スポンサーリンク

2017年05月16日

ポップアップテント Quechua (ケシュア) 2 Seconds XL AIR の機能詳細レビュー。キャンプで使い込んだ今だからこそ実感できる、その機能性の高さについて紹介します。

ケシュアのポップアップテントを購入して、これまで十数回程、野外で使用してみました。

使用した感想は、結構使える、いや、かなり使えるぞ!!

という感想でした。

最初はデイキャンプやピクニックの用途で考えていたので、小型の簡易ポップアップシェードよりサイズがかなり大きく、その分、取り回しも面倒なので、ポップアップシェード購入後は、一時期は出番が少ない時もありました。

しかし、夏場や雨が降りそうな時、宿泊キャンプの時に、本格的なテントの機能性と、設営・撤収のカンタンさを兼ねそろえたケシュアが、かなり重宝してきました。

ようは、用途次第ということですね。

今回は改めて、その機能性について紹介できればと思います。

改めて紹介します。

これがケシュアのポップアップテント「2 Seconds XL AIR」です。
IMG_2281.JPG
色々なタイプがありますが、こちらは最近のモデルで
XL=前室付 AIR=通気機能 タイプ
定員は2名と3名モデルがありますが、こちらは3名モデルです。

よくある簡易的なポップアップのサンシェードとは違い、耐久性、耐水性、防風性に優れた、しっかりとしたテントです。

簡単設置の「2 Seconds」という名前ですが、設営まで2秒は正直言い過ぎです。
袋から取り出して、折りたたまれた状態を固定するバンドのバックルを外して。
ここまでに数十秒かかります。

そして、広げるところ〜自立設置させるまでが2秒ぐらい(慣れれば)

という感じです。

その後、ペグダウン。

しかし、通常のテントのようにパイプ組立てて、幕体にパイプを通したり、張縄を張ったり。

などという手間はないので、圧倒的に簡単で早いです。

さて、我が家のケシュアですが、XLモデルなので前室が付いています。
この、前室がかなり使いやすいです。

■広めの前室
靴はもちろん、手荷物をおくスペースにもなります。
IMG_2258.JPG
コールマンの大型クーラー、スチールベルトもスッポリ収まるサイズ。
突然の雨の時は、アウトドアワゴンを丸ごと前室に引き入れることもできました。
IMG_2284.JPG
向かって左側には開閉可能なメッシュの通気口があります。
このおかげで、前室で小さなバーナーぐらいなら利用できます。
IMG_2250.JPG
向かって右側には開閉可能な採光窓があります。
IMG_2252.JPG
雨の日は、ここから外の様子を確認できて便利。
IMG_2251.JPG

この前室が、雨天の時には大活躍しました。
ピクニック利用ではなかなか感じられないメリットです。

次に、通気機能について

ケシュアの2 Seconds Airモデルには豊富な通気機能が備わっています。
※最近のモデルには標準装備のようです。
この通気性能がかなり使えるもので、正直、普通のテント以上の利便性があります。

■豊富な通気機能(ベンチレーション)
前後左右にそれぞれ、通期調整機能があります。
また、全て内側から操作できるという優れものです。

<前方メッシュ>
インナーテントは吊り下げ式になっており、入り口の上半分がメッシュになっています。
※写真は巻き上げしているので解りづらくてすみません。
IMG_2254.JPG
吊り下げ式なので、上部の幕との間に空気の層があり、直射日光の熱を防ぎ、涼しくする効果があります。

<サイドパネル>
左右にはケシュアの特徴的なサイドパネルがあります。

サイドパネル閉じた状態
IMG_2275.JPG
クリップを外すと開けることができます。
IMG_2275.JPG
巻き上げ
IMG_2270.JPG
さらに、張縄を張ってクリップを引っ掛けると、視界を遮りながら通気性も保てます。
IMG_2272.JPG
内部からのアクセスはインナーのジッパーを開けて
IMG_2259.JPG
内側からサイドパネルのクリップを外すことができます
IMG_2260.JPG
内側から巻き上げた状態
IMG_2262.JPG

<後方ベンチレーション>
通常でもベンチレーションがありある程度の通気性が確保されています。
IMG_2287.JPG
さらに、後方も外側の幕を大きくまくり上げることができます。
操作は内部より可能
アウターの固定クリップを外し
IMG_2265.JPG
紐を引っ張ると
IMG_2266.JPG
IMG_2267.JPG
このように後方の幕が上がります。
IMG_2269.JPG

こちらは、特に暑い夏場に大活躍。
ポップアップシェードでは太陽光がダイレクトに幕を伝わり、内部はサウナ状態。
ケシュアは全て開放するとかなり風通しが良く快適でした。
また、内部から操作が完結するのは本当に便利。
中にいながら気温の変化に応じて通気調整できる便利さは、長時間滞在していた宿泊の時に特に感じました。

■その他の細かい気遣い。

ランタンフック
IMG_2257.JPG

小物入れ用のポケット
IMG_2255.JPG
IMG_2256.JPG

■簡単撤収
設営は取り出して、適当に広げればOKですが、ポップアップテントの難題は撤収にあります。
収納時にどう畳んだら良いかわからなくて悪戦苦闘している人をよく見かけますが、ケシュアには、EASYガイドシステムという撤収をサポートする仕組みがあります。
これがかなりの優れものです。

少しだけコツが必要ですが、撤収に慣れればケシュアの出動頻度がかなり増えます。

以下が、ケシュア 2 Seconds の折りたたみ、収納手順です。
上手に折りたたむコツを紹介しながら説明します。

★コツ其の1
最初に外と中の入り口のジッパーを全て開けて、まくり上げて止めておきます。
その他のベンチレーションは閉じておきます。
こうしないと綺麗に畳めないので注意してください。

まず最初に、インナーに入って、内部後方右側にある、赤いバックルを手で掴んで
IMG_2296.JPG
そのまま出口を自分ごと出ます。
IMG_2297.JPG
そうすると、あら不思議、大きな円盤状になります。(少し整形してください)
IMG_2300.JPG
引っ張り出した赤いバックルを右側2つ止めます。
IMG_2298.JPG
黄色い左側のバックルも止めます。
IMG_2299.JPG
黄色いバックルの方を上にして円盤を立てます。
バックルについているガイドロープを手に持って。
IMG_2301.JPG
本体を八の字に捻ります。
IMG_2303.JPG
★コツ其の2
紐は右手に持ち、左手で本体の左側を持ち
そのまま地面に体重をかけて押し倒すと同時に紐を引っ張ると捻りやすいです。
紐の方だけを引っ張っても上手く捻れないので注意。

捻れたら、そのまま貝のように上下を二枚に重ねて閉じます。
IMG_2304.JPG
IMG_2305.JPG
最後は、結構無理やりな感じです。
そのままでは反発して開いてしまうので、バンドを止めます。
IMG_2306.JPG
IMG_2307.JPG
最後にケースに入れてお終い。
IMG_2308.JPG
ケースのジッパーがダブルジッパーじゃないのが悲しいです。
ここはいつも悪戦苦闘します。

ケースの裏には背負えるように肩掛けが付いています。
IMG_2309.JPG

運搬時にかなり便利なんですが、これを背負うと亀みたいで恥ずかしいです(汗

以上、ポップアップテント ケシュアの紹介でした。

購入検討時の参考になれば幸いです。


2017年05月09日

トミカ とびだす! おかたづけ立体マップ

最近完全にキャンプ道具レビューのブログになっていましたが、久しぶりにおもちゃのレビューです。

子供の日のプレゼントにトミカの立体マップを買いました。
IMG_2417.JPG
ハンドル付の箱型になっていて、開けるとトミカで遊べる立体マップになります。
IMG_2422.JPG
続きを読む...

GWのお泊りキャンプで新アイテムを実戦投入してきました

GWに家族でお泊りキャンプをしてきました。
今回はオートキャンプ場なので、出番待ちしていた新アイテム達を持ち込んで色々試してきました。

タープとシェルターはRevoタープとオプションのRevoフラップ+Revoメッシュウォールを設営。
IMG_1948.JPG
Revoフラップは道路側の目隠しにかなり有効でした。
IMG_1938.JPG
キッチンはタープ内でも良かったのですが、炊飯時に子供が触ると危ないのでバーナースタンドを外に設置。
IMG_1937.JPG
ここで絶妙な位置にランタンスタンドが設置できるのでスノーピークのパイルドライバーが重宝しました。
メインランタンにコールマンのガソリンランタン、ノーススター2000をぶら下げました。
IMG_1979.JPG
IMG_2311.JPG

テントはRevoタープに吊り下げるテントのRevoルーム4プラスをデビューさせたかったのですが、今回は時間の都合上、ポップアップテントのケシュアを設営しました。
IMG_1943.JPG
ケシュアはやっぱり設営、撤収が楽ですね。この楽チンさを知ってしまうと、抜け出せなくなりそうです。
IMG_2308.JPG
IMG_2295.JPG

夜に風が吹いて少し肌寒かったのですが、メッシュウォールで少し軽減されて、小さな子供も目が離せない時期なので助かりました。

夜はBBQと飯ごう炊飯

ご飯は焚火で炊くのが楽しいですが、こちらも小さな子供がいるので、手間と時間短縮を優先してツーバーナで調理しました。

ここで、ユニフレームのFan5のライスクッカーの出番
IMG_1965.JPG
バーナーなので火力の調整も簡単
IMG_1966.JPG
カタカタと音がなったら弱火に調整
IMG_1967.JPG
炊けたご飯の写真を撮り忘れましたが、評判通り、ふっくらと美味しいお米が炊けました。旨し!!

タープの照明はジェントスのLEDランタンEX-777XP
ホヤを外して逆さ釣りしたら明るいと聞いていたので実践してみましたが、本当に明るいです。
普通に吊るした時より、本体が陰にならないので卓上が明るくて食事がしやすかったです。
IMG_1977.JPG
リビングは座卓仕様でいつもの卓上コンロ、ユニフレームのユニセラで焼肉。
後ろにあるのはコールマンのハードタイプのクーラーボックス、スチールベルト。
IMG_1975.JPG

クーラーはいつもデイキャンプではソフトクーラーを利用していましたが、やっぱりハードクーラーは保冷力が高いですね。
保冷材を二つだけいれてましたが、午前にスーパーで買ったビールが夜中までキンキンに冷えていました。
凍らせた水も殆ど溶けていませんでした。
IMG_1978.JPG
宿泊の時はハードクーラーは必需品ですね。

調子にのって色々と道具を出し過ぎたので、撤収が大変でしたが、便利な道具のお陰で快適に過ごせました。

<おまけ>
個人の備忘のために、Revoタープの折りたたみ方。
左右非対称なので、いつも収納時に悩む変形タープのRevoタープ。
上手に畳むコツを見つけました。

縦の縫製の縫い目に沿って縦折りして、余りのハードメッシュ部分を折り返し。
メインポールの黄色いループのある上下の余りを折って長方形に。
IMG_1991.JPG
最後に上の状態から真ん中で縦半分に折りたたみます。
これで測らなくても収納ケースの横幅ピッタリになって綺麗に収納できました。

<今回紹介したキャンプ道具達>
★タープ・テント★





★調理器具・コンロ★



こちらはガスタイプなのでもっと気軽に使えます


★ランタン★




★クーラーボックス★

デイキャンプはこちらのソフトクーラーもお勧め


スノーピークの人気のランタンスタンド、パイルドライバー

お泊りキャンプに備えて購入していた新アイテム、スノーピークのランタンスタンド、パイルドライバーをデビューさせました。

スノーピークのパイルドライバーは地面に打ち込んで利用するタイプのランタンスタンドです。

先に結論だけ言いますが、この商品はお勧めです。
人気の定番アイテムとは知っていましたが、使ってみて初めてわかる良さを感じました。

今までランタンスタンドは、よくあるアルミの三脚型のランタンスタンドを使っていました。
100000001002123785_10204.jpg

三脚にペグダウンをすれば、それなりに使えますが、重いランタンをぶら下げると安定感が悪く、三脚部分に脚を躓かせたり、子供がいると倒してしまうのでは、と不安がありました。

パイルドライバーなら、地面にぶっさせば、場所を選ばず、ペグダウンも不要。
スチール製のパイプが地中深く固定されるので安定感が抜群!!
と利用者からの定評があるので期待していました。

収納時はただの伸縮タイプのパイプのような見た目
IMG_1987.JPG
三段階の延長パイプになっています。
上段のパイプを持ち上げて下に打ち付けると地面にズンズンと刺さっていきます。
IMG_1980.JPG
ランタンフックを展開
IMG_1988.JPG
抜群の安定感
コールマンの重量級のガソリンランタン、ノーススター2000をぶら下げてもビクともしません。
IMG_2311.JPG
一本足なので、見た目もスッキリスマートです。
IMG_1979.JPG

三脚タイプでもいい。
と思われる方も多いと思いますが、テントやシェルターの出口付近に設置する場合は、同線を三脚が邪魔をするのでかなり煩わしいです。
また、キッチンスタンドの近くに設置する場合、三脚が邪魔になることもあります。
そしてなにより、ペグダウンが必要ないので、設営と撤収がとても楽です。

調理時はキッチン、その後はリビング、などのように気軽に移動できるのも良かったです。
運搬時もパイプだけなので、トランクのデットスペースに収納できます。

便利過ぎるので、類似品が他社からあまり出ていないのが不思議なぐらい。
使ってみて初めてその価値を実感しました。

これは焚火テーブルと同じように、パッと見は地味ですが、長く使える定番アイテムだと思います。

余談ですが、三脚スタンドはキャプテンスタッグのもので、三脚を外す事ができます。
IMG_2543-thumbnail2.jpg
アルミ製なので、これだけで地面に刺し込むのは無理がありますが、
パイルドライバーで穴をあけたところに、これを刺せば同じように使えるかも・・・



ブランドを気にしない場合は類似品に以下のものがあります。
スノーピークは鉄製ですが、こちらはステンレスなので錆びの心配もなくコスパも高いです。
フックが1つのシングルタイプと、フックが2つのダブルタイプがあるそうです。
作りもしっかりとしていて評判も良いみたい。
ケース付属しているので、追加はこちらを検討しようかな。

2017年05月01日

散らかる調味料を綺麗に収納&持ち運び コールマンのスパイスボックス

前から欲しかったのですが、キャンプ、バーベキューで使う、コールマンのスパイスボックス(調味料入れ)を購入しました。
IMG_1840.JPG
ハイシーズンは、しょっちゅうバーベキューに繰り出すので、腐らないものならこれに入れて常備しておけば、やら、醤油忘れたとかで、出先で無駄に調味料を購入することもなくなると思います。

仕切りがマジックテープで調整できるので、様々な調味料に合わせて使うことができます。
IMG_1841.JPG

とりあえず家にある調味料を早速入れてみました。
IMG_1848.JPG
カレースプーンぐらいの長さであればカトラリーも一緒に入れることができます。
忘れがちな栓抜きなんて入れておくと良さそうですね。

ナイロン素材なので、汚れても洗濯できます。
IMG_1849.JPG

両サイドにはポケットがあるので、長いお箸などを刺しておくこともできます。
ポケットティッシュ、ウエットティシュなどを入れておくのにも便利
IMG_1846.JPG

今までは、小さ目のクーラーバックを代用していましたが、タレの瓶が中で倒れたり動いたりすると蓋が空いて大惨事になっていることもありました。
また、現地で利用する際は、このように縦に整理されていて、取り出しやすいのはとても便利だと思います。
何より、入れ物の用途が決まっているというのは、準備、片付けの際にどこに何をしまうのか考えなくてもよく、普段あるべきものが「ない」ということに気が付きやすく、忘れ物防止にもなります。

地味ですが、専用のケースというのはとても大事だなと使ってみて思いました。

お値段も安いのでお勧めです。

ちなみに、コールマンのスパイスボックスはMonroとのコラボレーションアイテムなんかもあります。

今回は予算都合で購入を見送りましたが、卓上を彩るアイテムなので、拘ってみても楽しそうですね。

スポンサーリンク

目次
秋冬キャンプ特集
ローテーブル自作に挑戦
IMG_3845.JPG IMG_3848.JPG image.jpeg
ユニフレーム焚火テーブルと組み合わせて使える、折りたたみローテブルの自作に挑戦!
其の1(プロローグ)
其の2(設計・材料編)
其の3(組立編)
其の4(オイルステイン編)
其の5(ワックス編)
<人気記事ランキング>
ケシュアテント特集
写真ギャラリー
タグクラウド
ポイント最強還元率
リクルートカード併用でポンタポイントがアホみたいに溜まります。


人気ブログランキングへ
検索
楽天おすすめ商品