広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

ゴールド急落の警報


http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2729658.html

また金価格上昇下でも【住友鉱山】株は下落してきており今日は−3.17%となり1200円割れ寸前にまで下落してきています。
世界中の金鉱山株が下落してきており、金価格もいずれ急落する事になるはずです。


6月末に向かって株式市場・為替市場は激しい上下動をくりかえすはずですが一歩一歩崩壊に進んでいます。

金融市場に警報が鳴り響いています。

金は1オンス1500ドルに上昇へ=ブラックストーン予想

金は1オンス1500ドルに上昇へ=ブラックストーン予想
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15414520100520

2010年 05月 20日 14:38 JST

[シドニー 19日 ロイター]

 米プライベートエクイティ(PE)のブラックストーン・グループ(BX.N: 株価, 企業情報, レポート)は、金相場が1オンス当たり1500ドル近辺まで上昇すると予想している。
 ブラックストーン・アドバイザリー・パートナーズのバイロン・ウィーン副会長は記者団に対し、安全資産への逃避買いが進むに伴って金相場は現在の約1210ドルから1500ドル近辺に上昇するとの見通しを示した。

 また、オーストラリア政府が提案している40%の資源税について、導入されたとしても豪鉱山セクターから多額の投資資金が引き揚げられることはないとの見解を示した。

ゴールド

ゴールド、終値1115.2

ユーロドルが明らかに大きな下落に踏み込んでしまったから、
ゴールドもやばいことになりそう。

ユーロドルの日足が雲の下に出たのは、
上昇トレンドが開始した直後の4月中旬以来なかったことだ。
中期的な下落トレンドが始まったのは間違いない。
1月終わりには週足の雲のねじれもある。
そこを目指して下落して行きそうに見える。

月曜日には、ドバイの問題もあるようだし、大きな動きになりそうだ。

ゴールド概観

ゴールド、
週足、2008年10月からの上昇トレンドにサポートされた。
日足、雲の上限で反発。
4時間足、まっすぐ上昇していたが、雲の上限で叩き落される。雲の中。
1時間足、ボリンジャーバンドを引っ張り上げながら上昇していたが、−2σまで叩き落される。ややフリーズに向かっている様子。

日足から見て、大きく下落に転じるようには見えない。
いずれにせよ、990ドルを目指すだろう。

ゴールド概観

ゴールド、
週足、フリーズに向かっている。8月上旬に雲のねじれがある。ボリンジャーバンドの中心線で止まっている。1年半にわたる大きな持合いの間に、1000ドル近辺へ4度トライが行われた。昨年7月と非常に形が似ているが・・。

日足、ボリンジャーバンド−2σに当たってやや反発したところ。ちょうど雲のねじれの位置。6月初めからの下落トレンドを上にブレイクすると、同時に6日移動平均線もゴールデンクロス。激しい上昇が始まるかも知れない。940ドルを突破したら1000ドルを目指すかも。

4時間足、フリーズしている。ボリンジャーバンド+2σ辺りが940ドル近辺で、そこに雲の下限も来ている。上にブレイクしたら、一気に雲を突き抜けるか?

1時間足、4日間、激しい持合いが続いているが、安値は確実に切り上がっている。

買い!買い!買い!!

ゴールド概観

ゴールド、
ボリンジャーバンド、
週足、中心線からきれいに反発して+2σを目指している。
日足、+2σをかなり飛び出して、やり過ぎの感あり。
4時間足、強く上にブレイク。
1時間足、きれいに中心線で反発を繰り返しながら、一気に上昇中。950ドルまでの押し目があるかどうか。

一目均衡表、
週足、雲の上限で反発。強い上昇トレンド。
日足、雲の上に出た。この二日の勢いの強さは、そのためか。遅行線も同時に雲の上に出ている。
4時間足、雲の上にタッチして反発。強い上昇トレンド。
1時間足、急上昇しては、しばらくもみ合いながら少し下げ、また急上昇、というきれいな形になっている。

日足が雲の上に出た勢いで、これからも上昇を続けるなら、高値更新するかも知れない。
面白くなってきた。


ゴールドが異常な動き

ゴールドがものすごい下ひげをだした。
926ドル辺りで動かなかったところから、
一瞬、893ドルまで下げて、それから急上昇を始めた。
現在933ドル。

株もやや上げているようだが、どうなることか・・。

900ドルは遠くなりにけり

ゴールドは、900ドルに肉薄しながらも反落。
4時間足は上にブレイクしていたのだが、
1時間足が下にブレイクした。
どちらがダマシなのか、まだ分からないが、
見事に3月20日、4月1日の高値を結んだ下落トレンドラインに抑えられた。
ちょうど、昨日の急騰が始まったレベルまで、行って来いになったところ。
ここは、4時間足の雲の下限、1時間足の雲(ねじれではないが極度に薄く縦に伸びている)の下限に当たっている。


4月6日と4月9日の安値を結んだ上昇トレンドラインが884ドル辺りに来ている。
これと下落トレンドラインに挟まれて、三角持ち合いになるのかも知れない。

900ドル挑戦

ゴールドの上昇は本物かどうか、試されるところ。
3月20日高値と4月1日高値を結んだ下落トレンドラインがちょうど900ドル手前に来ている。
現在、そのラインに接しているところ。
900ドルに乗れば、明確にこのラインを超える。

ゴールド急騰

ゴールドは急騰して来た。
4時間足、1時間足は、上にブレイク。
強いレジスタンスラインになっていた890ドルを一気に突破して来ている。
これで、日足のトレンドが変わるかどうか?

週足は、75週線と25週線が重なってサポートしたようだ。
    >>次へ