広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年11月09日

世界一の朝食で有名な「bills(ビルズ)」で夕食をいただきました

「世界一の朝食」というフレーズが定着しているbillsですが、その由来をご存知でしょうか。

あのレオナルド・ディカプリオが映画撮影でオーストラリアに滞在していた際に「bills」の最初の店舗シドニー店のリコッタパンケーキにハマり、毎朝食べていたことから、世界一の朝食というキャッチフレーズが付くようになったそうです。

セレブも大好きリコッタパンケーキ↓↓



bills 七里ヶ浜
そんなbillsの、日本進出1号店の七里ヶ浜に行ってきました。
※ちなみに、世界進出初の店舗でもあります。

朝食やサンセットを見ながらのカフェ利用はこれまで何度もありますが、ディナータイムに行くのは初めて。
日中の混雑状況を知っているので、夜も盛況かと思いきや、、、
お店、とっても空いていました

こちらのお店、リニューアルオープンしていて、以前のゆったりとした雰囲気のソファー席がなくなり、テーブル席になって、座席数が増えていました。回転が速くなっていいかもしれませんが、私は前のお店の雰囲気が好きだったのでなんとも残念な気分。なんだか、「普通のお店」になって、特別感がなくなっちゃったなぁ、、という感じです。

(左)プレミアムモルツとオーガニックジンジャービール(ノンアルコール)で乾杯!
(右)ベジタブルチップス w/ニゲラシード&タヒニヨーグルト

image.jpegimage.jpeg
チップスは2歳のムスメも「おっせんべちょーだーい!」と喜んで食べていました。添えられているクリームがサワークリームのようなさっぱりしたお味で、自宅では再現できないような、外に食べに来て良かった、と思える味です。

(左)セビーチェ w/フェンネル、オニオン、アヴォカド、オレンジ
(右)パッパルデッレ w/ダックラグー、トリュフオイル、梅干、マッシュルーム

image.jpegimage.jpeg

セビーチェというのは、鯛のカルパッチョでした。ゴロッとしたアボカドやパクチー、オレンジなどお野菜が豊富で、まるでサラダをいただいているようです。

全体的にお野菜がふんだんに使われていてヘルシーな印象です。お店の方に何料理なのか尋ねたところ、各国の料理をbillsがアレンジしたお料理なので、一概に何料理、とひとくくりには言えないようです。
あ、billsって、オーナーでシェフのビル・グレンジャーさんの名前なんです。

(左)パルメザンチキンシュニッツェル w/クリームポテト、フェンネルスロー
(右)窓から見える夜景

image.jpegimage.jpeg
こちらのチキンは創業当初からの人気メニューだそうです。添えてあるレモンも一緒に焼いてあり、絞りやすかったのが印象的でした。

ところで、この景色。どうですか。真っ暗ですよ。

ディナータイムが空いている理由がよくわかりました。
このお店、目の前が海というロケーションですので、朝はキラキラと輝く海を、夕方は、江ノ島方面に沈むサンセットを、それはそれはいつまでも見ていたくなるほど、贅沢な景色が広がるのですが、海なだけに、夜はダメですね。

(左)リコッタパンケーキ w/フレッシュバナナ、ハニーコーム
(右)ロングブラック(コーヒー)

image.jpegimage.jpeg
これを食べずには帰れません!リコッタパンケーキ!

やっぱり「世界一の朝食」と言われているお店には朝来るのがベストなようです。
逆に、混雑を避けてお忍びで利用するなら、夜は穴場かも。。




茅ヶ崎の自宅より、、
いつもありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

買う気マンマンだった人から非常識な指値

埼玉区分ですが、私たちが出来ることはやりつくしたので、後は仲介会社さんにお任せしている状況です。

ちょこちょこと進捗についてご報告いただいているのですが、1組、購入に前向きなお客さまがいました。

最初、奥様がお一人で物件を見にいらして、いたく気に入ってくださったようで、後日、ご主人さまともう一度内覧されました。しかし、その場ではお申込みはいただけず、1週間検討したい、との回答だったそうです。
その間も、奥様はメールで「この1週間がとても落ち着かない」と仰ってくださっているくらい、かなり前向きにご検討くださっている感触でした。

ところが、、、

500万の指値で申込みしてきたのです!

この物件、指値されないように、表層は全てリフォームし、ホームステージングも導入しています。

何を根拠に500万の指値をしてきているのでしょうか。。。もうびっくりです。

そこで、なんで指値してくるのかなー?と、自分自身が物件を買う立場だったらどうなのか、を考えてみました。

まず、指値出来ないな、と感じるのは、
元付会社の営業マンに「指値は厳しいです」と最初にクギを刺される場合です。

元付なので、売主側の事情もよくわかっています。その営業マンが言うのであれば、指値はしない方が賢明です。
※ただし、引きが多い場合に限ります。売れ残っている場合は、逆に営業マンに指値の必要性を理解してもらうよう説得することもあります。

この時点で、指値をして買おうと思っていた場合は、手を引きますし、満額でも買いだと思えば満額で買い付けを出します。


このことから、指値は、仲介営業マンのトークである程度防げるのではないかと考えられます。

今回の話は、客付会社が非常識に指値を入れてくるのではなく、元付(私たちが依頼している仲介会社)の営業マンが2週間以上フォローしてきた結果なのです。。

実は、私たちがお願いしている会社さんはオフィス仲介が専門なんです。
やっぱり、餅は餅屋。コンシューマーの実需向けを専門にしている仲介会社さんにお願いした方が良かったのかな、、と思い始めてきています。

テラスモール湘南のサンマルクカフェにて、、
いつもありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
プロフィール
Swimmyさんの画像
Swimmy
Swimmyです。ひとりじゃなにもできないけど、みんなで力を合わせれば、大きなことができる。。。不動産投資ってまさにスイミーの世界です。ひとりでは買えないような物件も、いろいろな人に助てもらってチームになれば大きなものが買える。ある日そんなことに気がついてスイミーとネーミングしました。 オットが不動産投資コラム執筆しています。こちらも応援していただけると嬉しいです。 講演、執筆、取材のお申込みは下記までメールにてお問い合わせください。 104.fudousan☆gmail.com (☆=@)
ブログ
プロフィール
検索
最新記事
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。