探偵はもう、死んでいる。第4話

tanmosi4-1.jpgBS日テレ「探偵はもう、死んでいる。」です
犯人の狙いが斎川唯自身だと見抜いた君塚は、ドームライブ当日、夏凪と共にライブ会場へ向かう。ライブで盛り上がる会場に潜む犯人を探す二人だったが、なかなか居所がつかめない。焦りだけが募る中、刻一刻とその時が迫っていた…
予定より早く「さふぁいあ☆ふぁんたずむ」が始まり、斎川唯が眼帯を外すと…そこに時価30億円のサファイアが!?
間一髪、君塚はボーガンの矢から斎川唯を守った…
tanmosi4-2.jpg「なあ、斎川。俺と夏凪を殺せなかったペナルティについては大丈夫なのか?」
「全く、いきなり何を言い出すんですか、助手さんは。私がお二人を殺そうとしていたと仰るのですか?助手さんはミステリー作家の方がお似合いみたいですね」
そこに、斎川の屋敷に向かった風靡から連絡が入る。斎川邸の宝物庫に仕掛けられた爆薬を全て撤去したと…
「奴らの狙いは二つあったんだ。一つは斎川のサファイアの左目。そしてもう一つは、俺と夏凪の命だ」
tanmosi4-3.jpg「私の《左眼》は 貴方達には渡しません」
斎川は拳銃を君塚に向ける!
「なるほど、そういう脅され方だったか」
斎川にとっては、君塚や夏凪こそが敵で、サファイアの左眼を奪おうとしている張本人であるとSPESに言い包められていた!
「アイドルがマイ拳銃持ってんじゃねえよ」「これぐらい普通に乙女の嗜みですよ」「そんな嗜みがあってたまるか」
斎川の《左眼》は、物体を透視する事が出来る!前日のリハーサルの暴漢は君塚の仕込みで、《左眼》の能力を確かめていた!
tanmosi4-4.jpg斎川は二人が敵ではないと解っていた。では、どうしたらこの左眼を守れるのだろう
「あたしたちね、この件が無事終わったら海に行く予定なの。それでね、良かったら斎川さんも一緒に行かないかなと思って。つまりはそう、友達にならないかって」
夏凪の間抜けに思える提案に斎川は戸惑う
「仮に友達になったって、余計に迷惑をかける事になります」「それはないと思うぞ
お前がSPESに狙われてると言うんだったら、俺も同じだ。迷惑なんて思うな。むしろ標的仲間だ」「助けてくれるんですか」
「ああ、助ける。だから斎川も、俺たちを助けてくれ。俺たちの仲間になってほしい」
「…はい、喜んで」斎川に笑顔が戻った。

【新品】探偵はもう、死んでいる。 (1-3巻 最新刊) 全巻セット

価格:2,013円
(2021/7/27 21:05時点)
感想(0件)


コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
プロフィール

カズカズ
能登半島に住まいするただのおっさんです。身近なことを徒然なるままに綴っていきます。
リンク集
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント