広告

posted by fanblog

2020年07月12日

「アップグレード」映画の感想

最近、映画アップグレードを観ました。

ストーリーは近未来の世の中で車も自動運転する時代。

ある日主人公は取引先に修理した車を届け、帰りに妻と共に妻が乗るAI搭載車で帰ります。しかしAIのトラブルで交通事故に会ってしまいそこにいた男たちに妻は殺されてしまい、主人公も全身麻痺になってしまいます。

生きる希望を失っていましたが取引先の最先端のチップを主人公に埋め込むことでAIの補助で全身が動くようになります。またAIは主人公をサポートするように主人公の脳内に話しかけます。このサポートを使って主人公は妻を殺した犯人探しに出ます。

ここまでが物語のあらすじですが、全体を通して凄く面白かったです。

まず体動かす機能を失い自分一人では体を動かせない主人公がAIによって体を動かしてもらっているという演技が凄く上手く、自分の意志では動かしていない動きと表情がまさに『動かされている』という状態で違和感が無く見れました。

またストーリーのテンポも良く犯人を追うために主人公が次から次にトラブルを起こしたり予期せぬ事態に発展し、緊迫する場面が続きハラハラする展開が続き最後まで飽きずに見ることが出来ました。

一番肝心なストーリーですが、全て仕組まれていて最初から全て繋がっていたことから犯人自体は途中で読めるかもしれませんが、最後のエンディングがどうなるか全く読めませんでした。

また実際にエンディングまで見ると「こういうエンディングに持っていくのか」と映画を結構観ている自分でも驚愕するラストでした。

この映画を通して現在飛躍的に進歩するAI技術に対しての警鐘の一つを感じました。

人をサポートする反面、学習したAIが危険性を伴うことを感じさせてくれる映画だと思いました。
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10024748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト
最新記事
カテゴリーアーカイブ
※見なきゃ損!オススメリンク
にほんブログ村 美容ブログへ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。