広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

なおきち
いつでも勉強しなくちゃ、アカン。と、なおきちは思っております。で、このブログではFXなるものに挑戦してみたいと考えております。ちなみに他にもいくつかの勉強のためのブログをつくっております。それは折々にご案内していくつもり。
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2007年10月21日
FXシステムトレードとは
FXシステムトレードとは、機械的なルールに従って売買を繰返すトレード方法です。 FXシステムトレードを行う為には、過去のデータを分析しつつ有効な手法を探して いく必要があります。 いったんシステムが出来てしうと、システム通りに売買するだけなので手間がかかりません。 過去のデータから割り出された一定のルールで行うので、過去のデータから 利益や損失なども予測でき、あまりストレスを感じないで運用することができます。 システムのルールにそって、銘柄を選び、売買すればよいので、一日中パソコンの前にいる 必要もありません。それほど時間がなくても実践することが可能です。 問題点をあげるならば、FXシステムトレードはプログラムなので、万がいちシステムに 問題がある場合でも機械的に売買を続けてしまうことがあります。 そしてプログラムの知識がないと問題が起きたときに対処できないリスクがあります。 プログラムを組むにしても、ただプログラムの知識があってもFXの知識がない プログラマーと組むと実用的なものができないこともあります。 こうした便利さと問題点をしっかり理解して、うまく取入れていく必要があるといえそ うです。

【このカテゴリーの最新記事】
2007年10月21日
FXチャートの見方
FXに限らず株でも為替でも同じことが言えるのですが、投資のように、 先がはっきりと見えないものは、何かを指標とするケースがよくあります。 FXの場合、基本的には安いものを買い、高くなれば売りに出すということですが、 そこに指標になるものがあれば、よりよい売買ができるようになります。 FXトレードの場合、指標となるものがチャートです。それには色々な種類があります。 日々の値動きを表すものに「日足チャート」、週の値動きを表すものに「週足チャート」、 さらに5分単位の値動きを表す「5分足チャート」もあります。 自分の時間配分と投資スタイル、期間に合ったチャートを見ることが大切です。 チャートを見てFXトレードをするきに注意しなければならないのは、 チャートの値動きだけですべてを判断しないことです。 時にはチャートを無視した動きが起こることもあるからです。 チャートはあくまでも売買の参考指標として、判断する際の目安のひとつと考えるの が良いでしょう。

Posted by なおきち at 10:42 | FX | この記事のURL
2007年10月21日
FXの手数料
FX(外国為替保証金取引)の売買をする場合、取引に応じた手数料がかかります。 いま現在、各FX会社では手数料の値下げ競争がくり広げられているところです。 FX取引の手数料は、もともと銀行の外貨預金と比べると格段に安いのですが、 最近では手数料をタダにするという会社もあり、さらに値下げに拍車がかかっています。 手数料が低く抑えられていることによって、個人投資家でも同日に数回の売買ができる ようになっているのです。 銀行の外貨預金であれ、FXであれ、基本的には手数料がかかりますが、 それぞれの手数料の金額を比べてみるとかなり大きな差があります。 外貨預金の場合、銀行が顧客に外貨を売る額(TTS)とは逆に、 銀行が顧客から外貨を買う額(TTB)は、為替相場と同一になっていないので、 この差額が手数料となるんですよね。 取扱い状況や外貨の種類で変わりますが、数銭〜数円の手数料が上乗せされています。 一方FXの場合、取扱いの状況や外貨の種類によって変わるのは同じですけど、 それでもTTSとTTBの差が20銭ほどで済むんです。 銀行の外貨預金と単純に比較してみても、FXの手数料は10分の1程度。 どんだけFXの手数料が安いか理解できるでしょう。

2007年10月21日
FXデイトレードの注意点
FXデイトレード取引とは、新規注文と決済までを一日のうちに行う取引スタイルで、 最大24時間という短時間の売買で利益を狙います。 FXデイトレードは為替レートの動きをマメに追っていく必要があるので、 時間に余裕のある人向きの取引スタイルです。 通常の取引よりも手数料が安い分、日中時間のある主婦に人気のスタイルのようです。 FXデイトレードでは、少額の元手で大金を売買できるので、わずかな値動きで も大きな利益を得ることが可能なので、1日の変動が激しい豪ドルやポンド、 ユーロ、ドルといった通貨ベアが向いているといえます。 デイトレードでFXを実践する場合には、そのような通貨ベアを扱う会社を 選ぶ必要があります。 デイトレードで勝つ秘訣は一度に大きな利益を望まず、コツコツと儲けを求める ことです。その方が賢いといわれています。 少なくても6割を越す勝率がなければ充分な利益は生まれません。 そして最新の情報からデータを分析し、素早い判断が要求されます。 近年はオンライン取引が簡単に始められるようになったし、手数料が安いことも 手伝って、安易にデイトレードを行う投資家が増える傾向にありますが、 それぞれの特性等を理解して実践する事が大事です。

2007年10月21日
FX取引のメリットは…
FX取引が個人投資家の間で注目されているのですが、 FXには一体どんなメリットがあるのでしょうか? FXでは円高と円安のどちらのケースでも利益が発生します。 FX取引はレバレッジ(テコ)を上手に活用して、 コントロールすることで大きな利益を上げることができます。 少ない元手を証拠金として、多くの外貨の売買をしたい人には とてもよい取引システムといえるわけです。 FX取引は24時間いつでも売買ができるという特徴があるので、 日中は仕事を持つサラリーマンでも出勤前の早朝や帰宅後の空いた時間を使って 取引を行えます。 市場の状況によっていろんな工夫をし、よりリスクが少なく儲ける方法を 編み出すことができるでしょう。 資産を多く所持している人の場合、その全てを円や株で持つのは 資源の少ない日本においてはかなりリスクですが、 各国の通貨を持つことによって資産をリスクヘッジして分散させるのは とても有効な方法であると言えます。 こういったところが人気を集めている秘密なのではないでしょうか。

2007年10月21日
FXって…
FXって、最近人気ですね。外国為替(Foreign Exchange)の略で、一般的には 外国為替証拠金取引のことだと先ほど説明しましたけど、 『通貨証拠金取引』とか『外国為替保証金取引』と呼ぶこともあるんだそうです。 外国為替証拠金取引とは、保証金を担保としてその何倍もの取引単位で外国為替の 売買を行うことができる金融商品のことです。 FXとは外国の通貨を売買する取引の事で、その流通性や安定性から株よりもリ スクが少ない事で話題になっている投資スタイルです。 FX(外国為替証拠金取引)と外貨預金との違いはどこにあるでしょうか? 日本の円以外の通貨、つまりドルやユーロ等でする預金を外貨預金といいますが、 外貨定期預金は国内外の金利情勢にもよりますが、円預金と比べ金利が高く、 為替差益が得られる等の利点があるんです。 円ベースでは元本保証がされず、為替差損の可能性があるということもあって、 損失を出さないようにメリットとデメリットをきちんと把握して、利用することが 重要です。 FXはレバレッジを利用することができると言いますが、どのようなことかと言うと、 レバレッジが10倍の場合、10万円の保証金で1000万円の運用ができるという意味です。 要するにハイリスクでハイリターンな取引法なんですね。 FX投資を始める際は、説明サイト等で仕組みをよく理解してから実践しましょうね。

2007年10月21日
FXの投資って
FX投資に限らず、株式投資にしても、投資のもとになる資金は あなたの大切な資産です。言うまでもなく、最低限の心得として 「安く買って高く売る」が大前提です。 だから1つの外貨のみに投資しないで、複数の外貨で取引をするようにし、 もしもの時に備え、リスクを考えた分散投資を心掛けましょう。 慣れないうちから大きな勝負には出ないで、少ない資金でレバレッジも低く 設定した売買から始めるようにした方がよいと思いますよ。 いきなり投資を始めるのが不安ならば、バーチャルFXで基本的な知識を 学んでから始めるという方法もあります。 出来れば投資には生活資金ではなく、余裕分の資金を使うようにしましょう。 また、欲を出しすぎず、売りに出す額を決めておくなどした方がタイミングを 逃して失敗する確率が少なくなります。 余裕資金であっても、大胆に投資せず、1割、2割ぐらいから始める方が 精神的にもゆとりのある運用が可能です。 大切な資産をなくして痛い目に遭わないよう、堅実な投資を心掛け、コツコツと 利益を増やすようにすることが第一でしょう。

2007年10月21日
FXって、なんだろう
FXとはForeign Exchangeの略です。日本語では「外為証拠金取引」等といいます。 「外為取引」と「証拠金取引」が合わさった取引のことですね。 「外為取引」とは、二カ国間の通貨を交換する外貨投資のことです。 資産運用と言えば、誰もが思い浮かべるのが株取引ですが、 株式とFXを比較するときに一番大きな違いは値動きの形です。 FXは、基本的には株式投資よりも低リスクで行うことができるんです。 もともと為替は値動きが小さいからですね。 FXは他の外貨商品にはない「売り」から入る取引を行うことができます。 これは株でいうところの信用売りと同じような感じですが、 売りから入る取引だと価格が下がると利益が出ます。 FXは、価格が上がった場合しか利益が出ない他の外貨商品と比べると、 けっこう有利な商品といえます。 スワップポイントと呼ばれる利息を毎日受取ることができる上、 複利で運用することもできますからね。 円をドルに交換する場合を例にあげると、1ドル当りの往復手数料は FXでは20銭になります。会社によっては無料の場合もあるんです。 外貨MMFだと1円、外貨預金では2円ですから、かなりお得です。 外貨の資産を持つことはもはや常識になりつつあります。 外貨投資は資産の分散を考える上でも有効ですし、ぜひともお勧めします。

<< 2007年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。