2016年02月20日

にきびはれっきとした病気である

「にきびは思春期のシンボル」と言われます。

思春期になれば、皮脂の分泌量が活発になり、成長期を迎えた証しとされています。

事実、思春期を迎えた人たちの多くが、にきびに悩まされます。

同じにきびで悩む友人を見つけては、ほっと安心することもあるでしょう。

そんなにきびで悩んでいる若者に対して、気休めの言葉を耳にすることがあります。

「にきびがあるほうが、若々しい」


「にきびは、あまり気にしないほうがいい」


「若い時期は、誰でもなるものだ」


ちなみに私が学生のころは「大人になれば自然に治る」という変わったアドバイスをもらったこともあります。

「諦めてもいいよ」と言わんばかりのアドバイスです。

「そうか。にきびになるのは仕方ないことなんだな」


気持ちが安らいで「まあいいか」と思いそうになりますが、ちょっと待ってください。

これこそ、にきびがなかなか治らない人によくある勘違いです。

ここが運命の分かれ道なのです。

知られていないことですが、にきびは病気です。

病名「尋常性挫創(じんじょうせい・ざそう)」と呼ばれる、れっきとした皮膚の病気なのです。

アクネ菌が異常に増殖して、肌に炎症を起こす症状です。

病気ですから、もちろん体にとって悪いことです。

病気を放っておくとどんどん悪化するように、にきびも放っておくとどんどん悪化します。

皮膚の赤みが増したり、痛みやかゆみがひどくなったりします。

最悪の場合、にきびの陥没跡ができ、一生涯、残り続けることもあるのです。

「にきびは思春期のシンボル」という言い訳で、肌の病気から逃げないことです。

そうした気休めの言葉に流されるか、立ち向かうかです。

今一度「にきびは病気である」という認識を持ちましょう。

にきびができるのは、何かが悪い証拠です。

にきびは、肌の病気です。

病気であると認識した上で、改善に向けて意識することが大切なのです。

すでに恋人がいる人を好きになってしまっても、 付き合える可能性はわずかにある

「好きになってしまった人には、すでに付き合っている人がいる」


そんなとき、あなたならどうしますか。

a0001_017602.jpg

もう手の出しようがないかと思いますが、そうとは限りません。

低い可能性に懸け「恋人とはうまくいっている?」という話題を出してみましょう。

多くの場合「すごく仲がいい」「ラブラブだよ」という返事が返ってくることでしょう。

付き合っているわけですから、当然といえば当然です。

しかし、わずかな可能性ではありますが、意外な答えが返ってくることがあります。

「いつも喧嘩ばかり」


「すれ違いばかりで悩んでいる」


「別れたい」


意外にも否定的な話が出る可能性があるのです。

別れたければ別れればいいと思うのですが、なかなかそうはいきません。

別れて1人になると、寂しいからです。

喧嘩をよくしていても、1人になると寂しいから、別れたくても別れられない。

そんな状況があります。

そういうとき、わずかな可能性をかけ、告白してみましょう。

その人と別れて、私と付き合ってよ」


「私ならもっと大切にできるよ」


「本当に好きなんです」


相手は驚いた表情をしつつも、少し考え始めるはずです。

確実に新しい相手が見つかる保証があれば、別れても寂しくはありません。

あなたが相手から好印象を持たれていれば、新しい恋の始まりに大きな期待を寄せるでしょう。

もしかしたら相手が告白に応じてくれる可能性があるのです。

仲がよい状態で奪うのはいけませんが、仲が悪い状態であれば、奪う手段もありです。

お互いに幸せになれる道なのです。


伝えるべきタイミングこそ重要

「あなたといると楽しい」と「あなたといるとリラックスできる」は、恋愛を意識させる強力な2大フレーズです。

会話に含めれば、相手を特別視していることを伝えることができます。

会話中であれば、いつ口にしても効果はありますが、より効果を高められるタイミングがあります。

 

「別れ際」です。


a0002_004983.jpg
 

たとえば「あなたといるとリラックスできる」というフレーズを、会話中に言ってしまうとどうなるでしょうか。

嬉しく感じることには変わりありませんが、さらりと流されてしまい、印象に残りにくくなります。

言うタイミングを少し変えて、別れ際に言ってみましょう。


会話中より、別れ際に言うほうが、しんみりします。

別れ際に言う言葉は、会話の中で最も印象的な言葉になります。

これまでの会話内容をまとめるようなニュアンスがあるからです。

「すごく楽しかった。あなたといると楽しいよ。じゃあ、またね」



別れ際に恋愛を意識させるフレーズを使えば、別れ際の後味がよくなり、しんみりした印象が尾を引くのです。

もし「別れ際」に言うのを忘れたとしても、最後のチャンスがあります。

 

「別れた後のメール」です。

 

別れ際に言い忘れれば、別れた後にメールで伝えましょう。

別れ際に言う言葉は、頭に残りやすくなります。

「別れ際」や「別れた後のメール」は、相手の頭に残りやすい絶好のタイミングなのです。



「あなたといると楽しい。リラックスできる」と言えば、特別な存在であるとアピールできる。

恋愛を意識させる2大フレーズがあります。

 

「あなたといると楽しい」と「あなたといるとリラックスできる」です。

 

恋愛がうまい人は、このフレーズを口にしています。

存在を褒める言葉です。


m030079.jpg

相手にとって自分が特別扱いされているような印象を受けます。

恋愛を意識させるフレーズを多用して、相手に恋を意識させるのがうまいのです。




「あなたといると楽しい」というのは、一緒にいると楽しい時間を過ごせたことが分かりますね。

相手に喜ばれているので、また話がしたいなと思うでしょう。

どことなく存在を求められていることが伝わり、嬉しく感じます。



「あなたといるとリラックスできる」と言えば、素の自分でいられると言われているように感じます。

ありのままの自分をさらけ出せると言われているようで、恋愛のニュアンスを感じさせやすいのです。

もちろん相手によりますが、嬉しく思うことには変わりないでしょう。

会話中にこの言葉を含めることで、より異性としての意識をさせやすくなるのです。



あなたの思わせぶりな発言が、相手の度胸や勇気を後押しする

必ずしも、相手が度胸のある人とは限りません。

必ずしも、相手が積極的な人とは限りません。

積極的にデートに誘われたいと思いますが、1回きりの食事で終わりそうになるときがあります。

そういうときには、あなたからのフォローの言葉で助けられます。

a0003_000614.jpg

たとえば、一緒にレストランで食事をしたとき「おいしいね。また来たいね」と言ってみましょう。

言葉の裏が感じられますね。

「また誘ってもいいよ」という許可であり「また誘ってほしい」というアピールが伝わってきます。

自分と一緒にいる時間に喜んでいることが、相手から伝わってきますね。

相手は「また誘っていいんだ」と、ほっと安心します。

あなたから「また来たいね」と言われた相手は、また誘いたくなりますし、誘いやすくなります。

度胸や勇気のない人でも、たちまち度胸と勇気が出やすくなるのです。

そうした雰囲気になるよう、あなたから言葉で働きかけることが大切です。

「あそこのお店が気になるね。今度来るときはあそこに行ってみよう」


「今日は楽しかった。また一緒に遊びに行きたいな」


思わせぶりな発言で、相手の度胸や勇気を後押ししましょう。



最新記事
ブログ村参加中!応援クリックお願いします☆ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリーアーカイブ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
管理人とその仲間たちのサイト