ファン
最新記事
カテゴリアーカイブ
△▼ご意見、ご指摘、アドバイス等、コメントしにくいけど言いたいことなど、お気軽にご利用ください!*印部分の記入だけで結構です。△▼
人気ブログランキングへ

リンク集

XBOX360 実績解除スレまとめ @wiki

XBOX ONE 実績wiki

はこわんローカル情報局

下手の箱(横?)好き

かびるんるんの黴式会社

Xbox手帳

だから、探すなって。

愛の暇つぶし

_______

☆★☆★

相互リンク受付中!

ジャンルを問わず好奇心旺盛な人を探しています!

☆★☆★

当ブログのプライバシーポリシー

2020年07月24日

410.Assassin's Creed Syndicate

アサシン クリード シンジケート 【CEROレーティング「Z」】 - XboxOne



 おはようございます。あるへです。
 本日はこちら「アサシンクリード シンジケート」のレビューです。

 素直に素晴らしかったです。
 ユニティとはいったいなんだったのか、というくらい(おそらく)ユーザーの声が反映され、随分とユーザビリティが上がり、非常に快適に遊べるように大進化していました。素晴らしい!

 この思いきった大変換は、やはり完全ソロゲーになったおかげですね。ユーザーフレンドリーを優先し、多少バランスが甘くなったとしても、ソロゲーなら許されるのです。

 まず第一に戦闘システムの見直し。
 敵のあらゆるアクションに対してこちらもリアクションが可能になり、前作では辛酸を舐めさせられた強攻撃は廃止され、銃撃に対しても専用の回避アクションをとることができるようになりました。また、キルストリークのようなスキルやマルチフィニッシャーといったシステムで、多くの敵を瞬く間に殲滅できるようにもなりました。
 これらのお陰で従来のアサクリシリーズのように一対多数の戦闘でも無傷で華麗にバサバサできるようになり、戦闘はとても快適かつ爽快です(ステルスからのアサシンブレードなら一刺しで済むのに、戦闘中のフィニッシュ攻撃は殴りすぎだろwってつっこみはお約束)。

 第二にステルスの大幅改善。
 やはり前作の鳥の目を抜くような歴戦の雑魚(笑)は存在しなくなり、敵の感度はゲノム兵といって差し支えありません。さらにはAボタンで能動的に、いつでも屈み姿勢が可能になり非常に忍びやすくなっています。
 さらにダメ押しとして口笛や投げナイフが復活し、やはりステルスでもかなりの無双状態。屈み姿勢中にRTで走ったとしても姿勢が切り替わったりしないのが何気にとても快適(屈み中は歩き速度も増し、走らなければ鷹の目も解除されないので本当に快適)。

 それからまたまたマップの広さが大爆発。
 年代も進み、科学が進歩し、往来を馬車が走るということで、なにより道幅が物凄く広くなりました。
 感覚的にはおおよそユニティのマップが1.5〜2倍くらいに広がって、かつ密度はユニティの時とほぼ変わらない感じで、結果としてフリーランで走り回るのにすごく快適な環境になったと思います。

 そして何より、これは個人的な好みが強いですが、スチームパンク世界観の原点となった産業革命時代、ヴィクトリア朝のイギリスという舞台が素晴らしかったです。
 BGMもヴァイオリンを基調としたおしゃれな感じですごく世界観に合っていますし、性格の違う双子を主人公とした王道なストーリーラインは、今までの方向性とは逆に終始明るく、エンディングでさえもスカッと晴れ晴れしく終わるのは珍しく、とても新鮮でした。
 ストーリー自体の構造でさえ、一番最初に「敵はこいつ! そしてやるべきことはこれ!」と明確に示されるので、本当に遊びやすかったです。

 また、この世界観独自の特徴として、今までアサクリシリーズには人型のNPCと動物がいましたが、本作になって(必然的に)子供が存在するようになりました。当然殺害は禁止ですが突き飛ばすくらいならできます。まぁそんなことより彼らもまた一般のNPCとして保護対象になったり、泥棒になったりしてゲームに介入してきます。これがね、実はね、すごくね、いいんですよね。

 私はアサクリシリーズを遊ぶとき、いつも「自分はこの街に住んでみたいか」を考えます。その答えはいつだってNOでした。
 どうしてもどこかジオラマ感があって、一人で人形をワイワイさせて遊んでるような、どうにもしっくりこない硬質な空気を感じていました。リアルではあっても、その生活の息吹には何かが足りない。熱を感じない。
 しかし本作に限っては、実際に住んでみたいかな、と思えました。
 やはりそこには私個人の、好みの世界観が根底にあるのだとは思いますが、一方でゲーム世界に子供という存在が登場することで、どんなにリアリティがあっても縮尺やゲームやスペックの都合でオミットされていた何か、どこかに漂う不自然感というものがかなり緩和されていて、結果的に自分がその世界にいるという没入感に繋がっているんだと思いました。
(その時代にはその時代の、暗く根深い社会的な問題もありますからね。この時代でいえば、児童労働、売春、政治の腐敗等など……タイムマシンとかでマジで住むかって聞かれたらそりゃあ……)
 3のホームステッドでは確かに熱を感じたんです。だから好きなんです。

 オリジンズだと道端の猫が足元にすり寄ってくるらしいですよ! 世界観没入にさらに一役買ってくれそうで、なんとも楽しみじゃあありませんか!

 やれ首を切れ、やれ串刺しだ、何か少しでもへまをしたり和を乱すと途端に命を奪われる前作とはまったく違い、とても晴れ晴れとしたゲームでした。

↓広くて高くてすごく開放的。ロープランチャーはとても便利、終始世話になります。



【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

プロフィール
あるへさんの画像
あるへ
がんばりません!
プロフィール
検索
最新コメント
406.HOMEFRONT the Revolution by あるへ (06/17)
406.HOMEFRONT the Revolution by めい (06/17)
133.Microsoft Treasure Hunt by あるへ (02/11)
133.Microsoft Treasure Hunt by あるへ (02/11)
133.Microsoft Treasure Hunt by はとぽっぽ (02/02)
Xboxゲーマーの必需品

Xbox Live 12ヶ月 ゴールド メンバーシップ デジタルコード|オンラインコード版

Xbox プリペイドカード 3000円 デジタルコード 【旧 Xbox ギフトカード】 [オンラインコード]

Xbox One ワイヤレス コントローラー (ブラック)

広告