最新記事
ブログ村参加中!応援クリックお願いします☆ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリーアーカイブ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
管理人とその仲間たちのサイト

2017年09月27日

白髪に絶望する前に‥シャンプー次第で白髪が生えない?

白髪が生えないようにする方法

ふと自分を鏡で見た時白髪が生えているところを見つけて、すごくショックを受けたという経験はありませんか?

白髪が生えていると、それだけで年齢よりも老けて見えてしまいます。
それだけではなく、白髪が増えることで受ける精神的ダメージは測りしれません。
自分が年をとっていることを自覚して、更に老けこんでいくという最悪の相乗効果となってしまう恐れもあります。
白髪が生えるということをできれば避けたい、もしくはこれ以上増やさないようにしたいと誰もが思います。

a0002_005724.jpg


そこで気になるのが白髪を止める方法です。

色々調べてみると実は白髪はシャンプーで生えてくるのを食い止めることができるようです。
白髪が生えたからもうだめだとあきらめてしまう前に、一度シャンプーを変えてみてはいかがでしょうか。

ちなみにこのサイトに白髪が生えるのを止めるシャンプーについて書いてあります。

シャンプーで白髪が生えないようにする方法


ブログ村参加中!皆様の応援が力になります。
応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


2017年09月10日

マタニティクリームに含まれているシラノール誘導体の効果

妊娠線を予防するために重要な美容成分

「子供は欲しいけど出産後の妊娠線が気になる」
これから子供が欲しい女性でも、そういった心配をする声が多いようです。
子供が生まれることは嬉しいけど、身体に傷が残ってしまうのは女性にとって悲しいものです。
この妊娠線ができることを予防するために妊婦のケアするためのグッズとして、マタニティクリームがあります。
妊娠してお腹が大きくなってから、このクリームを使っていくことで産後にできる妊娠線を軽減する効果があります。
マタニティクリームを使ったことで、実際に妊婦線を予防できたという人も多いので一気に口コミで広がりました。
マタニティクリームでこれだけの予防効果を得ることができるのは、含まれる美容成分に秘密があるのです。

そのマタニティクリームに含まれている重要な美容成分が「シラノール誘導体」です。
シラノール誘導体は美容効果が高い成分として有名です。

シラノール誘導体が入った妊娠線予防クリームを利用した人からは、使用して妊娠線ができなかったという声も多く、その効果は実証されています。
マタニティクリームに含まれている成分が「シラノール誘導体」だからこそ、これだけ効果があるとの声が多かったのでしょう。
その効果について詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

シラノール誘導体の効果

妊娠線、諦めないでください。【マタニティクリーム】






ブログ村参加中!皆様の応援が力になります。
応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




2016年02月20日

にきびはれっきとした病気である

「にきびは思春期のシンボル」と言われます。

思春期になれば、皮脂の分泌量が活発になり、成長期を迎えた証しとされています。

事実、思春期を迎えた人たちの多くが、にきびに悩まされます。

同じにきびで悩む友人を見つけては、ほっと安心することもあるでしょう。

そんなにきびで悩んでいる若者に対して、気休めの言葉を耳にすることがあります。

「にきびがあるほうが、若々しい」


「にきびは、あまり気にしないほうがいい」


「若い時期は、誰でもなるものだ」


ちなみに私が学生のころは「大人になれば自然に治る」という変わったアドバイスをもらったこともあります。

「諦めてもいいよ」と言わんばかりのアドバイスです。

「そうか。にきびになるのは仕方ないことなんだな」


気持ちが安らいで「まあいいか」と思いそうになりますが、ちょっと待ってください。

これこそ、にきびがなかなか治らない人によくある勘違いです。

ここが運命の分かれ道なのです。

知られていないことですが、にきびは病気です。

病名「尋常性挫創(じんじょうせい・ざそう)」と呼ばれる、れっきとした皮膚の病気なのです。

アクネ菌が異常に増殖して、肌に炎症を起こす症状です。

病気ですから、もちろん体にとって悪いことです。

病気を放っておくとどんどん悪化するように、にきびも放っておくとどんどん悪化します。

皮膚の赤みが増したり、痛みやかゆみがひどくなったりします。

最悪の場合、にきびの陥没跡ができ、一生涯、残り続けることもあるのです。

「にきびは思春期のシンボル」という言い訳で、肌の病気から逃げないことです。

そうした気休めの言葉に流されるか、立ち向かうかです。

今一度「にきびは病気である」という認識を持ちましょう。

にきびができるのは、何かが悪い証拠です。

にきびは、肌の病気です。

病気であると認識した上で、改善に向けて意識することが大切なのです。