広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年01月24日

【広告】覇邪の封印(FC)

FC版の「覇邪の封印」の広告です。
覇邪の封印は元々はパソコン用ソフト(PC88)で、その移植として出たものです。
セガマークIII版はCMも沢山見ていましたが、FC版はCMあったのかな…?

haja.jpg
ハードな雰囲気のあるゲームですが、コミカルなSDキャラを配置することで、少々子供向けっぽくしているのかと思われます。が、どうだったのでしょうか…
特製マップとフィギュアがカセットとセットになっていて、それで広大なマップを歩いている感覚を出すようにしているのは面白いかと思います。

記載されている紹介文はコチラ

平和な世界に突如訪れる暗黒! かつて、先史の勇者イアソンにより封じられた異次元の門が開かれたのだ。大挙して侵入する異次元獣の軍団! 平和だった国も今は恐怖と絶望に支配され、荒廃の一途をたどった――。異次元の門を封印する唯一のもの、“覇邪の封印”を求めて、聖アルカス公国から勇者アーガスが旅立った――。



覇邪の封印



posted by kutushita at 19:57 | TrackBack(0) | アスキー

【広告】リップルアイランド(FC)

FCソフト「リップルアイランド」の広告です。

ripple.jpg
パッケージイラストかな? と思っていたイラストですが、パッケージはまた違うものでした。
このイラストだけで、動物と人(小人)との世界観が良い雰囲気で伝わるのではないかと思われます。

掲載されている紹介文は以下の通りです。

人間と動物たちが平和に暮らすリップルアイランドに事件がおきた。さらわれたナサレル王女を助ければ、王女と大金が手に入る。主人公カイルはふしぎな少女キャルと、一かく千金を夢みて旅にでた……。キミの智恵と想像力の限界をためす、アニメーション・アドベンチャーゲーム「リップルアイランド」堂々デビュー!

サン電子さんの広告は大体資料請求券があって、それを送るとチラシカタログとグッズが貰えた思い出です。ありがとうございました。




リップルアイランド




リップルアイランド [3DSで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]




メモリアル☆シリーズ SUNSOFT Vol.4




posted by kutushita at 19:01 | TrackBack(0) | サン電子

【広告】ふぁみこんむかし話 新鬼ヶ島(FC)

FCディスクシステムで販売された、「ふぁみこんむかし話 新鬼ヶ島」の広告です。
後編のパッケージイラストを使用したものですが、この時点ではまだ発売はされていませんでした。

onigasima.jpg
下方にテレホンサービス一覧があるのが時代ですね… 




新鬼ヶ島 ふぁみこんむかし話 前編 【ファミコンディスクシステム】




新鬼ヶ島 ふぁみこんむかし話 後編 【ファミコンディスクシステム】




ファミコンミニ ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前後編




ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島(前後編) [3DSで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]



posted by kutushita at 18:28 | TrackBack(0) | 任天堂

【広告】北海道連鎖殺人オホーツクに消ゆ(FC)

FCソフト「北海道連鎖殺人オホーツクに消ゆ」の広告です。

ohotsuku02.jpg ohotsuku01.jpg
左画像が週刊少年ジャンプの表紙裏(表2)、右画像がファミリーコンピューターマガジン裏表紙裏(表3)に掲載されていたものです。
左画像はゲームのパッケージを、右画像はゲーム中シーンを描いたものをレイアウトした形になっています。

記載されている紹介文は以下の通り。

ある朝、東京湾に男の水死体が浮かび上がった。身元不明、推定年齢40歳前後。そして事件は、北海道へと進む。釧路、網走、知床、紋別……。道東を中心に連鎖していく第2、第3の殺人。摩周湖で微笑んだ謎の女性は、事件と関係があるのか!? 紋別沖に沈んだ船の秘密とは!? アニメーション効果をフルに使ったグラフィックス画面で、ストーリーはどんどん展開。ファミコン初!!北海道の大自然が舞台の、超大作ミステリーロマン、ついに登場。



オホーツクに消ゆ




posted by kutushita at 18:15 | TrackBack(0) | アスキー

2019年11月23日

【チラシ】悠久のエデン(PS)

PSソフト「悠久のエデン」のチラシです。
A3サイズを真ん中で折って、A5サイズにしている形式となっています。

eden01.jpg 
表紙になっている部分です。

モニターの中で起きる“冒険ロマン”をありのままに現実の世界へ――
「見せる」、そして「体験させる」ことにこだわった新感覚RPG。
 時の狭間“悠久の海”に浮かぶ7つの島をめぐる壮大なストーリーが、「刻」の伝説とともに、今、その扉を開ける

というあおりとストーリー。
このちらしに描かれているのが、7つの島なのかもしれません。

が、こちら大変に画像の解像度が低く、実物のチラシで見てもどれもガビガビな状態で大変勿体なく…
さらに、タイトルロゴ部分もボヤボヤガビガビという残念な仕上がり。
他のページに掲載されているキャライラストはちゃんとしているのに、どうしてこうなってしまったのか。

eden02.jpg
こちらが裏表紙になっている部分。
登場するキャラクターたちとイラストと名前、簡単な紹介が掲載されています。
どのキャラもかわいらしくて魅力的。ゲームはプレイしてないので、どんなかんじだったのか気になります。

eden03.jpg
見開きでゲーム画面をたくさん掲載して、ゲームシステム的なところの紹介。
箱庭的マップで回転させつつアクションして進んでいく感じですかね?



悠久のエデン



posted by kutushita at 18:13 | TrackBack(0) | アスキー
プロフィール
kutushitaさんの画像
kutushita
ゲーム音楽スキーなヌルゲーマーです。 自分が今まで気に入ってコレクションしてきたチラシ、雑誌広告を紹介していきます。 ブログ本館はコチラ
プロフィール
写真ギャラリー
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。