今日は、関ヶ原の戦い…じゃないよ

豊臣秀吉没後の豊臣政権内の主導権争いを発端とした日本を二分した一大決戦を
現・岐阜県不破郡関ケ原町を主戦場としたことから関ヶ原の戦いと呼ばれています。
時は、慶長5年9月15日・・・だからと言って、今日ではありません。
旧暦ですからね。
西暦換算すると、西暦1600年10月21日。
晩秋に差し掛かり、朝晩は冷え込みます。
家康は、主力の秀忠軍到着を待たずに決戦に赴いたことから、温存説がありますが、
真田昌幸の手の平で踊らされ、上田城で多大な損害を被り、疲弊した軍団を温存とは
言い難く、小早川秀秋の裏切りも、戦況を見て有利な方に与しただけ。
決して、楽勝ではなかったと思いますよ。
勝負は時の運…

ノー・ガンズ・ライフ  第22話

BS11の「ノー・ガンズ・ライフ」です。
nogun22-1.jpg十三はセブンとの戦いの中で、過去に思いを馳せる。ただの戦いの道具でしかなかったかつての自分の姿にセブンを重ねる。
更なる変化を遂げたセブンに十三は敗北!
「あらゆる戦局での単独運用を可能とする圧縮構造体内の椎骨連結格納庫デビルズバックボーン。そしてその格納庫の鍵となる制御装置ハンズ。これがセブンと今のあんた…射手のいないGSUとの差だよ。私達はお互いの欠けたものを補い合える気がするんだ。だから私のものになりな。十三」
十三は、ペッパーの手を払いのける!
nogun22-2.jpg功木を取り逃がしたクローネンは、鉄朗に頼まれ十三の元に連れて行く。ハルモニエを使った鉄朗は、十三の記憶に触れる…
終戦直後、解体命令を拒否し反乱を起こしたGSU達の殺害を命令された十三とハント
仲間を殺させる事を躊躇ったハントは…
「俺がこの引き金を引くのはこれが最後だ
だがな。忘れるなよ。お前の後ろにはいつも俺がいるって事をよ」「作戦を放棄して敵前逃亡をすればどうなるか解ってるのか」「いいか相棒。解った上でってのが粋なんだぜ?」
nogun22-3.jpg単身でGSU達の元にやって来た十三は、そこで十二番機・トゥエルブと出会う。何故か薩摩弁のトゥエルブは、自分たちの窮状を訴え、共に闘おうと勧誘するが…決裂!やむなく闘おうとするトゥエルブに、十三は包囲網の抜け穴を教える。
「しかしよぉ…そいつは信用できんのか?地上に出たら大軍に取り囲まれてるなんてオチじゃねえだろうな」
トゥエルブに肩を貸してもらっているのは、エドムントの相棒だったファイブ!
トンネルを抜けた先に彼らを待っていたの
nogun22-4.jpgは…十三がまさかの騙し討ち!?
だが、それまで軍の意のままに道具として生きてきた十三に劇的な変化が生じる。
「俺はこの時初めて気づいたのさ。自分がこれまで何の選択もしていなかった事を。その役目を全てあいつに押しつけちまっていた事にな。そして誰が引き金を引こうと人事のように感じていた。全ては…俺がやったって事をよぉー!」




「ノー・ガンズ・ライフ 」Blu-ray BOX 3(2期前半)は、9月30日発売!

ノー・ガンズ・ライフ Blu-ray BOX 3 (初回生産限定)

新品価格
¥15,246から
(2020/9/15 05:37時点)



「ノー・ガンズ・ライフ 」Blu-ray BOX 4(2期後半)は、10月28日発売!

ノー・ガンズ・ライフ Blu-ray BOX 4 (初回生産限定)

新品価格
¥15,261から
(2020/9/15 05:39時点)


    >>次へ
プロフィール

カズカズ
能登半島に住まいするただのおっさんです。身近なことを徒然なるままに綴っていきます。
リンク集
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント