご活用ください)

2017年の各都立中高一貫校におけるZ会会員合格者数:桜修館(56名)、白鴎(38名)、三鷹(35名)、南多摩(25名)、大泉(25名)、立川国際(25名) 、小石川(23名)、富士(23名)、両国(19名)、九段(18名)、武蔵(10名)
Z会は適性検査と同じ「考えさせる」系統の問題が多いため、このように大勢が各都立中高一貫校で合格しているのだろうと思います。

 

 
〇 作文を上達させる家庭学習

作文の上達には、文章の正しい書き方を学び、そして数多く文章を書くことが必要です。
次の作文の通信教育を上手く活用できれば効果は大きいと思います。
こちらも資料請求だけでもしてみてはいかがでしょうか。

Click!! → ブンブンどりむ ← Click!!



〇 各都立中高一貫校の過去問
 
「目指す学校」は「どのような問題を出すのか」を知ることは非常に重要です。
又、過去問をよく目にする場所に置いておくだけで、「モチベーションのアップ&維持」に有効です。
  
Click!! → 各都立中高一貫校の過去問を見る ← Click!!


  
〇 論理的な文章構成力を習得するための本

都立中高一貫校の適性検査対策は、「論理的な」考え方を身に付けることです。
各校で出題形式に差がありますが、作文はいかに論理的な文章を書けるかがポイントとなります。
論理的思考による文章の書き方を指導している福嶋国語塾の福嶋先生の本から、都立中高一貫校の適性検査対策に最も適したものを紹介します。
 
・ 指導する保護者向け
 
次の本を読むと、作文指導で何を子供にアドバイスすれば良いかが理解できます。
 
Click!! → 「ビジネスマンの国語力」が身につく本 ← Click!!

・ 子供向け
 
福嶋先生はどれも素晴らしいと思います。
特に、”「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!” はお勧めです。

Click!! → 福嶋先生の主要な本 ← Click!!


 
〇 「やる気」スイッチをONにするための本

「やる気」を出す系統の本には、根拠レスな気合論の内容が多いものです。
しかし、ここで紹介する”のうだま―やる気の秘密”は、科学的根拠に基づく事実を簡単に説明している本です。

Click!! → のうだま―やる気の秘密 ← Click!!



以上  
都立中高一貫校 都立中高一貫 都立中学 公立中高一貫校 難関大学 桜修館 作文 小石川 東大
武蔵 両国 富士 九段 立川国際 三鷹 大泉 作文 東大 過去問 対策 合格するには 説明会 評判 合格ライン
  

 

記念祭・写真2.jpg
この記事へのコメント
一年生様

この下の、春子様のコメントをぜひお読み下さい。
(気がついてくれればいいのですが・・・)
 
 
春子様
 
コメントありがとうございます。
これからも、ぜひご自由に色々とお書き頂ければと思います。
 
私の息子もこの学校が好きですよ。
おそらく、多くの生徒がこの学校でよかったと思っているのではないでしょうか。
 
1期生・2期生を担当された大半の先生方は、既に異動されていると思います。 
まあ、先生方の異動は仕方ないと思います。
 
 
Posted by gogo(ブログ主) at 2015年09月18日 22:59
一年生様

うちは、もう卒業してしまったのですが、
学年によりカラーがあるのはそうだと思います。
うちの学年は試しなのか先生がコロコロ変わりました。
嫌な先生や、賛否が分かれる先生などもいて、学力的にも
伸びがイマイチという事もありました。
先生が変わった途端に出来るようになったり…
私は先生で左右される事もまだまだある年頃だと思ってます。
でも、この学年の凄いところはそのお試しのような
学校側の態度にもめげず、みんながとても伸び伸びと
学校生活を楽しんでいた事です。
多少の不満もありましたが、環境を受け入れ、
行事(笑)に邁進していました。
不満と申しましたが、生徒達が学校側に願望を訴えた事もあるんです!
まだまだ成長途中だった初期の頃ですから、そりゃ、色々ありますわね。
でもそれを皆ら力に変えてました。
この学年の下では、また違う担任団のカラーで、
もの凄い勉強モードだったり…。
それら全てを力に変える能力のある子供達だと思います。
暫く様子を見てみてはいかがでしょう。


主様
勝手にすみません。こんな事を人様のブログに書いていいものか
悩んだんですが、不安に思われている方がいるなら、
少しでもと思い、書かせて頂きました。
うちの子はこの学校が大好きです。今年も記念祭見に行ったみたいですし。
ただ、お世話になった先生方が、出られてしまっているので、
少し残念そうでした。公立だからそこは仕方ない事なのでしょうね。
Posted by 春子 at 2015年09月18日 09:23
 ご助言ありがとうございます!

 やはり学年のカラーというものがありそうですね。

 ただ、それぞれの学年の生徒の意欲や活気に、担任団が
少なからぬ影響を与えるという点は、否定できないと思います。

 「生徒達はお互いに刺激し合って、自ら進んで勉強するので。」

→本当にそうなることを願っています。
 保護者の方や上の学年の方と話しいると、この部分はそうでないご家庭も
たくさんあるので、個人差があるのかなとも思います・・。

 心配なのは、大量の宿題に追いまくられていて、じっくり何か考えたり、
好きなことに没頭するという時間的余裕がないように感じられることです。
感受性の鋭い時期なのに、少々もったいない気がします。


 ある程度の学力レベルにある学校においては、テクニカル的なものよりも
熱意・情熱で生徒達に刺激を与えれることの方が先生方に求められる大切な
要素だと思います。

 →それは、本当におっしゃる通りだと思います。

 ただ、そうした熱意・情熱を持った先生に当たるかは、その学年で
差異があり、当たり外れが大きいのが残念です。
 
 基本的に担任団が6年間変わらないということは、この学年は
「ついていない」学年ということになってしまいます。毎年変われば、
こうした問題は解消されますが、そうはなっていないという担任団持ち上がり
システム的を問題にしているわけです。

 そうした運、不運を補うのが「塾」「予備校」の存在なのですが、
あんなに大量の宿題があるとそれもままなりません。
 進学校の生徒の進学率の高さを支えているのが、確かに学校の授業ではなく、
「塾」の存在が大きいですよね。

 やはり、学校、先生には期待しないで、家庭の教育力で何とかする、ということに
落ち着くのでしょうか。

 ご助言にあった通り、あまり先生や学校には過度の
期待しないようにします。
 お忙しい中、貴重なお時間をありがとうございました。

Posted by 1年生 at 2015年09月08日 11:47
1年生様
 
コメントありがとうございます。
 
1年生さんは、先生方に理想を求めすぎているように感じました。
お書き頂いた内容を要約すると、次のような感じでしょうか。
  
〇 先生の当り外れが大きく、1年生の担任団は外れ。
〇 だから、多くの1年生が「授業が楽しくない」とか「学校が楽しくない」などネガティブなことを言っていて、記念祭での1年生の展示物にも意欲の低下が見られた。
 
まず、先生に多くのことやハイレベルのことを求めすぎていないでしょうか?
都立中高一貫校の先生は公募で集められることもあり、熱心で意欲的な方が多いと思っています。
しかし、「熱心で意欲的なこと」と「授業での教え方が上手なこと」は、別次元の話です。
 
私は、ある程度の学力レベルにある生徒集団には、先生方の授業での教え方などテクニカルな指導の良し悪しはあまり関係ないと思っています。
なぜなら、生徒達はお互いに刺激し合って、自ら進んで勉強するので。
私の高校時代などを思い出しても、退屈な授業しかできない、そして教え方が下手な先生はたくさんいたものです。
でも、多くの友人は、そのようなことに関係なく、難関と言われる大学に行きました。
ある程度の学力レベルにある学校においては、テクニカル的なものよりも熱意・情熱で生徒達に刺激を与えれることの方が先生方に求められる大切な要素だと思います。 

そして、生徒・保護者側は、何か思い通りにならないことが出ても、先生や学校の責任にしないことです。
思い通りの成績を取り、そして満足できる学校生活を送っている生徒・保護者はたくさんいるのですから、原因は先生や学校ではなく、自らの考え方にあると考えた方が正しいように思います。 
あまり不平不満を言っていても仕方ないと思いますよ。
Posted by gogo(ブログ主) at 2015年09月08日 06:53
こんにちは。いつも前向きでポジティブな内容のブログで、気持ちが明るくなります。

 ただ、とても同じ学校とは思えないということがいくつかあって、
やはり担任団、または学年のカラー次第なのかなぁ、と感じることも
あります・・。

 記念祭で複数のお母さんとお話すると、誰もが、「授業が楽しくない」
と子どもが言っている、とおっしゃるのですよね・・。
「学校が楽しくない」と感じている子も何人もいます(うちの子もその一人です)。
 
 クラマチや記念祭は楽しそうですが、毎日の大半を占める学校の授業が
面白くない、とたくさんの生徒が感じているのはなぜなのか、
いくら考えても答えが出ません。 
 やはり教員も人間ですから、当たり外れが大きいということなのでしょうか・・。

 今年の1年生の展示も、去年と比べてかなり見劣りしていたのも、
子どもたちのやる気のなさ、意欲の低下を反映しているように感じて、
とても残念でした。

 後ろ向きの話ですみません。何か明るい希望がほしいです・・。
Posted by 1年生 at 2015年09月07日 18:29
匿名希望様
 
コメントありがとうございます。
 
「朱に交われば赤くなる」という諺通り、人は周りの人・環境で良くも悪くもなるんだと思います。
この点、都立中高一貫校というのは、前向きで積極的な生徒が多いので、互いに良い刺激を与え合えていると思います。

受検前と今回では、文化祭で受ける印象がだいぶん違うと思います。
ぜひ、楽しんで下さい。
Posted by gogo(ブログ主) at 2015年08月31日 06:27
中高一貫校のお祭りシーズン到来ですね!息子の学校も、体育祭、文化祭と立て続けにあり、準備に追われているようです。
部活の先輩方が何人も、文化祭実行委員として活躍されているようで、控えめな息子も「僕も次はやってみようかなぁ。」と、珍しく積極的な発言をしていて嬉しく思っています。
受検前に、憧れの学校として訪れた学校の文化祭に、今度は在校生の保護者として足を運べることを、心から嬉しく思い、今から楽しみです!
Posted by 匿名希望 at 2015年08月30日 20:41
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4122599

この記事へのトラックバック