アウトドアの暖房(ストーブ・ヒーター)について調べてみました: ファミキャンGo!!

2016年10月27日

アウトドアの暖房(ストーブ・ヒーター)について調べてみました

そろそろ秋冬の肌寒い季節になってきました。
寒いから今シーズンのキャンプ、BBQはもうおしまい。
と考えている人も多いかと思いますが(私もそうですが)
暖房を充実させればもっと快適に屋外活動が楽しめると思います。

我が家は子供が小さいので、まだまだ本格的なお泊りキャンプは先の話ですが、そろそろアウトドア用の暖房の予習を始めておこうと思います。
スポンサーリンク

種類は大きく分けて以下の2種類。

・ガスヒーター
・石油ストーブ

メリット・デメリットは以下の通り。

パワー:ガス<石油
携帯性:ガス>石油

ファミリーキャンプ用ではやっぱり皆が暖かくなれる石油ストーブが良さそうですね。
ガスはソロキャンプや補助的な扱いだと思います。

我が家の場合ベランダや日中のデイキャンプでの活用もありえるので、とりあえず両方調べておこうと思います。

ガスヒーター

ユニフレーム コンパクトパワーヒーター UH-C
コンパクトパワーヒーター UH-C.jpg
日本製のコンパクトながら-30℃でも燃焼するヒーター

サイズ:約150×150×135mm
重量:約610g
発熱量:750kcal/h
燃焼時間:4時間

コールマン クイックヒーター
コールマン クイックヒーター.jpg
老舗アウトドアブランド、コールマンのヒーター

サイズ:約φ16×17.5(h)cm
重量:約400g
発熱量:660kcal/h
燃焼時間:約8.5時間(レギュラーガス470g缶使用時)

イワタニ カセットガスヒーター
イワタニ カセットガスヒーター.jpg
形と色が可愛いガスヒーター。
イワタニはアウトドア用のカセットコンロも人気ですね。

サイズ:27.2×20×29.4cm
重量:約1.5 kg
発熱量:約900kcal
燃焼時間:約3時間20分

ユニフレーム ハンディガスヒーター ワームII
UF1.jpg
こちらもユニフレームですが、ボンベ2本使いの長時間タイプ

サイズ:約26×18×25.5cm
重量:約2kg
発熱量:600kcal/h
燃焼時間:10時間(最大火力時、2本)

ユニフレームとイワタニはCB(カセットボンベ)
コールマンはOB(アウトドアボンベ)
カセットボンベはコンビニでもどこでも売っているので便利です。

ユニフレーム好きかつ携帯性重視すると「コンパクトパワーヒーター UH-C」が良いかも。

石油ストーブ

フジカハイペット 石油ストーブ
フジカハイペット.jpg
フジカちゃんの愛称でキャンパーから愛されているアウトドアストーブの鉄板商品。

サイズ:幅31.0x奥行31.0x高さ43.2cm
電源:不要
重量:5.5kg
タンク容量:3.6L

トヨトミ レインボーストーブRL-25F
トヨトミ レインボーストーブ.jpg
レインボーの炎が美しく間接照明の代わりにも使えるストーブ

サイズ:幅38.8×奥行38.8×高さ48.5cm
電源:不要(点火用:単2形乾電池×2本)
重量:6.4kg
タンク容量:4.9L

こちらはスノーピークのOEM版
SPレインボーストーブ.jpg

アラジンブルーフレーム
rcmdhl_yp-4962365010314_5.jpg
アンティークな外観が可愛いストーブ。
青い炎で燃焼するそうです。幻想的!

サイズ:幅38.8×奥行40.5×高さ55.1cm
電源:不要
重量:8.5kg
タンク容量:4.1L

石油ストーブはやっぱり定番のフジカちゃんがコンパクトでコスパも高いので良さそう。

石油ストーブはおっさんの世代には懐かしいですね。
よく、お餅や干し芋を上にのせて焼いたり、熱燗したりしたなぁ・・・

ちょっとした野外活動にはコンパクトなガスヒーターが魅力的ですね。
石油ストーブのノスタルジックな雰囲気も味わいたいものです。

他にも以下のようなストーブもあります。

武井バーナー パープルストーブ501A
wins_takei-301a.jpg
「武井」の愛称で呼ばれている、パープルストーブ
ポンピング、プレヒートなどが必要で手間がかかる、いやそれがまた良い。
と玄人好みのストーブ。
灯油ランタンのような感じですね。

アルパカ 石油ストーブTS-77標準
AR-HE-02-main.jpg
コンパクトで可愛いと人気がでてきている韓国製のストーブ

紹介した商品

ユニフレーム コンパクトパワーヒーター UH-C


コールマン クイックヒーター


イワタニ カセットガスヒーター


ユニフレーム ハンディガスヒーター ワームII


トヨトミ レインボーストーブRL-25F


スノーピーク レインボーストーブ


アラジンブルーフレーム


武井バーナー パープルストーブ501A


フジカハイペットは正式代理店でのみの販売となるようです。
一番安いので27,000円
詳細はメーカーホームページにて

アルパカはどこに売っているんだろう・・・



【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5570108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプのレビュー 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場のレビュー 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場のレビュー福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプのレビュー 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品