広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

注目のチャート=オージー

オージーの行方は興味深い。

特にこのチャートの意味するところは、よくよく考えてみたい。

ユーロ・オージー4時間足


ユーロの買い戻しが極端な形で、明確に出ている。
今の下落トレンドがまた上にブレイクされる時が問題。
その時、オージー・ドル、ユーロドルはどう動くのか。

オージー・ドル4時間足


ユーロドル4時間足

ユーロ円概観・もみ合うか?

ユーロ円、終値111.47

月足、完全にブレイク。大幅なオーバーシュートだから、どこまで戻りがあるかという問題。

週足、もうどうにも止まらない。−2σをオーバーシュートしながら、急落が継続している。戻る気配がない。

日足、少し下落にブレーキがかかってるようには見える。収束気味。しかし、まだまだ中心線にタッチもしない。来週、雲のねじれがある。

4時間足、かなり戻して、雲に突っ込んで、上方ブレイクしたが、反落。雲の下限を割って、中心線まで落ちてきた。ここからすぐに再上昇するのは難しそう。安値更新するかどうか、という問題だろう。

ユーロ円
月足、日足
週足、4時間足

英財務担当相が不正経費問題で辞任、新政権に打撃ーなんじゃこりゃ!?

英財務担当相が不正経費問題で辞任、新政権に打撃
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15574320100530

2010年 05月 30日 13:29 JST
[ロンドン 29日 ロイター]

 英新政権で財政赤字問題の担当閣僚だったローズ財務担当相が29日、議員経費を不正請求したとされる問題で辞任した。今月発足したばかりのキャメロン首相が率いる連立政権にとっては初の大きな打撃となる。
 ローズ氏は、自由民主党の所属。同性愛のパートナーが所有する不動産の賃料数万ポンドを議員経費として請求したと報じられていた。

 後任の財務担当相には、同じく自民党のアレクサンダー・スコットランド担当相が就任する。

 連立政権で副首相を務める自民党のクレッグ党首は、BBCテレビに「デビッド・ローズはきょう、非常につらい決断を下した」と語り、自発的な辞任であることを強調した。


ロンドンFXでの記事ではこうなっていた。
http://londonfx.blog102.fc2.com/blog-entry-941.html

保守/自民党連立政権ですので、保守党オズボーン財務相の下に 自民党ロウズ氏が副財務相として就任しました。この方は オズボーン氏とは対照的な方。まず 頭脳明晰、数字に非常に強い、以前はシティーのバンカーとして活躍し、1987〜1992年 米JPモルガン銀行のMD経験者。既に財政赤字削減を進める為の「個々の数字」を明確にしている模様。オズボーン氏とかなり違う方みたいです 笑

果たして お坊ちゃま / 元バンカー コンビが うまく機能するのか、お手並み拝見と言ったところでしょうか?

ドル円概観、上か下か

ドル円、終値90.85

月足、ほぼスクィーズ。雲のねじれに当たっている。

週足、ほぼスクィーズ。戻り売りにあった所。上値も下値も抑えられて、値動きが小さくなって来ている。どこで爆発するか?

日足、雲の下に突き落とされてからジリ上げして、雲の下限(同時に中心線)にタッチ。三角持ち合いの極点に到達しようとしている。来週早々にブレイクするはず。来週、半ばに雲のねじれがある。

4時間足、上にブレイクした後、雲の上限で反落。

上の可能性も、下の可能性も同じようにあるように思える。週明け、どちらかへ急激に動くかも。

ドル円
月足、日足
週足、4時間足

ポンド円概観・様子見

ポンド円、終値131.37

月足、スクィーズ。−2σにタッチ。6月はブレイクか?

週足、下方ブレイクしたが、ダラダラとした下落なので、また戻して来そう。とすると、来週は、少し上向きかも。

日足、急速に収束しつつある。中心線まで戻して反落したが、下落再開というよりは、少し上向きにもみ合いながら、スクィーズに向かうように見える。その後で強烈な下落が来るかな?

4時間足、上方ブレイクして雲の中。中心線辺りまで反落したところ。

上げても良し、下げても良し。
どちらもありそうだが、どちらにしてももみ合いに近いかも。
ちょっと様子見。

ポンド円
月足、日足
週足、4時間足

ユーロドル概観・1.21台の攻防

ユーロドル、終値1.2264

月足、いよいよブレイク。

週足、−2σをオーバーシュートしながらの急落が継続している。ちょっと激し過ぎる。一体どこで調整が入るのか?

日足、下げ止まりそうにも見える。この辺りでスクィーズするのか?

4時間足、戻りが終わり、下落再開。ほぼスクィーズしているが、これが下にブレイクしたら、日足のブレイクを引き起こすかも知れない。しかし、日足の様子から見ても1.21台は堅そうに見える。ここをブレイクしたら、週足の急落が更に継続することになる。

とにかく、ユーロは、戻り売り。
戻ったら、ラッキー。

ユーロドル
月足、日足
週足、4時間足

ユーロ・オージー日足

ユーロ・オージー

なるほど、下の記事にある通り、
ユーロ・オージーは「尖ってる」。
大相場になるかも・・。
しかし、それにしても、ドルや円の方がもっと強いようだが。

ユーロ・オージー・日足

市場は金融危機直前の様相=スパークスAM・秋山氏

市場は金融危機直前の様相=スパークスAM・秋山氏
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-15496120100525

2010年 05月 25日 22:04 JST

[東京 25日 ロイター]

 スパークス・アセット・マネジメントのオルタナティブ投資戦略部ファンド・マネージャー、秋山史人氏は25日、「マネーマーケットは(2008年の)リーマンショック直前の様相を呈しており、市場が思っている以上に危ない所にいるのかもしれない」との見方を示し、ダウンサイドに対する危惧を強めていると述べた。
 都内で開催されたヘッジファンド・インベストメントジャパン会議で語った。

 秋山氏は同社が昨年後半に立ち上げた円ベースのグローバルマクロ戦略ファンド「スパークス・グローバルマーケッツ」(資産残高約3500万ドル)の運用を統括している。25日の外為市場ではユーロ/円が一時109.34円と8年半ぶりの安値を更新したが、秋山氏は同会場でロイターに対し、当面はユーロ安・円高が一段と進むとの見方を示した。具体的な水準としては「ユーロ/円が100円を一瞬割れることがあってもおかしくない」と述べた。

 一方、25日の東京株式市場で大幅続落した日経平均株価についても、円高で日本企業の業績下振れリスクが強まることなどから、当面は売り圧力が継続するとみており、「株も為替(ユーロ/円)も一気に急落するリスクがある」と指摘した。このため、同ファンドの運用としては「株をショートし、円をロングするなどリスク回避モードを見据えたポジションにしている」ことを明らかにした。

 <資源国通貨に対しユーロは上昇へ>

 外為市場におけるユーロの見通しについては「ユーロ/ドルについては下がる余地が十分ある」と指摘した。ただ、過去に日本の金融危機で国内金融機関が海外から資金を引き揚げたように「本当の危機的状況になると、投資家はリスク回避のために海外に投資している資産を売却し、手元に資金を回帰させるリパトリエーションに動くため、ここ1─2年買われてきていた豪ドル、カナダドル、ブラジルレアルのような資源国通貨に対してはユーロが大きく上がると思う」と語った。

(ロイター日本語ニュース 大林優香記者)

ポンドドル概観・戻るか?

ポンドドル、終値1.4479

月足、かなり収束している。−1σと−2σの中間。下方ブレイクするか?

週足、下方ブレイクし、雲の下限で戻り売りにあって、雲の下限から急落中。

日足、スクィーズから下方ブレイクして、急落中。ちょっと戻してきたが、まだ−1σ辺り。5月7日安値と同じところまで戻った。

4時間足、スクィーズ。ジリジリと上げて、+2σに張り付いた。週明け、上にブレイクするか、反落するか?

1時間足も15分足も上にブレイクしかけている。
週明け、少しでも上に行けば、4時間足、1時間足、15分足全てが上方ブレイクする。
そうなると日足スクィーズまで戻して行くかも知れない。
4時間足等が反落するなら、日足急落が継続するかも知れない。

ポンドドル
月足、日足
週足、4時間足

ユーロ円概観・もし戻ったらラッキー

ユーロ円、終値113.04

月足、完全にブレイク。

週足、完全にブレイク。急激に下落していて、−2σを大きくオーバーシュートしている。

日足、−1σと−2σの間を順調にげらくしている。5月7日安値も更新してしまった。反発の気配はない。

4時間足、スクィーズ。

1時間足も15分足もスクィーズしているので、週明けの動きで反発か、続落かが決まる。
続落するなら、底なし沼。
反発するなら、調度良い調整になって、絶好の売り場提供になる。

ユーロ円
月足、日足
週足、4時間足
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。