最新記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
リンク集
カテゴリーアーカイブ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

2016年06月17日

内臓脂肪を減らしメタボを予防・改善する

中年男性にとって気になる『内臓脂肪』。

体重はさほど増えたわけではないのに、ぽっこりとお腹だけが目立つという方もいるのでは?それって皮下脂肪じゃなく内臓脂肪が原因かも・・・。

通称“メタボ”と呼ばれるメタボリックシンドロームの最大要因は、内臓周りにびっしりとつく内臓脂肪で、糖尿病や高血圧症、動脈硬化や痛風など、生活習慣病全般にかかりやすくなる原因のひとつでもあります。

でも、心配はいりません!

では、まずは内臓脂肪の特徴から見ていきましょう!

内臓脂肪とは?

お腹周りの脂肪で、指でつまめる脂肪は皮下脂肪。指でつまむことができない、内臓の周りの「腸間膜(ちょうかんまく)」と呼ばれる組織につく脂肪が内臓脂肪です。腸間膜とは腸の中で小腸を包み支えている薄い膜のことで、この部分に内臓脂肪が蓄積されやすくなります。

内臓脂肪の特徴
•エネルギーを一時的に貯蔵する
•内臓周りの腸間膜に蓄積される
•内臓の固定と衝撃を和らげるクッションの役割
•蓄積もされやすいが落としやすい

セルフチェック

内臓脂肪は、自分でもある程度チェックできます。該当項目が多いほど要注意です。

1.甘い物を毎日のように食べている
2.朝食は食べないことが多い
3.アルコールはほぼ毎日飲む
4.食事は外食やインスタント食品が多い
5.脂っこいものをよく食べる
6.運動はめったにしない
7.タバコを吸う
8.夕食は遅い時間帯に食


内臓脂肪と皮下脂肪の違い

脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪があります。女性につきやすいのが皮下脂肪で、皮膚のすぐ下につきます。男性につきやすいのが内臓脂肪で、内臓の周りにつきやすい脂肪です。

エネルギーの貯蓄という点から見ると、内臓脂肪はいつでも出し入れができる普通預金のような存在で、皮下脂肪のほうは定期預金のようなもの。長期の事態に備えて蓄える脂肪です。ですので、内臓脂肪は出し入れが簡単な分、減らすのも皮下脂肪に比べて減らしやすくなっています。

体脂肪とは?

体脂肪という言葉は今では一般的に使われていますが、皮膚や筋肉、骨や血液、内臓など体のあらゆるところに存在する脂肪のことで、体温を維持したり、エネルギーを蓄えたり、ホルモンバランスを整えるといった重要な働きをしています。体脂肪は蓄積される場所により、皮下脂肪と内臓脂肪に分類されます。


体脂肪の適正範囲


体脂肪率とは、体重に占める脂肪の割合を表したもので、一般的に肥満かどうかの目安とする“BMI”が適正であっても、体脂肪率が一定以上あれば医学的な肥満とみなされ、内臓脂肪による危険が隠されています。

では、ここであなたのBMI値と体脂肪率を出してみましょう!

BMIの計算式

※BMI=Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略。疫学調査に基づいたもっとも病気になりにくい体重の国際的な計算方式。

●BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗

(例) 身長160p、体重60kgの場合:60kg ÷ (1.6m×1.6m) = 23.5(標準)

•18.5未満・・・痩せている
•18.5〜25・・・標準
•25〜30・・・やや肥満(レベル1)
•30〜35・・・肥満(レベル2)
•35〜40・・・かなり肥満(レベル3)
•40〜・・・危険な肥満(レベル4)

体脂肪率の計算式

体脂肪率(%)=体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100

●女性の目安
•〜19.9%・・・痩せている
•20〜24.9%・・・適正
•25〜29.9%・・・やや肥満
•30%〜・・・肥満

●男性の目安
•〜14.9%・・・痩せている
•15〜19.9%・・・適正
•20〜24.9%・・・やや肥満
•25%〜・・・肥満

女性ならば体脂肪30%以上、男性ならば25%以上の人は内臓脂肪型肥満ということになり、高血圧や動脈硬化、糖尿病などにかかりやすくなりますので注意が必要です。糖尿病については、以下の記事で詳しく解説しています。

足の切断や失明にもなりかねない糖尿病を予防・改善する方法

ただし、体脂肪は低すぎても問題があります。特に女性の場合、17%以下になると婦人科系のトラブルが発生しやすくなるため要注意とされています。

内臓脂肪が原因となる病気

怖い病気といえば「ガン」をあげる人は多いはず。

実際、日本人の死因の第1位にもなっていますので、ガン=死ぬというイメージが強いのでしょう。2位は脳卒中(脳梗塞や脳出血)、3位が心臓病(心筋梗塞や狭心症)となっています。

ここで注目となるのが、2位も3位も動脈硬化や高血圧、脂質異常症などが危険因子となっていて、メタボが大きく影響していることが明らかになっていることです。つまり、内臓脂肪が増えてメタボになると、死因の2位、3位の脳卒中や心臓病になる確率も高くなるということです。

では、なぜ内臓脂肪がこのような病気を誘発するのでしょう?

その答えは、内臓脂肪が増えることで、血糖や血中脂質、血圧が上昇するから。

メタボになると生活習慣病にかかりやすくなることから医療費が上がる。医療費が上がれば、社員の健康保険料を負担している企業にとってさらに負担増となることもあり、今では企業の健康診断にメタボの項目が追加されたという背景があります。

また、メタボは男性に多いという印象がありますが、最近では女性のメタボ傾向も懸念されています。メタボを予防するには体重や体脂肪の変化だけでなく、特に40歳を過ぎたら男性だけでなく、女性も定期健診(特定健診)で血糖値などをチェックする必要があります。


2016年03月06日

顎を上げることで世界が変わる

年を取ると体の衰えのため、だんだん下向きになります。

腰は曲がり、顔は下を向きがちになります。

姿勢が全体的に下向きになると、視界に入る景色が地面や床など、下のものばかりになります。

地面や床にはごみやほこりがあるので、下向きになるとそういう汚いものばかりを目にしてしまうことになる。
a0001_017588.jpg


だから余計に元気がなくなります。

下を見ているからいけないし、そういう姿勢が原因です。

あと2センチ顎を上げてください。

すると、まずあなたの姿勢が変わります。

あなたの視界に入る景色が「地面」ではなく「青空」に変わることでしょう。

美しい青空を見ると、晴れ晴れしい気分になり、心も体も前向きになります。

下を向くから、汚いものばかりが目について元気がなくなります。

上を向けば、美しいものばかりが目について元気が出てきます。


決め手は、あなたの顎です。

たとえば、ちょうど今、あなたの顎はどうなっていますか。

下向きになっていませんか。

あと2センチ顎を上げてください。

人生は、たった2センチで変わるのです。





懐かしい音楽は現代のタイムマシン

ある日、私が部屋の掃除をしていたときのことです。

押し入れの奥から、学生時代に聴いていたCDを見つけました。

それは、まだ入学したばかりの高校1年生のころ、登校中にいつも聴いていた曲でした。

初めての高校生活ということで、弱気になっている自分を元気づけたくて買った、テンポのいい曲でした。

「おっ。懐かしいな。少し聴いてみよう」

music.jpg


ステレオから懐かしい曲が流れ、一瞬にして当時の光景が目に浮かびました。

久しぶりに聴くと、本当に鳥肌が立ちます。

同時に、昔のやる気や活力あふれる若々しい気持ちになりました。

なぜか元気が出るばかりではなく、行動力まで昔のように戻りました。

私は「これだ!」と思いました。

心も体も若返る一番手っ取り早い話は、懐かしい曲を聴くことです。

あなたもそういう経験はありませんか。


ぜひ、10代の学生時代に聴いていた曲を聴いてみましょう。

「懐かしいな」と思うと同時に、一瞬にして当時の若々しい気持ちに戻ることができるでしょう。

若いころに聴いていた曲を聴くと、急に昔に戻ったようになり元気が出てきます。

思い出すだけでなく、気持ちまで当時の若々しい気分になりますから不思議です。


今の科学技術では、タイムマシンを作ることはまだ不可能です。

しかし、実は身近なところにタイムマシンはありました。

懐かしい音楽こそ、現代のタイムマシンです。

若いころのあなたに引き戻してくれます。


懐かしい曲を聴いてください。

学生時代、まだ怖いもの知らずで活力にはじけていたころに聴いていた曲がいいでしょう。

もちろん暗い曲ではなく、やはり明るいテンポの活力あふれる曲がおすすめです。

昔の曲を「古臭い」と思うのではありません。

年を取った今だからこそ、昔の曲が新鮮な響きに聞こえるはずなのです。