広告

posted by fanblog

2015年10月21日

60u貼ってわかったお手軽リフォームのDECO WOODを上手に貼るコツ

週末に投資家仲間のヤングな女子お二人をお招きして、「セルフリフォーム体験会」を開催してきました。



これまでの経緯 → 1回目 2回目

これまで、1部屋(30u強)を仕上げるのにオットと2人で4日間(半日作業×4日)かかりました。
週1で作業していたために、1ヶ月間かかったことになります。
ところが、今回は4人で1日で1部屋仕上げることができました!
ちょっと残った分を今日作業してきたので、正確には1.5日。

2人(人数) × 0.5日(時間) × 4日(日数) → 4人工
4人(人数) ×   1日(時間) × 1日(日数) → 4人工

ということで、まぁ、工数は変わらないのですが、今まで1ヶ月かかったものが1日で完成したので、
感動はひとしおです。

DECO WOODを1ヶ月以上も貼り続けてきたからこそわかったコツをお伝えしていきたいと思います。
DECO WOODを上手に貼る方法


デコウッド フロアタイル 接着剤不要 木目 床材 粘着剤付き フロアータイル 塩ビタイル シールタイプ ウッド ウッドタイル 裏紙を剥がして貼って 置くだけ 簡単施工 フローリング材 フローリング シート 床 DIY リフォーム DECOWOOD DECO-WOOD


そもそもDECO WOODってなに?

簡単に言うと、床材です。オフィスの粘着式のカーペットをイメージしていただけるとわかりやすいかもしれませんが、まさにあれのフローリング版です。

床材としての価値は本物の木材を使ったフローリングが一番。ですが、投資用物件において費用対効果を鑑みると、原状回復の度にフローリングを貼り替えていたら割に合いません。なのでよく賃貸物件で使われているのがCF(クッションフロア)。しかし、CFはどうしてもチープになりがち。。

ひらめきそこで私たちが選択したのがDECO WOODでした。
スクリーンショット 2015-10-22 00.50.43.png

DECO WOOD基本情報

サイズ: 1000mm(長さ) × 150mm(幅) × 0.2mm(厚さ)
1ケース: 22枚(3.3u分)

目安としては1坪1ケースなので、6畳3ケース、8畳で4ケース程度です。
ひらめき1ケースあたり結構な重みがありますので、運ぶ際は腰に注意が必要。

早速貼ってみましょう

ひらめきポイントはお部屋の中心から貼ること。
壁際から貼りたくなるところですが、お部屋って意外とまっすぐじゃないんですよね。貼っていくうちに斜めになってしまう可能性があるので、必ず中心から貼ります。
コツは出来るだけ直線が長く取れるところから貼ります。今回は玄関から廊下、リビングまでが一番長い直線なので、そちらを最初に貼っています。
image.jpegimage.jpeg

ひらめきカットは表面から
こちらも裏から切りたくなるところですが、表からの方が格段に楽です。裏には粘着剤が付いているため、シールのように紙が1枚付いています。裏から切るには、その紙と粘着剤を切らなければならず、意外と力が要ります。
image.jpegimage.jpeg

1.カッターである程度切り込みを入れる
2.切り込みの部分を折る
3.縦にカッターを入れる

この手順だとそんなに力を入れなくても簡単にカットすることができます。
image.jpeg

ひらめき貼るときは隙間なくピッタリに
隙間なくぴったり貼ったつもりでも、乾燥によって縮んでしまいます。4日前に貼ったのに、もうこんなに隙間が。。
余裕があれば、前日に搬入してなじませると良いようです。
image.jpegimage.jpeg


以上が、DECO WOODを貼ってきてわかった綺麗に仕上げるコツです。
ご参考になれば嬉しいです。

【正規代理店だから安心!】【送料無料】 置くだけ 接着剤不要 フロアタイル 粘着剤付 だから簡単に貼れる デコウッド 置き敷き 床 タイル DIY 床 リフォーム 塩ビ フローリング 簡単 シールタイプ 【購入単位 1ケース(22枚/ケース/約3.3平米)】




茅ヶ崎の自宅より、、
いつもありがとうございます。励みになります。

人気ブログランキングへ

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4317685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
Swimmyさんの画像
Swimmy
Swimmyです。ひとりじゃなにもできないけど、みんなで力を合わせれば、大きなことができる。。。不動産投資ってまさにスイミーの世界です。ひとりでは買えないような物件も、いろいろな人に助てもらってチームになれば大きなものが買える。ある日そんなことに気がついてスイミーとネーミングしました。 オットが不動産投資コラム執筆しています。こちらも応援していただけると嬉しいです。 講演、執筆、取材のお申込みは下記までメールにてお問い合わせください。 104.fudousan☆gmail.com (☆=@)
ブログ
プロフィール
検索
最新記事
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。