2016年02月14日

濡れた髪をくしでとかすから髪がぱさぱさになる

美容院で髪を切ってもらうとき、腕のいい美容師には、ある特徴があります。

髪を乾かすときです。

a0001_017416.jpg

髪を大切に思っているのなら、必ずドライヤーで乾かしてから、くしで髪をとかしているはずです。

もし気にしたことがなければ、今度、美容室でチェックしてみましょう。



「髪が濡れているときにくしでとかしたほうが、きれいにできるのにな」


そう思ったことはありませんか。

さりげない瞬間ですが、大切な意味が込められています。

たとえば、お風呂から上がって、髪をとかすとき、タイミングが大切です。

濡れたままの髪のほうが、くしの通りがよくて、髪をとかしやすいと感じます。

しかし、くしの通りがよいとはいえ、濡れたままの髪をくしでとかすのはよくありません。

髪が濡れている間は、キューティクルが開いたままであり、刺激に弱い状態です。

濡れている髪を、無理にくしでとかそうとすると、傷めやすくなります。

髪が悲鳴を上げて、泣いています。


髪がぱさぱさだから、髪が濡れているときに、くしでとかすのではありません。

髪が濡れているときに、くしでとかすから、ぱさついた髪になるのです。

くしとの摩擦で髪のキューティクルが傷みやすくなり、水分やタンパク質が失われてしまうのです。

お風呂上りで髪が濡れているときは、ドライヤーなどで乾かしてから、くしでとかすようにしましょう。

そのほうが、髪の健康が維持できます。


髪のことを大切にしようとする美容師ほど、必ず髪が乾いてからくしを使っているはずです。

美容師がわざわざドライヤーで乾かしてから、髪をくしでとかすのは、髪を大切にしようとする意味が込められているのです。


にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

濡れた髪を自然乾燥させるのは髪を傷める

お風呂から出た後、濡れた髪はどう乾かしていますか。

乾かすのが面倒だと思う人は、自然に任せて、自然乾燥をしている人も多いのではないでしょうか。

自然乾燥のほうが「自然」というキーワードが含まれているせいか、髪の毛によさそうな気がします。

しかし、あまりいいことではないのです。

髪を洗った後、自然乾燥で濡れたまま放っておくと、髪が傷みやすくなります。

髪が濡れている間、キューティクルが開いたままの状態になります。

キューティクルが開いたままでは、髪の内側にある保湿成分やタンパク質などが抜け出し、ぱさついた髪になってしまうのです。

濡れたままの髪で寝てしまうと、枕との摩擦によって、髪が傷みやすくなります。

朝の寝癖は、すごいことになっているに違いありません。

もちろん、髪が濡れていれば、風邪も引きやすくなるでしょう。

では、どうすればいいのでしょうか。

お風呂から出た後は、タオルで押さえ、髪の水分を軽く拭き取りましょう。

その後、髪から30センチ以上離したところから、ドライヤーで乾かしましょう。

お風呂から上がれば、できるだけ髪を乾かすことで、髪のぱさつきを抑えることができるのです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

「表皮のしわ」と「真皮のしわ」の違いと対策

「しわなんてどれも同じ」と思っていませんか。

しわには大きく分けて、2種類あります。

 

「表皮のしわ」と「真皮のしわ」です。

 

それぞれのしわに違いがありますから、防ぐための対策も異なります。

順に理解していきましょう。
表皮のしわ

表皮のしわとは、表皮に起こる、浅くて小さなしわのことを言います。

無表情のときは目立ちませんが、表情を作ったとき、目や口周りに細かいしわが寄ります。

「縮緬皺(ちりめんじわ)」とも呼ばれます。

主な原因は、乾燥です。

肌の乾燥によって、一時的にできているだけですので、重要なのは保湿です。

ここで保湿を怠っていると、次に紹介する「真皮のしわ」へと悪化します。
真皮のしわ

真皮のしわは、表皮のしわが、さらに悪化したものです。

真皮のしわとは、肌の真皮で起こる、溝の深いしわのことを言います。

原因は、紫外線や乾燥です。

紫外線や乾燥の影響を長期間受け続けると、真皮のコラーゲンやエラスチンが破壊されます。

肌の折り目が元に戻らなくなり、溝の深いしわが刻まれてしまうのです。

真皮のしわが一度刻まれると、簡単には取れなくなります。

肌の土台部分から変形しているため、保湿をしても、大きな効果が見られません。

ピーリングをしたり、レチノール配合の化粧品を使ったりして、コラーゲンの生成を積極的に促す必要があります。

もしくは、美容皮膚科でヒアルロン酸やコラーゲンなどを注射して、目立たなくさせる方法もあります。

こうなる前に、対策を打つことが大切です。

あなたのしわは、どちらですか。

しわの原因の大半は「乾燥」と「紫外線」です。

若いうちは「保湿」と「紫外線対策」だけでいいと言われるのは、このためです。

しっかり保湿をして紫外線を避けていれば、表皮のしわも真皮のしわも、予防することができるのです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


しわ対策は「コラーゲン配合」より「レチノール配合」のほうが効果的

肌に弾力があるのは、コラーゲンのおかげです。

しわができる根本的原因は、コラーゲンが減ったり傷んだりすることです。

コラーゲンの力が低下すると、肌の弾力も低下して、しわもできやすくなるのです。

そこで、逆の発想があります。

肌の弾力はコラーゲンによるものだと分かれば、しわ対策にも「コラーゲン配合」を選べばいいだろうと連想するのです。

知識を生かした、鋭い着眼点ですね。

ただ残念ですが、実際のところ、高い効果は期待できないでしょう。

保湿の効果は期待できますが、根本的なしわ対策としては、少し的が外れています。

化粧品を使って、肌のコラーゲンを直接増やすのは不可能です。

化粧品で補ったコラーゲンが真皮まで到達して、コラーゲンの一部に再構成されることはありません。

コラーゲンによる保湿効果はありますが、あくまで一時的であり、弾力を根本的によみがえらせるのは難しいのです。

本当にしわ対策を考えるのなら、真皮のコラーゲン量を、根本的に増やす必要があります。

そこで有効なのが「レチノール」と呼ばれる物質です。

レチノールは、ビタミンAの一種です。

レチノールは、コラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞を活性化させる作用があります。

繊維芽細胞が活性化されれば、コラーゲンやエラスチンの生成量が増えます。

コラーゲンやエラスチンを根本的に増やすことができるため、弾力がよみがえります。

結果として、しわを消す効果が期待できるのです。

しわ対策で化粧品を選ぶのなら「コラーゲン配合」より「レチノール配合」です。

ただし、レチノールは注意事項があります。

レチノールは、効果が強いぶん刺激も強いため、使う量や頻度には注意しましょう。

最初は、3日に1回程度の間隔で、少量から使い始めます。

様子を見ながら、数カ月かけて、使用量や使用頻度をだんだん上げていきましょう。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村



しわができる本当の原因は乾燥ではなくコラーゲンの損傷

肌が乾燥すると、しわにつながる。


美容関連の記事ではよく見かける、おなじみのフレーズですね。

これは本当です。

乾燥した肌は、水分が不足している状態です。

表情を作ったときの物理的刺激に弱くなり、しわができやすくなるのです。

ただし、ここでよく誤解されていることがあります。

「しわの直接の原因は乾燥だ。乾燥さえ避けていればしわにならない」と考えるのは早合点です。

たしかに乾燥はしわの一因ですが、本当の原因ではありません。

実は、しわができる本当の原因とは、コラーゲンが傷むことです。

肌の真皮には、コラーゲンというタンパク質が、網の目状に張り巡らされています。

肌の張りと弾力は、豊かなコラーゲンのおかげです。

コラーゲンの弾力が豊富であれば、表情による物理的なしわがあっても、できにくいです。

しかし、ここで悪さをするのが、紫外線です。

コラーゲンが紫外線によって傷ついてしまうと、弾力が弱くなります。

もともとコラーゲンは、体内で生成されるものです。

コラーゲンが損傷しても、すぐ回復してくれればいいのですが、そう単純ではありません。

新陳代謝とはいえ、肌とコラーゲンとでは、決定的に大きな違いがあります。

コラーゲンの新陳代謝は、肌の新陳代謝に比べ、大変遅いことです。

肌の角質は「およそ28日間」で入れ替わりますが、コラーゲンが入れ替わるには「およそ2年から6年」もかかるのです。

コラーゲンが体内で生成されるとはいえ、痛めば、回復に膨大な時間がかかるわけです。

コラーゲンの痛みが回復していないうちに、表情による物理的刺激が加わると、溝が元に戻らなくなり、しわになります。

コラーゲンを傷つける一番の原因は、紫外線です。

しわを作りたくなければ、乾燥を防ぐだけでなく、紫外線も避けることです。

乾燥も紫外線も、肌には大敵だということなのです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村





最新記事
ブログ村参加中!応援クリックお願いします☆ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリーアーカイブ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
管理人とその仲間たちのサイト