念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。: ファミキャンGo!!

2017年09月08日

念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。

念願のダッチオーブンをとうとう購入しました!!

ユニフレームの10インチスーパーディープです。
DSC_1444.jpg

ダッチオーブン選びは、だいぶと長い間悩みました。

いやー長かった、2年ぐらい悩みましたw

材質(ステンレス or 黒皮鉄製 or 鋳鉄製)、サイズ(10インチ or 12インチ)

★散々悩んだ経緯はこちら★
ダッチオーブン選びに悩む・・・

続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?

ぐるぐるぐるぐる、悩んだ結果

初回は、扱いやすさ、値段など、総合的にみて考えよう。

そして、一番バランスの良いものを、とりあえず買ってみよう。


ということで

10インチサイズ、黒皮鉄製に決定。

結果、ユニフレームの10インチスーパーディープを購入しました。
DSC_1445.jpg

材質では、メンテナンスフリーのSOTO製のステンレスダッチも魅力でした。

しかし、値段が高いのと、調理のしやすさ(熱伝導性が低い)が気になりました。

評判ではステンレスでも不満を持っている人は少ないようですが。

でも、中華鍋とステンレス鍋とでは、鉄の方が熱が全体に満遍なく伝わり焦げ付きにくいと感じていました。

ダッチオーブンでも、炒め物の時は、そういう事もあるかなと思い、そこは定評のあるユニフレームに思いが傾きました。

サイズについては、我が家は大人二人、子供二人(未就学児)

4人のファミリーサイズとしては10インチで十分。

10インチは自宅でも扱いやすいサイズですしね。

12インチはグループでの利用では重宝しますが、その時は皆で複数持ち寄ればやいいや。

調理内容の幅の違いは10インチは鳥の丸焼き、ピザ、パンなどが小さくなるという制限があります。

それもハマってからでも遅くないかな。と。

また、家族だけの利用では、煮炊きもの、揚げ物をする場合、ダッチオーブンの容量が多くなると、大量になってしまう、というデメリットもポイントでした。

あと、最終的には、溢れんばかりのユニフレーム愛。

これに尽きます!!

さて、早速開封してみました。

ダッチオーブンとトートと関連小物をまとめて購入。
小物については随時紹介したいと思います。
IMG_4015.JPG
丁寧な梱包。
IMG_4019.JPG
付属品は説明書きとダッチオーブンのレシピ、そこ網、スタンドた付いていました。
IMG_4020.JPG
底網
DSC_1459.jpg
スタンド
DSC_1456.jpg
炭の上に直接置いたり、ダッチを二段重ねする時に使えるそうです。
DSC_1458.jpg
店で見た時より、それほど大きくない印象。
改めて、普通に自宅でも扱えるサイズだと思います。
DSC_1451.jpg
蓋は上火の炭を置けるように淵が付いています。
DSC_1449.jpg
内側はしっかりとした深さ。
DSC_1452.jpg
ロゴの刻印が美しいです。
DSC_1448.jpg
ハンドルにもロゴが。細かいところがカッコいいです。
DSC_1455.jpg

工業製品で精巧な作りをしているので、蓋と本体の密接度などはピッタリ。
個体差もないのでインターネットでも安心して注文できます。

同封の注意書きにもありますが、溶接部分に少し錆びがあります。
これは使い込んでいるうちになくなるとのこと。

同時に購入した収納ケースについても紹介しておきます。

ユニフレーム純正のダッチトート10インチ用です。
DSC_1485.jpg
ぱっとみ、こんなんで入るのかと思うほどのサイズ。
色味は上のくらい写真の方が近いです。
DSC_1487.jpg
底がしっかりしていて頑丈そう。
DSC_1499.jpg
ダッチオーブンを入れてみました。確かにスッポリ収まります。
DSC_1491.jpg
DSC_1502.jpg
口がメッシュの巾着になっているので、小物を一緒にいれることができます。
DSC_1503.jpg
リフターも収納可能。
DSC_1494.jpg
DSC_1496.jpg
ちょっとポッコリしますが、まだゆとりがあります。
DSC_1500.jpg
ハンドルもしっかりしていて、持ち運びしやすいです。
DSC_1507.jpg

次回のキャンプが楽しみです。

またシーズニングや使用レビューなど紹介したいと思います。

紹介した商品の詳細・購入はこちら




トート、リフター、グローブが付いたお得なセットもあります。


★関連記事★
ダッチオーブン選びに悩む・・・


続、ダッチオーブン選びに悩む。ダッチオーブンの比較とサイズ選び。


念願のダッチオーブンを購入。ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。


ユニフレーム ダッチオーブンのシーズニング


ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!


ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦





【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6678382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプのレビュー 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場のレビュー 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場のレビュー福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプのレビュー 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品