ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦: ファミキャンGo!!

2018年01月10日

ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦

石焼き芋用の石を利用してダッチオーブンで石焼き芋に挑戦したいと思います。

石はキャンパー御用達の鹿番長(キャプテンスタッグ)製3kg
IMG_5968.jpg

ダッチオーブンはユニフレーム スーパーディープ10インチです。



<ダッチオーブンの石焼きいもの作り方>
箱に書いてある作り方の手順は以下の通り。
IMG_5970.jpg

※下準備 石、さつまいもはきれいに洗っておく。
 洗浄した石は十分に乾燥させておく。

(1)ダッチオーブンに石を敷き詰め、フタをしたまま約30分間中火で余熱する。
(2)余熱が終わったらさつまいもを入れ、石で包み込むように並べる。
(3)フタをしたまま、弱火で30分ほど、焼き上げる。

なるほど、余熱30分、焼き上げ30分。一時間ほどですね。

それでは、やってみたいと思います。

<下準備>
箱を開けてみました。普通の丸石ですね。その辺のと違って割れにくいのかな。
IMG_5971.jpg
まずは石の洗浄、ざるとボールに石を入れて。
IMG_5972.jpg
水で洗浄します。お米を洗うようにもみ洗いしました。
IMG_5973.jpg
面倒ですが結構汚れがでます。洗浄推奨。
IMG_5976.jpg
しばらく置いて乾かします。濡れたまま使うと割れるそうです。
IMG_5978.jpg

いよいよ芋を焼いていきます。

(1)石の余熱

石をダッチオーブンに全て入れます。
IMG_5983.jpg
中火で30分。
IMG_5988.jpg
IHだとタイマーセットできるので便利ですね。
IMG_6002.jpg

(2)いもをダッチオーブンに入れます。

一旦、半分ぐらいの石をよけます。
IMG_5992.jpg
芋を石の上に並べて。
IMG_5996.jpg
残りの石を上からかぶせます。
IMG_5999.jpg
10インチのダッチオーブンだと芋の量によっては3kgでは少し石が足りないかも。

(3)芋を焼きます。

弱火で30分焼きます。
IMG_6005.jpg

出来上がり!!
IMG_6027.jpg

ねっとりホクホクして甘い石焼き芋になりました。大成功です。

焼き芋を甘くするには、約60℃〜70℃ぐらいの低温で長時間じっくり加熱するのが重要とのこと。
そうするとサツマイモに含まれる酵素の力で芋のでんぷんが麦芽糖という成分を生成するんだとか。

ちなみに、ダッチオーブンだけだと、水蒸気で芋が一気に過熱されてしまうため、甘くなりにくいそうです。
電子レンジで芋を加熱しても美味しくないのも、急速に加熱し過ぎなのが原因みたいですね。

石の箱にも記載されていますが、石焼きだと遠赤効果でじっくり焼けるので美味しくなります!!

今度は焼き栗なんかもやってみようかな。

今回利用した道具は・・・

キャプテンスタッグ キャンプ バーベキュー BBQ用 焼きいも用石 3kg







【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7180509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプのレビュー 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場のレビュー 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場のレビュー福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプのレビュー 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品