2016年01月05日

なぜイライラするのか

可愛さ半減「イライラ」の原因と対策を6つご紹介します。

a1640_000396.jpg

1.「環境の変化」によるもの


就職や転職、引っ越しなどがあると、人はストレスを感じるもの。「環境の変化に強い」なんていう人はごく稀で、大多数の人が「環境の変化に弱い」のです。

しかし、「負けてたまるか」という気持ちを持ってしまうのは逆効果。イライラが募る一方です。

そこでオススメなのが「自分の休憩所」を探すこと。カフェでもいいですし、公園やスポーツジムでもOK。時間がある時に足を運べば、イライラが軽減されるはずですよ。


2.「恋人との関係」によるもの


恋人との仲が上手くいっていないと、イライラして仕方ありませんよね。

価値観の違いや、ちょっとした喧嘩であれば、距離を置いて様子を見ましょう。時間が経てば、お互いに落ち着くことができることでしょう。

しかし、暴力(DV)の場合は話が別。ただちに、公的機関に相談しましょう。


3.「友達との関係」によるもの


気が合わない友達がいると、どうしてもイライラしてしまいますよね。

けっして、あなたも友達も悪くありませんので、喧嘩をすることだけは避けましょう。悪いのは、相手と友達の「相性」なのです。

というわけで、「この人とは深く関わらない」や「相手がどう思っていようと、私は友達とは思わない」と割り切りましょう。

そうすれば、平穏な日々が訪れるはずです。


4.「家族との関係」によるもの


恋人や友達と違い、家族と縁を切ることは難しいもの。ですから、イライラが収まらないのは不思議なことではありません。

まずは、「なぜ家族と上手くいかないのか」を考えましょう。そのうえで、家族会議を開いたり、公的機関に相談をしたりしましょうね。


5.「職場の人間関係」によるもの


職場の人間関係は、とっても複雑。「後輩が仕事を覚えてくれない」や「同僚と連携が上手くいかない」など、様々な問題が出てきますよね。そんなときは、信頼できる上司に相談し、解決策を考えてもらいましょう。

また、上司からのパワハラ、セクハラを受けている場合、会社の上層部や公的機関に相談しましょう。イライラを溜めこんだり、落ち込んだりしないでください。あなたはけっして悪くありません。


6.「PMS(月経前症候群)」によるもの


生理前の女性の心はデリケート。ホルモンのバランスが乱れ、PMS(月経前症候群)に陥ることがあります。主な症状は、イライラ、落ち込み、眠気などです。

好きなものを食べたり、趣味に没頭したりすれば治る人もいますが、そうでない人も沢山います。そこでオススメなのが、低用量ピル。避妊薬として使われますが、ホルモンバランスを調整する働きもあります。

一度、産婦人科で処方してもらってみるのも良いかもしれませんね。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4591162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
今だけの価格で美容体験!
マツエク要らずで目力アップ♪
日焼け止めは飲むのが常識!
薄毛の悩みは女性にも・・
ご飯の糖質が気になる人へ
最新記事
カテゴリーアーカイブ
おすすめリンク集
にほんブログ村 美容ブログへ