広告

posted by fanblog

少しでも収入源をふやしたい!!

なぜこんなにも普及した、ネット社会でネットを活用した収入源を築くことが難しいのか。




ちなみに、日本ではネットによる収入は難しいものですが、韓国では当たり前のように、大勢の人が


ネットによる収入を得ています。それは、日本の比ではありません。



2009年現在、総務省発表によるネット人口中ブロがーは、2950万人(概算)


その状況の中、アフィリエイト成功者はわずか1%未満(人数にして、5万人もいませんしかも月あたり5000円以上稼いでる人がです




このような状況は、日本特有です。
通常ビジネスでは、


10%程度の人は、大成功したと言われる位置にいます。


年収にして億超えです。




しかしながらこんなに簡単に、だれでもできるネットの世界では、成功者が少ない・・・






それは、基本的に、成功者の多くは、大勢の人をだましてかせいでいるからです。


リアルビジネスでは、お客様に感謝されてこそ、需要がうまれ、利益が発生し


その恩恵として、報酬(収入)が発生していきます。


お客様をだましていては、継続的な利益はっせいしないからです




現実の把握は、このあたりで、辞めておきましょう。






だまし合いばかりの、ネット世界で信用でき、


確実に収入を上げていく。




これは、難しいように思えて、そうでもありません。








問題なのは、巷にあふれすぎた、夢物語を現実にしようと考えるかtらです、。




たった数分の作業で、○○万円。なんて現実世界でありえるでしょうか?


相当な器量と、環境がなければ不可能です。




そして、その環境は、一般人には整えられません。




ところが、1日1円稼ぐのは、誰でもと言っていいほどできます。


ですが、1日1円の収入のために、時間をかけるのは、皆さんやりません。




月収にして30円。


これででは、やる意味がないです。




ですが。








1月めは30円、


2月めは60円


3月めは90円と増えていけばどうでしょうか??




そういった仕組みなら話は変わってきます。




国内サイトは、一時の収入を生み出す手段を提供するものしかありません。


ですが、インターネットはそもそも海外初のシステムです。




その誕生は世界大戦中の軍事技術がその始まりなのです。




現在のように。国内での『インターネット』かつようで稼ごうとすれば、それは無理が生じるのも当然です。




本来は、全世界シェアでの活用が、その活用目的なのですから。






では、本来の、目的に逆らわず、世界規模で稼ぐのが、常套手段です。




国内でなければ、相手をだましてまで稼ごうなんて人はいません。








それでも、だまされ続けてきた日本人は、用心深いです。


それならば、無料のものから稼げることを実感し、有料の安定的収入源に手を伸ばしていきましょう。




トラフィックエクスチェンジ






これは、国内の会社が運営する、無料アクセスアップシステムです。


やる価値はあるのか?




その疑問には即答です。




やらなきゃ損です。




なぜか??


パソコンを24時間365日操作している人がいるでしょうか??


ここでは、次の言葉を使います。




絶対にいません!!365日永遠に起きていられる人間など存在しないからです。




トラフィックエクスチェンジは、あなたがパソコンを触っていない時間をお金に変えてくれます。


こんな便利なシステムを使わないのでは、パソコンを持っている意味がありません。




ほったらかしで、収入を発生させる。


せっかくのシステムはかつようしていかないと・・・・






そしてGreenhorse


これも、Tickerbarというプログラムを作動させておくだけで、収入が発生します。




この二つのシステムを活用するだけで、毎月数百円の収入が発生します。


これは、銀行に、数十万円預金しておくのと同じだけの利益が発生していることになります。




更に、銀行預金よりお得なのは、その収入が、随時増えていくということです。


銀行は、永久に年利が変わりません。




ですが、この2つのシステムは、




永久に無料にもかかわらずその収益は、年々増えていきます。


初年度は、300円足らずかもしれません、


ですが翌年は、年間1000円、そのよく年は10000円更に3年後は100000円5年後は??




と常に増えて行きます。しかも、


銀行預金同様、なにもせずにです。


しかも、費用はかからない。




そんな、お得なシステムを


詳細が分からないからとやらないには日本人だけです。




世界の参加者はもう2000万人を超えています









おかねをけて収入アップはまだ抵抗がある・・・




そんなかたがたのための提案をしたいと思います♪


多段階型収入UPプロモーション☆


3900incomeを広めていますが、有料のものや海外サイトにはまだ抵抗がある・・・


それなら!


『 はじめは無料のものからはじめていきましょう』


無料でできる色々




まずはじめはこちら、


トラフィックエクスチェンジです。



アクセスアップのツールとしてはかなり浸透してきましたが、オートサーフ(自動であちこちのサイトを閲覧してくれるシステム)で獲得したポイントが現金に換金できることはまだまだ知られていません。


ここで紹介するのは、そ換金可能なトラフィックエクスチェンジです☆


登録等すべてが無料でできます♪



 寝ている間もパソコンに稼いでもらえる んです☆もちろん他の作業と同時進行できます。


少しでも皆さんも稼げるきっかけになればと思いますあせる 
1日稼動させると6000PVポイント(=アクセス)前後獲得!




100円の力のブログ-トラッフィクエクスチェンジ
   







このトラフィックエクスチェンジは、先の説明通り




                  ・無料で!



しかもほったらかしで!



 ・お金になる!!



最高のお小遣い稼ぎです♪


続いてはこちら ↓↓↓↓↓





第一ステップができたら次はもう一つ収入源を増やしましょう♪


こちらのうたい文句は 目指せ10万ドル(日本円で1000万円くらいです♪)




(そしてこれから先は世界が舞台のお小遣い稼ぎ(世界規模で稼げばお小遣いもダテジャナイ!なので、必要となってくるPaypalのアカウントをつくると便利です♪日本語対応もあるので、リンクからPaypalにジャンプ⇒Homeを選択⇒右上のU.S englishをクリック⇒日本語に変更してください☆)

ペイパルは  世界で1番大きなインターネット銀行





名前は Greenhorse です。下の英語の日本語訳は


収入を手に入れようウェブサイトをみることで!


つまり、あちこちのウェブサイトを見るという行為をそのまま収入に変換しようということです。


yahooやGoogleで検索・閲覧を皆さんはすると思いますが、それによってお金はもらえません・・・


ですがGreenhorseはその行為でお金がもらえます。




こちらは海外サイトですので、まずは第一ステップの日本サイトを始めてからちょっと抵抗がある


海外サイトへとレベルアップしましょう。




>

こちらもパソコンに電源が入っている状態で、Tickerbarを作動させておくだけでお金が自動発生♪


詳しい説明は「 無料でもこうすれば寝てても稼げます。
」をみてくださいネ☆




これで、とりあえず2つの新しい収入源を手に入れたことになります☆




どちらも、時間と共に収入額が増えていく仕組みになっています。


最初は、小学生のお小遣い程度ですが徐々に収入額はアップしていき


大人のお小遣いとしても十分な額が入ってくるようになります。


ほったらかしでもいいのですが、頑張れば所得といえるだけのお金が毎月入ってくるようになります☆




そしたら、もう立派なお仕事です♪ 主人に大きな口は聞かせません!(笑)




そこまでいったら第3ステップ



お金をかけて収入を増やしてみましょう☆


ただ、情報商材系は まだまだ見極める眼力のない方には危ないものです。


ひとまず、定額で確実で人気のあるものをやっていきましょう☆





ここで、私がメインに広報している3900incomeです、


こちらも海外サイトですから、第二ステップをクリアしたからの方が抵抗なく始められます。





費用は定額の毎月6ドル


子供にお小遣いをあげている感覚ぐらいでやっていると納得しながら継続できます♪


または、激安の投資先・宝くじなんて感覚で気軽にやるのもいいかもしれません。


3900incomeは私も応援できるので、この第3ステップまで進んだ人は連絡してください☆


サポート?というより助力しますので♪




3900incomeの詳しい説明は日本語サポートページへどうぞ!!3900income日本語サポートページ



たった3つの収入源かもしれませんが、自宅にいることが多い方などには


とっても助かる収入源の「確保に」なると思います♪



この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。