ファン
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2020年05月10日

ワークマンのクライミング長袖ハーフジップは春秋向きなシャツな話

最近はこのワークマンというブランドのアウトドア業界への快進撃がすごいですね!
デザインもさることながら、機能面も考えられております。
そんな中でも、春や秋のように暖かさ肌寒さが共存する季節は、薄手の長袖が過ごしやすい服装の一つではないかと思うのです。
2C62CADC-6757-41A0-A29C-DA5BAC45908E.jpeg
今日は、ワークマン のクライミング長袖ハーフジップという長袖シャツを、ご紹介させていただきますね。



春や秋は、日差しのある無し、日中と朝晩など寒暖の差が激しかったりと服装に悩みますよね。

このシャツは、長袖ですが腕を捲るのも容易で、首元には前面に開けることができるジッパーが付いています。暑ければこれで調整ができるのです。前面が半分ジッパーで開くことができるのは、行動時に汗をかいた時など、ここから一気に体に籠る熱気を放出できるので、汗かきの僕にはありがたい機能です。
また首元はTシャツのようなラウンドネックではなく、ミドルネックなので、肌寒い時は首元のジッパーを上まで上げれば、首の真ん中あたりまで保護できます。
5AFB8319-39EE-47D2-A195-8944CB703349.jpeg
さらに、この服の最大の特徴は手首から脇、そしてそこから逆V字に折り返すように脇の下までメッシュ素材でできています。(黒い素材の部分)
これは、他の服ではなかなか無い機能ですね。
最近のアウトドアメーカーのレインウェアは、脇の下にジッパーが付いており、そこから一気に体に篭る熱気を放出できるようにできています。そんなアウターと組み合わせて着ることでも、このシャツのメッシュ部の素材は活かせますね。
38FC2338-696C-41BE-88E1-9364F4ABEBF9.jpeg

これらの機能を考えると春秋に向いているなと思うのです。着心地や肌触りもポリエステルながら、悪くはありませんしね。





このシャツを3ヶ月ほど使っていますが、かいた汗を素早く吸収してくれる機能性インナーと組み合わせて着るとベストだなと感じました。
そうすることで、暑さと肌寒さどちらにも対応できるようになります。もちろんこれだけで寒さも完璧に防ぐことができるわけではないので、寒い地域では温かいアウターは必要になります。

胸ポケットも付いています。これはいるかいらないか好みが分かれるかもしれませんが、ストレッチ素材なので、鍵やスマホなどを入れておけますね。
1D619898-DE85-451E-B9CC-E8E048C0C3E1.jpeg

総合的にバランスよく着られるシャツだと思います。何よりコスパも良く、色展開も豊富なので、数枚持っていてもよいですね!


「クライミング長袖ハーフジップ」商品はこちら
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9838266
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
タグクラウド
プロフィール
ふじやんさんの画像
ふじやん
自転車業界歴約20年のアウトドア好きです。 登山やバイクツーリング、キャンプが好きですが、何か必要な道具を改造したり作ったり、機械を直したりなども大好きで、そういった工具を使って何かを作ることや、キャンプなどアウトドアでの経験を普段の生活に活かして生きていこうと思っています。 今の当たり前の社会的生活には快適な様々があります。普段は道具や工具など大して使わなくても便利なものがたくさんあり何気なく生活ができてしまいますが、災害などそうでなくなった時に、そういったものを使える知恵と道具と経験があれば、それは自分を活かすこと、大切な家族や友人、隣人を守り助ける力になるのではないでしょうか? そうしたことで社会的生活が失われそうになっても、それを築いていく基盤を自分の中で育てていけたら、そして微力ながらこのブログを読んでいただく方々のお力やそうしたことへのヒントになれたらと思いまして、ブログをはじめました。よろしくお願いいたします。
プロフィール