広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2011年03月23日

クレモナ旅日記

クレモナの街は想い出深い町の一つです
イタリアに来て、初めて1人で旅行した町です

旅行と言ってもマントバから日帰りで行っただけなので、小旅行にもなりませんが

クレモナは落ち着きのあるノンビリした街でした、全然興味は無いんですがクレモナはバイオリン作りの街ですが、バイオリンがこれ程似合う町は無いかもしれませんね

クレモナのバイオリンは有名らしく、町の中でもバイオリン屋さん?がありました
あの、ジブリ映画の中でもでてきましたよね、ジブリ映画の名前は忘れてしまいましたが(思い出したらまた、書きたいとおもいます)

見所と言っても観たのは、街の大聖堂とあとはその隣の塔に登りました
あとは、街並みを観て歩いただけですが、とっても良い町でした

観光客も少なく、ノンビリしたイタリア旅行をしたい方にはオススメです

JOIA

ミラノのレストランJOIAの本です
料理のほうは魚をムース状にしたものみたいです

2011年03月21日

マントバ旅日記4

見所は無いと以前かきましたが、せっかくマントバまで行ってレストランで食事だけじゃ悲しいので、一応見所も紹介します

マントバはヴェルディのオペラ、リゴレットの舞台の町です
マントバは徒歩で大体の名所は回ることができまし

商店街を抜けた所にあるエルベ広場、さらに少し歩くとドゥカーレ宮殿、サン・ジョルジョ城があります

その反対側には、リゴレットの家があり、その先に、紹介したレストランアクイラニグラがあります

他には、離れていますがテ離宮なども見所です

マントバ旅日記3

今回は、庶民的なレストランを紹介したいと思います

アクイラニグラやベルサリエーレは、年に一回行ければ良い方だし、ダル ペスカトーレは一生の内に一回食事に行ければ良いなぁという高級レストランなんでなかなか行く人はすくと思います

なので、庶民的なレストランの紹介になります

マントバの駅を降りて右手に少し進んだ所にあるピッツエリアです、イタリアのナポリでビザを食べた事がある友人もナポリのビザに負けない美味しさだといっていました

もう一つは、ドゥカーレ宮殿の裏あたりにあるトラットリアです
名前は、フラゴレッタという名前でした
料理も美味しかったですが、サービスがよかったです、1人で行ったんですが、待っている間に雑誌を持ってきてくれてこれでも読んでいてって言われました
いろんなレストランに行きましたが、雑誌を持って来てくれた所は初めてでした

マントバ、アクイラニグラ、ベルサリエーレ

ベルサリエーレのメニューです、お店のレストランが絵で描いてあります
川沿いで緑も多く環境は抜群です



コチラはアクイラニグラのワインのメニューです、はっきり言ってワインの数が多くてメニューを見るだけでも大変です、こちらもデザインがステキですね

2011年03月20日

マントバ旅日記2

マントバ周辺には、ミシュランの星付きレストランが以外?と多いです

マントバの街中にあるアクイラニグラ、ちょっと郊外にあるベルサリエーレ、三ツ星レストランのダル ペスカトーレなどです

ただ、よっぽど食事に興味がある人以外はアクイラニグラがオススメです
他の二件は、交通の便が悪いので行くまでが大変です

アクイラニグラのオススメメニューはうなぎのマリネ?です
丸めた鰻を焼いてオリーブオイルに漬けてあって美味しかったです

他にも、マントバはかぼちゃが名産らしく、カボチャのラビオリも少し甘めですが、美味しいですよ

マントバ旅日記

ロンバルディア州でも東よりに位置するマントバですが
マントバには、トータルで半年ほど住んで生活していました
湖が3つありそこに囲まれたような格好の町です

湖に囲まれているだけあり、夏はかなり蒸し暑くなります
夏は湖のほとりで本を読みながらすごしていました

交通の便はそれ程悪くは無いと思います、駅からは、ベローナ行きとミラノ行きの電車がそれなりに走っているので、ミラノまで行って日帰りもできました

ただ、生活するのには便利で夏以外は快適に過ごせますが、観光するには、特にこれと言って見所は無かった様な気がします

お城や宮殿などもありますが、やっぱり、観光よりも住んだ方が良い町だと思います

ミラノ旅日記4

ミラノで、有名なレストランにアイモ・エ・ナディアがあります
雰囲気はカジュアルな内装で、食事に行ったときは団体の日本のお客さんが入っていましたが、別に小部屋があり、団体が入っていてもゆっくり食事ができました

料理の内容もガイドブックどうりで美味しかったですし、ミラノ料理を少しアレンジした料理が食べれました

値段は少し高めなのでイタリア最後の晩餐などに行かれてはいかがでしょうか?

2011年03月18日

ミラノ旅日記3

ミラノには、何回も足を運んでいます、移動の際に北イタリアでは交通の中心になるからです

ミラノには、多くのレストランがありますが、イタリア料理だけじゃなく、日本料理店や中華料理店などです

もし、お金が無くて日本料理が食べたくなったら、中華料理店がオススメです、中には、日本のビールを置いてあるところもあります

イタリアで和食を食べようと思うと結構良い値段がかかります
その点、中華は確かに味わえる料理は中華ですが、白いご飯がある所もあるし、なんと言っても働きに来ている中国人の為に値段がビックリするほど安いです

店に入ったら日本人ということを伝えて下さい、時々、中国人に間違われて中国語で話しかけられた事があります

ミラノ旅日記2

ミラノを本格的に観光したのは、イタリアに着いて一ヶ月ほどたったころでした

でも、マントバから日帰りだったので、半日観光だった為にドォーモだけしかみられませんでしたが、ミラノのドォーモは凄く大きく立派で感動しました
後は、郊外のレストランというより、オステリアやトラットリアに近いお店でしたが、その分値段も安く、料理も美味しかったです

帰りに、イタリアで初めての高級ブランド店に入り財布を購入しました
ミラノの高級ブランド店でも、多少値切れは安くしてくれました

交渉は一緒に行った日本人の友人にしてもらいましたが、さすがイタリア、どんなところでも値引き交渉は忘れないようにした方がよさそうです
リンク集
ブログのためのアフィリエイト
カテゴリアーカイブ
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。