2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて: ファミキャンGo!!

2018年03月07日

2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて

我が家はキャンプ用の暖房アイテムがまだないので冬場は休眠状態。
春が来るの今か今かとたのしみにしていました。

そしてようやく先週末は三月になって間もないのに気温20度という暖かさ。
天気も良くって最高のキャンプ日!!

早速、今年初めてのBBQに行ってまいりました。

デイキャンプだったのでリビングセットだけ設営。

今回はデイキャンプ用の簡単設営セットにしました。
・BBQコンロはユニフレーム ユニセラ
・椅子はコールマンのフォールディングチェア・ベンチ
・テーブルは自作テーブル+ユニフレーム 焚火テーブル×2
・棚にユニフレーム フィールドラック×2
9B68AD14-D42E-440D-952A-431A3AAE5821.jpeg

コンロのユニセラはファミリーでのデイキャンプではこれがあれば十分。
子供の面倒見ながら卓上で焼肉ができるので我が家では必須アイテムです。
アルミホイルを内側にまいておけば片付けも超簡単


折りたたみの椅子は嵩張りますが組立不要なので、到着して直ぐ設置、荷物置きにもなるので便利。
やはり定番のようでフィールドでも同じタイプのものをよく見かけました。



焚火テーブルと高さを合わせたテーブルとの組合せは、L字にしたり横並びに拡張したりと状況にあわせてレイアウトが組めるので気に入っています。

焚火テーブルと組合せて使えるテーブルはこちらがお薦め


フィールドラックはクーラースタンド、炭置きなどに使える万能ラック。
縦積みにすればテーブルとしても丁度良い高さ。
片付けの時は網目を活かして洗い物の水切りにもなります。


今回は流石にタープはまだ早いだろうと思っていましたが、陽射しが強くて少し暑過ぎる位でした。
四足のカンタンタープだけでも持って来たらよかったと後悔。


今年もデイキャンプはこのスタイルで行こうかと思います。

後はそろそろ子どもが大きくなってきたので、お泊りキャンプの強化と出来れば冬支度(早くない?)を始めたいな、とも思っています。

そこで、気になっているのが、フルクローズできるトンネルテントやシェルターテント。
特に小川キャンパル(OGAWA)の新作T/Cテント達が猛烈に気になっています。

しかし、高額な値段も気になるところですが、一番の気になるポイントはその収納サイズ。
実際にお店に見てきましたが、想像以上に大きい・・・

上からモノポールテントのグロッケT/C、トンネルテントのアポロン、ロッジシェルターT/C
E9B88B9B-F05B-4F28-9027-8EDDC2E47FE8.jpeg

ドン・ドン・ドーン!!っって感じのスケール感ですね。

アポロンの展示もあったのでチェック。

スノーピークのランドロックを一回り小さくした印象。
リビングはインナーを吊るしてもファミリー4人で十分なスペース。
065D5B55-91C8-4F7E-BBAF-8D19F4369823.jpeg
印象的だったのがそのしっかりとした作り。
トンネルテントは横のポールだけなので頼りない感じがしましたが、流石、職人小川のテント。
縦方向のしっかりとしたポールが頼もしいです。
FB2F70E6-6DEA-4F66-9BC2-6DA0E240DB3E.jpeg
標準でフライシートとインナーが付いているのも良いですね。
D9E19A56-FB10-4708-A87F-4BD280830C3F.jpeg
サイドパネルの跳ね上げ用のグロメットも確認できました。
665C6995-F17D-464C-B432-86767C67995F.jpeg

色味も品質も良いので入手困難なレイサ6スペリオールとか欲しい人は刺さるんじゃないでしょうか。

うーん実物見るとやっぱり欲しくなりますね。



私はロッジシェルターが一番気になっています。
再度パネルがジッパーで結合して大きな一枚ものタープとして跳ね上げが可能。
夏場はコットで寝れちゃう。でもお値段が・・・


モノポールのグロッケはとにかく設営がしやすいと評判が良いですね。
T/C素材のカラーリングはインスタ映えすること間違いなしです。



【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7401783
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプのレビュー 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場のレビュー 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場のレビュー福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプのレビュー 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品