スポンサーリンク

2017年06月27日

本格的に暑くなる前にクーラーボックスをゲットしときましょう!

さて、梅雨入りして、そのうち熱い夏がやってきます。
いよいよ本格的なキャンプシーズン到来ですが、皆さんクーラーボックスはもうゲットしましたか?

私は、ソフトクーラー⇒ハードクーラーと購入遍歴があります。

シーンに合わせた色々な買い方がありますが、半日程度のピクニックだけならソフトクーラーで十分。
でも、真夏に炎天下でデイキャンプするなら、ハードクーラーがあった方が安心です。
保冷力が全然違います。泊りの場合は特に必須です。

で、ハードクーラーは何が良いのか?
総合的にみて、ここはやはりコールマンのスチールベルトがお勧めです。

見た目の良さもそうですが、ハイスペックなクーラーの中ではコストパフォーマンスが高いほうかと。
IMG_2884.JPG

2泊3日のキャンプでも十分な容量と保冷力があります。
IMG_2888.JPG

中もこんな感じに広々。
よくあるホイール(車輪)付きのものと違い、中にでっぱりがないので、容量を全て使うことができます。
IMG_2885.JPG

保冷材を入れたところ、Logosの保冷材が2つと少し余裕がある感じ。
IMG_2886.JPG

2リットルのペットボトルが縦に収納できます。
IMG_2887.JPG

運搬には、傷防止のための、別売の専用カバーがお勧めです。
IMG_2889.JPG

大きいクーラーなので、車の積載量に余裕が必要ですが、お泊りキャンプを今後予定している場合は、安物買って買い直すぐらいなら、思い切って購入しても損はないと思います。

あとは、小さめのソフトクーラーがあれば準備万端。

真夏に屋外でキンキンに冷えたビールを呑む!!
楽しみですね!!





クーラースタンドはユニフレームのフィールドラックがピッタリ。お勧め。

2017年06月26日

自作キャンプテーブル UFローテーブル900の分割バージョン

さて、梅雨時なのでこういう時期はキャンプ道具の自作に時間を費やしたいと思います。

今日チャレンジするのはまたもやローテーブルです。
ユニフレームの焚き火テーブルと合わせて使える同社のUFローテーブル900。

90センチ×55センチの天板。
高さ37センチの4人用テーブル。

これの横2分割して細長い棚にも使える感じのを作りたいと思います。

天板はハーフサイズ
90センチ×27.5センチ
厚み1センチで脚は36センチのを探してきました。

天板に買ってきた折脚をネジでくっつけます。
IMG_2892.JPG

こんな感じに脚が折りたためます。
IMG_2893.JPG

こんな感じの棚になります。
頑丈な脚にしたので座ることもできます。
つまりベンチにもなる!

IMG_2891.JPG


二台並べるとローテーブルに。
焚き火テーブルと高さ幅を合わせています。
IMG_2896.JPG

縦にスタッキング出来たら最高なんですが、もう少し考えてみたいと思います。

利用した折りたたみの脚は以下のもの。

荒善 折りたたみ脚 線径7.8ミリ×高さ360ミリ

よくあるタイプの折り脚ですが、なんと、4本で200kgまでの荷重に耐えられるらしいです。
見た目もブラックでカッコ良いので気に入ってます。

2017年06月12日

アジアン・エスニックデザインが好きな方におすすめ!!おしゃれなGroovyのエスニック レジャーシート

お座敷スタイルのアウトドアでは、敷物選びが重要になってきます。
最近では、グランピングの流行を取り入れて、お洒落なメキシカンラグを敷いて使う方も多いですね。

でも、初心者やファミリーキャンパーにとっては、ラグは値段も高くて、泥などの汚れや、クッション性なども気になるところです。

アウトドアメーカー各社から販売されている、アウトドア専用のレジャーシートもありますが、如何にも、アウトドア!!というアメリカンな色味のものが多く、落ち着いた柄が中々見つかりませんでした。

しかし、先日、こんなものを見つけました。

Groovyのエスニック レジャーシート!
imgrc0074844974.jpg
続きを読む...

2017年06月04日

最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例

我が家は、未就学児の小さな子供がいる4人家族です。

そんな、小さな子連れのファミリーキャンプ・バーベキュー(BBQ)では、靴を脱いで落ち着ける、お座敷での座卓スタイルがお薦めです。
IMG_1536.JPG

今年はさらに、クイックタープの導入により、設営・撤収も楽ちんになりました。

以前までは、日よけは、オープンタープ(Revoタープ)を利用していましたが、準備・片付けを短縮したい、日帰りのデイキャンプでは、カンタンタープのキャンプカスタムを利用しています。
IMG_2715.JPG

続きを読む...

カンタンタープ2017年新モデルのキャンプカスタムの組み立て方、設置例。

カンタンタープの2017年新モデル キャンプカスタムの組み立てを紹介します。
IMG_2716.JPG

これまでのカンタンタープは伸縮式のワンタッチタープでしたが、新モデルでは一部組み立て式になります。

部品を広げた所。
上から屋根のポール、足の部品×4、軒の連結パイプ×4
IMG_2638.JPG

続きを読む...
スポンサーリンク

目次
ケシュアテント特集
ローテーブル自作に挑戦
IMG_3845.JPG IMG_3848.JPG image.jpeg
ユニフレーム焚火テーブルと組み合わせて使える、折りたたみローテブルの自作に挑戦!
其の1(プロローグ)
其の2(設計・材料編)
其の3(組立編)
其の4(オイルステイン編)
其の5(ワックス編)
<人気記事ランキング>
写真ギャラリー
タグクラウド
ポイント最強還元率
リクルートカード併用でポンタポイントがアホみたいに溜まります。


人気ブログランキングへ
検索
楽天おすすめ商品