広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年02月14日

いい香りがするアロマオイルは化粧品に含ませてもいいのか

アロマセラピーは、香りによって、優しく癒してくれる力があります。

自宅でアロマセラピーを楽しんでいる人も、多いのではないでしょうか。

「お気に入りの香りをもっと楽しみたい」と思うとき、名案を思いつきます。

化粧水に混ぜればいいのではないかと、ひらめくのです。

たとえば、アロマオイルを化粧水に混ぜれば、化粧品にお気に入りの香りを、簡単に加えることができます。

化粧水や乳液などは顔につけるので、アロマの香りを楽しみやすくなるのではないかと思います。

基本的に、アロマオイルは、肌に直接つけることができます。

しかし、つけることはできるものの、おすすめはしません。

アロマオイルが化粧品に混ざることで、化粧品の寿命を縮めたり、備わっている機能が失われたりすることがあるからです。

特に「レモン」と「グレープフルーツ」のアロマオイルには、要注意です。

精油の中に含まれる「ベルガプテン」という成分には、紫外線の感受性を高める作用があります。

レモンやグレープフルーツのアロマオイルを顔につけて日光に当たると、肌のトラブルの原因になることがあります。

炎症を起こしたり、しみができやすくなったりです。

安全面や美容面を考慮して、原則としてアロマオイルは、化粧水に入れるのは控えたほうが無難です。

アロマを楽しむときは、アロマポットなどを利用しましょう。

ただし、アロマセラピーの専門店では、アロマオイルを顔に使うこともあります。

専門的な資格を有した人の監督のもと、リラックスや病気の治療などの目的で行う分には、問題ありません。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




乳液のべたつきが苦手な人はオリーブオイルやホホバオイルがおすすめ

乳液のべたつきが、気になることはありませんか。

乳液の種類によっては、べとべとした触感が気になることがあります。

水分を蒸発させないようにするため、油分が必要で、仕方ないことだと思います。

そんなべたつきが苦手な人に、朗報です。

ぜひ試してもらいたいオイルがあります。

オリーブオイルとホホバオイルです。

つけると分かるのですが、感触が、普通の油分とは違います。

これまでの乳液は「肌の上に乗っている」という違和感がありました。

 

一方、オリーブオイルやホホバオイルは「自然な状態で肌になじむ」という感じで、自然です。

この触感の違いの秘密は、オリーブオイルとホホバオイルの分子構造です。

この2つのオイルの分子構造は、人の肌から分泌される皮脂の分子構造ととても似ているため、肌へなじみがいいのです。

もちろん油分ですから、乳液の代わりとして使うことができます。

皮脂と分子構造が似ているだけのことはあり、つけ心地は軽くて、保湿作用も抜群です。

ちなみに、私が今愛用しているのも、オリーブオイルです。

20代の中ごろに皮膚の炎症を患ったことがきっかけでオリーブオイルと出会いました。

触感の違いに感動してからというもの、愛用し続けています。

さまざまな乳液を試しました。

自分にとって最終的に落ち着いたのは、オリーブオイルでした。

「乳液のべとべとした感じが苦手だ」


そういう人は、一度、オリーブオイルの感触を味わってみましょう。

乳液のべたつきが苦手な人には、ぜひおすすめです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

化粧水をつけてすぐ乳液を塗らない

化粧水は、お風呂上がりや洗顔直後に使うのがポイントです。

お風呂上がりや洗顔直後は、顔に油分がないため、あっと言う間に乾燥してしまいます。

時間の勝負です。

できるだけ早く化粧水をつけて、顔が乾く前に保湿をすることが大切です。

化粧水は、すぐつけていいのです。

気をつけたいのは、乳液です。

乳液も、化粧水をつけた後、できるだけ早くつけたほうがいいのではないかと考えます。

化粧水がまだびしょびしょで湿っている状態で、乳液をつけようとします。

これはよくありません。

乳液の役目は、肌の角質の水分が逃げないように保護することです。

蓋のような役目があります。

化粧水をつけた直後は、化粧水が肌にまだ浸透していないので、乳液をつけるには早すぎます。

化粧水がびしょびしょの状態で乳液をつけると、乳液の濃度も低くなります。

その結果、塗り方にむらができたり、乳液の保湿機能そのものが低下したりするのです。

化粧水をつければ、しばらく待ちましょう。

化粧水が肌に浸透していく、大事な待ち時間です。

もちろん待つとはいえ、肌が乾燥するまで待つのではなく、なじむまでです。

肌になじんできた段階で乳液をつけることで、乳液の膜ができ、水分の蒸発を防ぐことができるようになります。

化粧水と乳液のポテンシャルを、最大限に引き出すことができるのです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

クレンジングで心がけたい美の3ステップ

クレンジングは、界面活性剤が使われているため、肌に負担がかかります。

単にメイクを落とせばいいと思うのは、よくありません。

クレンジングにおける心がけは「十二分なクレンジング」ではありません。

 

「必要最小限のクレンジング」です。

 

できるだけ負担が小さくなるようにして、肌への負担を小さくしましょう。

必要最小限のクレンジングで意識するのは、種類だけではありません。

クレンジングを進める順番も、大切です。

クレンジング料を顔全体につけて、ごしごしするのでは、顔が乾燥して痛める原因になります。

顔の適当な場所からつけ始めるのではなく、負担に強いところから始めましょう。




(ステップ1)
Tゾーン


クレンジングは、まずTゾーンから始めましょう。

鼻と額をつないだTゾーンは、皮脂の分泌量が多いところですから、最初にクレンジング料をつけて洗い始めます。

Tゾーンが終われば、次はUゾーンです。




(ステップ2)
Uゾーン


顎からフェースラインにかけたUゾーンは、乾燥しやすく、負担に弱い部分です。

優しくなでるように、メイクを落としていきましょう。




(ステップ3)
目元と口元


最後に、目元と口元です。

目元や唇の皮膚はとても薄くて負担に弱い部分ですから、クレンジングも最後にします。

場合によっては、目元や口元だけ、弱いタイプのクレンジング料に変えてもかまいません。

クレンジングの時間は、1分以内で済ませるようにしましょう。

メイクが落ちるまで洗うのではなく、必要最小限になるように心がけましょう。

必要最小限のクレンジングを心がけることで、肌に無駄な負担がかからないのです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


身につけるべきは化粧品より美容知識

こう聞いて、最初に浮かべるのは、やはり化粧品ですね。

化粧水、乳液、美容液などの美容アイテムです。

優れた美容アイテムを使って、肌に水分と栄養を与えることで、より美しい肌に整います。

「もっともっと美しくなりたい」


それはすべての女性の願いです。

化粧品を身につける際、忘れがちなことがあります。

美容知識を身につけることです。

美容に関する知識がなければ、どのような成分が、何に効くのかが分かりません。

あなたの美容知識は、どのくらいですか。

たとえば、よく耳にする「コラーゲン」という言葉がありますね。

コラーゲンとは、肌のどの部分にあり、どういう効き目があるか、ご存知でしょうか。

「ヒアルロン酸配合」の化粧水と「セラミド配合」の化粧水であれば、どちらのほうが保湿に効果的でしょうか。

化粧品のパッケージで目にする「抗酸化作用」とは、どのような効果なのでしょうか。

こうした美容知識がなければ、化粧品を正しく選べません。

「なんとなく効果がありそう」という適当な感覚でいることが多いのではないでしょうか。

化粧品は、美容知識があってこそ、正しく使いこなせます。

美容では、座学も必要です。

身につけるのは、化粧品だけではありません。

まず身につけるべきは、化粧品より、美容知識です。

美容関連の本や雑誌を買って、美容知識を読んでみましょう。

化粧品売り場ではなく、本屋へ駆け込みます。

堅苦しいことと思いますが、豊かな美につなげる前提条件です。

美容成分の吸収だけでなく、美容知識も吸収です。

美容知識があるからこそ、化粧品も正しく使いこなせるのです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

2016年01月10日

スモーカーズ・フェイス ”タバコは美容の大敵”なのか?

今や喫煙(ニコチン依存症)は「病気」と認定され、医療機関で治療を受けることが可能です。2008年5月には、より楽に禁煙できるという「新薬」も登場しました。
タバコは最初の一本を吸わないことが何より肝心ですが、もし喫煙してしまっているなら
スモーカーズ・フェイスになる前に、一日も早く依存症から抜け出ましょう。そして、本来の美しさと幸せを取り戻しましょう。

a0002_011526.jpg

スモーカーズ・フェイス(喫煙者容貌)とは

喫煙でのビタミンC破壊によるコラーゲン不足で「ほほがげっそりこけている」、タールが沈着し「顔色が暗く沈んでいる」、一酸化炭素で酸欠になり「口唇が紫色」、活性酸素お影響で「深いしわが刻まれている」、といった「喫煙者独特の特徴的な容貌」のことです。そういった外見に加え、歯周病とタバコの混じった「口臭がする」、女性なのに「声がガラガラ」(スモーカーズ・ヴォイス)などの要素も加わって、喫煙者特有のイメージが出来上がっています。残念ながら決して良いイメージではありません。

「スモーカーズ・フェイス」が顕著に現れるのは40代といわれていますが、最近では喫煙開始してすぐの20代でも、衰えを敏感に感じて禁煙する人が増えてきました。喫煙しながら、ビタミンCやコラーゲンドリンクを摂っても、焼け石に水。喫煙を続けている以上、スモーカーズ・フェイスを回避することはできません。禁煙するしか方法はなく、禁煙は早ければ早いほど回復が望めます。



”タバコは美容の大敵”なのか?

それは大敵!です。
タバコが美容に悪いことは常識ではあるのですが、”何故”良くないのかということは、なんとなく知っていても、詳しく理解していないのではないでしょうか。タバコを吸うと、細胞レベルで老化が促進んでしまい、老け顔になるなど、美容にも大きな影響を及ぼします。

 

タバコを吸うと不美人になる?

「美人」と「不美人」の差はどこにあるのでしょうか?
「顔立ち」というのは大きい要素です。でも、顔の造作は生まれつきで決まってしまいますね。世の若い女性達も美容整形にまで至らなくとも、なんとか「化粧」「髪型」「服装」などで、それらしくもっていってます。いわば「雰囲気」ですね。結構その「雰囲気」もトータルで印象を左右する大きな要素です。

しかし、最も重要なファクターは何だかわかりますか?それは「肌」です。肌の印象でその人の印象が決まるほど、視覚に入る肌の印象は大きいのです。
人は肌を見て、年齢を想像し、身体は健康か、精神的に安定しているか、生活態度はどうなのか、などを無意識に判断しているものです。

肌がキレイなら「清潔感」を感じさせて、それだけで「キレイ」な雰囲気が生まれる。逆にどんなに顔の造作が整っていても、肌がキタナければ、その美人度はダウンします。

例えば「地味」な顔立ちでも肌が美しければ、すっきりとした「キレイ」感を醸し出せますし、逆に、造作が「派手」な顔立ちの人は肌によけいな要素(しわ、しみ、にきび、そばかす、がさがさ、など)があると、「うるさい顔立ち」の印象になりかねません。

かといって、肌のトラブルを経験した人ならわかりますが、肌はどんなに「厚化粧」しても化粧では完璧には隠せません。厚化粧そのもので清潔感も損なわれてしまいます。

タバコを吸うと、なんといってもその「肌」に影響があります。どんなに美人でも、タバコを吸うと肌の美しさはどんどん損なわれていきます。顔立ちが良くても、年齢よりも老けて見えるようになり、もう元には戻せません。
タバコを吸うのは、”かっこいい”と思いこんで吸っているうちに、自分自身がキタなく老けてなってしまうなんて、本末転倒だと思いませんか。

2016年01月01日

アロマ入門キットがお得!ラサーナ【アロマディフューザー・アロマオイル】

ヘアケアの海藻ヘアエッセンスでお馴染みのラサーナのアロマ関連商品ラサーナ アロマ

本格的なアロマを手軽に始められる超音波式の【アロマ ディフューザー】、 天然のリードを使用、火も電源も使わない【アロマ リードディフューザー】、 100%天然の芳香成分【エッセンシャルオイル】、 お風呂を贅沢なリラックスタイムに【アロマ バスソルト】。
アロマ初心者やギフト需要にも大変喜ばれているアロマグッズです。

アロマ ディフューザー
ほのかな光と、アロマの香りで癒しの空間を演出します

アロマ ディフューザー ミニ
水やコンセントがいらず持ち運びができ、どこでも手軽にアロマが楽しめます

もっと気軽に、アロマをお楽しみいただくために。
ラサーナアロマ リードディフューザー新発売!
リードとは、英語で葦(=reed)のこと。
植物の毛細管現象によってフレグランスオイルを吸い上げ、自然な香りを漂わせます。







モッピー!お金がたまるポイントサイト
最新記事
カテゴリーアーカイブ
※見なきゃ損!オススメリンク
にほんブログ村 美容ブログへ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。