グリーンパーク山東キャンプの記録 高規格オートキャンプで快適キャンプ: ファミキャンGo!!

2018年08月20日

グリーンパーク山東キャンプの記録 高規格オートキャンプで快適キャンプ

関西でも人気の高い、グリーンパーク山東でキャンプしてきました。

グリーンパーク山東は滋賀県の琵琶湖の北東は米原にあるキャンプ場です。
平地のキャンプ場で、遊具、お風呂、オートキャンプとファミキャンに嬉しい3拍子がそろったキャンプ場です。
米原インターチェンジから20分程度。
車で5分県内にスーパー、コンビニありと至れり尽くせり。
初心者でも安心してキャンプできます。

※キャンプ場から望める伊吹山※
IMG_9385.JPG



さて、事前に下調べ。

キャンプ場のエリアマップ
※画像クリックで拡大します※
CTHL7315.JPEG
グリーンパーク山東にはフリーサイトとオートサイトがあります。
今回は小さな子供がいるので、オートサイトを予約しました。

事前調査によるとオートサイトは場所によって広場前と施設・駐車場前がある。
とのことで、伊吹山が見える広場前がお薦めとのこと。

グーグルマップでも確認してみました。
※画像クリックで拡大します※
santo.jpg
右から順に
1番から9番が広場前。
10番から14番が施設前。
15番から18番が駐車場前。
9番が中区画、18番が大区画。
その他は小区画になります。

今回は夏休みのハイシーズンで殆ど予約済み状態。
でも、たまたま9番の中区画が開いていました。
小区画でも十分な広さのようですが、眺望も良いことから、ちょっと贅沢ですが中区画にしました。

当日、準備をしてレッツゴー
かなりの猛暑のため、クーラーボックスにクーラーバックをINして食材を詰めました。
IMG_9271.JPG

相変わらずのラゲッジパンパン状態。
IMG_9273.JPG
ロッジシェルターフルセットに、クーラーボックス(スチールベルト)
椅子とテーブルセット、その他諸々。

高速で途中休憩しながら、昼前に到着しました。

場所は平地で、のどかな田園風景。
IMG_9547.JPG
広い敷地で施設も綺麗です。
IMG_9549.JPG

オートサイトのチェックインは14:00からなので、それまで時間を潰します。

キャンプ場の向かいにある、山東幼稚園が一般解放している遊具(天狗の丘)
IMG_9312.JPG
ただの幼稚園の施設とは思えない規模のアスレチックがありました。
IMG_9315.JPG
IMG_9322.JPG
IMG_9318.JPG
IMG_9320.JPG
IMG_9319.JPG

その後、お昼ご飯の時間になったので、キャンプ場内のレストランへ。
IMG_9299.JPG
しかし、ランチタイムは平日のみ!!
仕方がないので、近くのコンビニ(車で5分ほどのファミリーマート)で昼食を調達してその辺で食べました。

その後も少し時間があったの、ドラゴンスライダーに滑りに行きました。
IMG_9348.JPG
急な山道を登っていくと、100メートルほどのローラースライダーが出現
IMG_9355.JPG
山の上には小さなアスレチックもありました。
IMG_9359.JPG
IMG_9358.JPG
滑り出しからの風景。かなり急でスピードがでます。
IMG_9366.JPG
そのまま滑るとお尻が痛いので、芝滑り用のスライダーか、段ボール、ビート板などが必須です。
※こんなやつ


あと、軍手があると手でブレーキがかけられるので重宝しました。
IMG_9584.JPG
次男(2歳)は一人では無理でしたが、長男(5歳)は、何度も滑っていました。

その他にも、本格的なアスレチックもあるそうです。
IMG_9307.JPG
IMG_9309.JPG
こちらは有料で200円。
対象年齢は小学生以上で、幼児は危ない。
と書かれていたのでやめておきました。
もう少し子供が大きくなったら喜びそうです。

さて、そうこうしている間にチェックインの14:00になったので受付で手続きをします。
IMG_9550.JPG
手続きを済ませると、キャンプ場の電源ボックスの鍵と水道の蛇口を預かります。
また、場内の地図もいただけます。
IMG_9377.JPG
キャンプ用品やレンタル品も豊富にありました。
IMG_9375.JPG
近くのお店でも買えますが、買い忘れがあった場合は助かりますね。
IMG_9376.JPG
IMG_9374.JPG

そして、いよいよキャンプ場へ。

ここが今日の我が家になります。
IMG_9281.JPG
中区画とのことですが、テントが4張ぐらい張れそうな広さ。
IMG_9578.JPG
駐車スペースも3台分ぐらいの幅があります。
今回は目隠しのため、横向きに止めてみました。
IMG_9387.JPG
備え付けの水道、かまど。
IMG_9285.JPG
電源ボックス。
IMG_9286.JPG

古い情報では、ベンチとテーブルが備え付けのようでしたが、2018年夏現在はありませんでした。
また、駐車場とサイトの境界に縁石がありましたが、撤廃されていたのでより広く使い勝手が良くなりました。

サイト前の広々とした広場。評判通り、伊吹山が綺麗です。
IMG_9385.JPG
ロッジシェルターとリビングを設営したところ。
広さを持て余してしまいました。
IMG_9399.JPG
サイトは東向きです。
昼以降は木陰になって涼しいので、屋根の外にリビングを設営しました。
IMG_9405.JPG
サイトの奥側左はトイレで小さな子がいる我が家は大助かり。
裏側はフリーサイトです。
3面の生垣があるため、プライベートが守られていてとても良いです。
IMG_9555.JPG

さて、設営が終わったので、キャンプ場内を散策に行きます。

他のオートキャンプ場の様子

施設前の10番〜14番サイト
IMG_9290.JPG
駐車場前の15番〜17番サイト
IMG_9381.JPG
眺望は広場前がやはり良いです。
IMG_9509.JPG
どのサイトも区画が綺麗でした。
IMG_9552.JPG
小区画も結構な広さ。
IMG_9512.JPG

次にフリーサイトを散策

開けた場所のフリーサイト
IMG_9442.JPG
東屋もあります。
IMG_9495.JPG
炊事場は真ん中らへんに2箇所
IMG_9455.JPG
シャワー付きの手洗い場は水遊びの後に便利ですね。
IMG_9457.JPG
かまどもあります。
IMG_9490.JPG
サイトの真ん中に人口の川が流れていました。
IMG_9445.JPG
どろんこ池で水遊びもできます。
IMG_9464.JPG
底がモケモケになっているのでちょっと躊躇しますが、水質は綺麗で足が汚れることはありませんでした。
IMG_9460.JPG
池のほとりには小さな子供向けの遊具もあります。
IMG_9617.JPG
遊具の近くなら子供を遊ばせながらゆっくりできそうです。
IMG_9616.JPG
謎のトンネル。
IMG_9615.JPG
林間サイトは木陰が多くて涼しいです。奥まった場所になるので、静かに過ごしたい場合はここがお薦め。
IMG_9470.JPG

その他の施設。

サイト内には自動販売機が沢山あります。
小さな子供用の麦茶(カフェインレス)は受付の近くの自販機で売ってます。
IMG_9303.JPG
場所によりますがトイレも最新式で綺麗なところもあります。
IMG_9438.JPG
こちらは9番サイト脇のトイレです。
IMG_9441.JPG

デイキャンプ用のBBQ台
IMG_9440.JPG
IMG_9492.JPG

ロッジ
IMG_9302.JPG
優雅ですねぇ〜
IMG_9305.JPG

テニスコートやサッカー場、室内体育館などスポーツ施設も充実
IMG_9296.JPG
IMG_9300.JPG
IMG_9546.JPG

ファイヤーサークルでキャンプファイヤー可能(要予約)
夜はこの広場でのみ花火が可能です。
IMG_9545.JPG

敷地内に美術館もあります。
IMG_9647.JPG

パンフレットで整備中となっていた場所にグループキャンプ用のサイトができていました。
IMG_9605.JPG
綺麗なシンク付きです。
IMG_9608.JPG

水遊びしたり、虫取りしたりしている間に夕方に。

少し早めにお風呂に行きました。
お風呂は鴨池荘という宿泊施設にあります(有料)。
IMG_9298.JPG

残念ながら温泉ではありませんが、美肌の湯でツルツルになるそうです。
お風呂は小さ目ですが内風呂と露天風呂があります。
また、脱衣所、洗い場がかなり狭いです。
ピークタイムは外した方が無難だと思います。

晩御飯はサイトに戻ってかまどで調理したかったのですが、ここでトラブル。
受付で薪が売っているのですが、受付が17:30で閉まっていて購入できませんでした。
IMG_9551.JPG
薪が必要な方は受付と同時に購入することをお勧めします。

仕方がないので、ウッドストーブで炭と枝を燃料に調理しました。
IMG_9521.JPG
ローストチキンとスペアリブ。もう段取り悪くて適当です。
IMG_9523.JPG
ゴミは持ち帰る必要がありますが、灰はかまどに捨てておけば回収してくれるそうです。
なるべく燃えるゴミは焼却して減らしました。
IMG_9533.JPG
水道が近くにあるのは小さな子がいる身だと本当に便利。
IMG_9532.JPG

夜は花火をして晩酌をして。

次の日も思いっきり遊んで帰りました。

<総評>
評判の通り、綺麗で使い勝手の良いキャンプ場でした。
特にファミリーにはお勧めです。個人的には再訪確定です。

大人だけや子供が大きい場合は雰囲気が良いのでフリーサイトが断然お薦め。
オートサイトの場合は1〜9までの広場前が眺望が良いのでお薦め。

お風呂はピークタイムを外す。
薪は早く買う事w
ウッドストーブがあると燃料切れても安心。

6月辺りは蛍も見れるそうです。

以上、グリーンパーク山東のレビューでした。


【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8012532
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプの記録 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場の記録 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場の記録 福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプの記録 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品