シアトルスポーツのソフトクーラーバック23QT サンドカラーを入手しました。: ファミキャンGo!!

2018年03月22日

シアトルスポーツのソフトクーラーバック23QT サンドカラーを入手しました。

8062584D-F62F-4FBF-8415-45182605444E.jpeg
キャンパーから絶大な人気を誇るシアトルスポーツのソフトクーラーバック。
去年の新色のサンドカラーは瞬く間に売り切れて、欠品状態が長く続いていました。
ですが、最近になって、ようやく在庫状況が安定してきたようです。
以前から小さめのクーラーバックが欲しかったので、暖かくなって品薄になる前に購入しました。
シアトルスポーツのソフトクーラーバックは軽量で保温性の高いクーラーバックとして定評があります。

カラーリングとサイズ展開がとても豊富。

サイズは12Qt、19Qt、25Qt、40Qtの4種類。

カラーは青・赤・黄・白の4色。

さらに、去年サンドカラーと23QTサイズが追加となりました。

<詳細>
■12Qt
 サイズ:高さ29.2cm×横幅20.3cm×奥行き20.3cm
 重量:600g 容量:約11.3L

■19Qt
 サイズ:高さ25.4cm×横幅33cm×奥行き22.8cm
 重量:680g 容量:約18L

■23Qt
 サイズ:高さ29.2cm×横幅33cm×奥行き22.9cm
 重量:800g
 容量:約21L

■25Qt
 サイズ:高さ20.3cm×横幅48.2cm×奥行き27.9cm
 重量:1496g
 容量:約23.6L

■40Qt
 サイズ:高さ30.4cm×横幅48.2cm×奥行き27.9cm
 重量:1542g
 容量:約37.8L

今回は新たに追加されたサンドカラーの23Qtサイズを購入しました。
28B8EA3A-3FCC-4839-8BD2-2CE95F22774F.jpeg

実は某SPブランドもOEM版として出していることは有名な話。
100000001001608515_10204.jpg
ジッパーとストラップの色以外は機能的な差はありません。
以前はオリジナルには落ち着いた色味が無かったのと、SPのOEM的には珍しく値段が良心的な設定だったので、SP版でも良いかなと思っていましたが、今回23Qtという使いやすいサイズとサンドカラーがでたのが決め手になりました。

気軽に持ち運びやすいサイズ感。
34E08000-2059-43E7-A753-5AF54A3DF1FC.jpeg

畳むとかなりコンパクトになります。
0A06B773-5976-4755-A3DA-79E2E21B8572.jpeg

メイドインUSAのタグ
0977E3D6-8A23-42A8-9B3B-059265C93EDA.jpeg

底面もしっかりとしています。
外側は電磁波で溶着された、19オンスのビニール素材の生地しているとのこと。
F96001D7-1819-43E2-BBB7-2A9A840B6606.jpeg
ジッパーはダブルジッパー
D077B296-E0D9-4F0B-9158-D01A207CAC20.jpeg
内側は保温効率の高い空気孔の付いたアルミ製特集断熱。
9E358EE0-532F-4FC6-ADC9-90B8F1D9E927.jpeg
蓋の裏も断熱材がしっかり。
AFB51998-1CA0-4415-A33D-B69FBFB01860.jpeg
保冷材(LOGOS氷点下パック)がピッタリサイズ。
370C6FB0-4556-402E-9EB1-23A11274FD93.jpeg
保冷材は縦でも入りました。
246B1ADF-0CE7-4431-89A9-E8DFCD16CAD6.jpeg
保冷材を入れた状態で
350mlの缶が縦3×横4×2段=24本
500mlのペットボトルが12本
が入ります。
75BEB2B7-A5BB-439C-B806-A0E56810D5FD.jpeg
5EFD4579-C49F-4A3C-9D06-2A113FE6FE95.jpeg
さすが新規追加されたサイズ。使い勝手が良いサイズになっています。
35リットルサイズのクーラーバックとの比較。
76AFF2B9-F173-4396-9BD4-890A52D90040.jpeg
かなり小さく感じます。これならピクニックなどにも気軽に連れ出せそう。
BCD024A3-EA47-4238-91E6-FF2EAEAB5207.jpeg

ちなみに、折りたたみの時は広がり防止のために、マジックテープがあると便利です。
350F2530-400F-4A3C-9DE0-71966CCDAC89.jpeg
これなら車のトランクに常に積載していても邪魔になりません。
0814BA4F-488E-4706-8196-7C2992B6C2BA.jpeg

夏になると人気のクーラーバックは品薄になるので、欲しい方は今の内にゲット推奨です。
ハードクーラーを持っている人も、このサイズはサブとして重宝すると思います。
お弁当入れたり、花見にビール持って行ったり大活躍の予感。



【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7465993
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプのレビュー 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場のレビュー 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場のレビュー福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプのレビュー 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品