最新記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
リンク集
カテゴリーアーカイブ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

2016年02月20日

にきびはれっきとした病気である

「にきびは思春期のシンボル」と言われます。

思春期になれば、皮脂の分泌量が活発になり、成長期を迎えた証しとされています。

事実、思春期を迎えた人たちの多くが、にきびに悩まされます。

同じにきびで悩む友人を見つけては、ほっと安心することもあるでしょう。

そんなにきびで悩んでいる若者に対して、気休めの言葉を耳にすることがあります。

「にきびがあるほうが、若々しい」


「にきびは、あまり気にしないほうがいい」


「若い時期は、誰でもなるものだ」


ちなみに私が学生のころは「大人になれば自然に治る」という変わったアドバイスをもらったこともあります。

「諦めてもいいよ」と言わんばかりのアドバイスです。

「そうか。にきびになるのは仕方ないことなんだな」


気持ちが安らいで「まあいいか」と思いそうになりますが、ちょっと待ってください。

これこそ、にきびがなかなか治らない人によくある勘違いです。

ここが運命の分かれ道なのです。

知られていないことですが、にきびは病気です。

病名「尋常性挫創(じんじょうせい・ざそう)」と呼ばれる、れっきとした皮膚の病気なのです。

アクネ菌が異常に増殖して、肌に炎症を起こす症状です。

病気ですから、もちろん体にとって悪いことです。

病気を放っておくとどんどん悪化するように、にきびも放っておくとどんどん悪化します。

皮膚の赤みが増したり、痛みやかゆみがひどくなったりします。

最悪の場合、にきびの陥没跡ができ、一生涯、残り続けることもあるのです。

「にきびは思春期のシンボル」という言い訳で、肌の病気から逃げないことです。

そうした気休めの言葉に流されるか、立ち向かうかです。

今一度「にきびは病気である」という認識を持ちましょう。

にきびができるのは、何かが悪い証拠です。

にきびは、肌の病気です。

病気であると認識した上で、改善に向けて意識することが大切なのです。

2016年02月14日

濡れた髪をくしでとかすから髪がぱさぱさになる

美容院で髪を切ってもらうとき、腕のいい美容師には、ある特徴があります。

髪を乾かすときです。

a0001_017416.jpg

髪を大切に思っているのなら、必ずドライヤーで乾かしてから、くしで髪をとかしているはずです。

もし気にしたことがなければ、今度、美容室でチェックしてみましょう。



「髪が濡れているときにくしでとかしたほうが、きれいにできるのにな」


そう思ったことはありませんか。

さりげない瞬間ですが、大切な意味が込められています。

たとえば、お風呂から上がって、髪をとかすとき、タイミングが大切です。

濡れたままの髪のほうが、くしの通りがよくて、髪をとかしやすいと感じます。

しかし、くしの通りがよいとはいえ、濡れたままの髪をくしでとかすのはよくありません。

髪が濡れている間は、キューティクルが開いたままであり、刺激に弱い状態です。

濡れている髪を、無理にくしでとかそうとすると、傷めやすくなります。

髪が悲鳴を上げて、泣いています。


髪がぱさぱさだから、髪が濡れているときに、くしでとかすのではありません。

髪が濡れているときに、くしでとかすから、ぱさついた髪になるのです。

くしとの摩擦で髪のキューティクルが傷みやすくなり、水分やタンパク質が失われてしまうのです。

お風呂上りで髪が濡れているときは、ドライヤーなどで乾かしてから、くしでとかすようにしましょう。

そのほうが、髪の健康が維持できます。


髪のことを大切にしようとする美容師ほど、必ず髪が乾いてからくしを使っているはずです。

美容師がわざわざドライヤーで乾かしてから、髪をくしでとかすのは、髪を大切にしようとする意味が込められているのです。


にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

濡れた髪を自然乾燥させるのは髪を傷める

お風呂から出た後、濡れた髪はどう乾かしていますか。

乾かすのが面倒だと思う人は、自然に任せて、自然乾燥をしている人も多いのではないでしょうか。

自然乾燥のほうが「自然」というキーワードが含まれているせいか、髪の毛によさそうな気がします。

しかし、あまりいいことではないのです。

髪を洗った後、自然乾燥で濡れたまま放っておくと、髪が傷みやすくなります。

髪が濡れている間、キューティクルが開いたままの状態になります。

キューティクルが開いたままでは、髪の内側にある保湿成分やタンパク質などが抜け出し、ぱさついた髪になってしまうのです。

濡れたままの髪で寝てしまうと、枕との摩擦によって、髪が傷みやすくなります。

朝の寝癖は、すごいことになっているに違いありません。

もちろん、髪が濡れていれば、風邪も引きやすくなるでしょう。

では、どうすればいいのでしょうか。

お風呂から出た後は、タオルで押さえ、髪の水分を軽く拭き取りましょう。

その後、髪から30センチ以上離したところから、ドライヤーで乾かしましょう。

お風呂から上がれば、できるだけ髪を乾かすことで、髪のぱさつきを抑えることができるのです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村