広告

posted by fanblog

2015年11月09日

買う気マンマンだった人から非常識な指値

埼玉区分ですが、私たちが出来ることはやりつくしたので、後は仲介会社さんにお任せしている状況です。

ちょこちょこと進捗についてご報告いただいているのですが、1組、購入に前向きなお客さまがいました。

最初、奥様がお一人で物件を見にいらして、いたく気に入ってくださったようで、後日、ご主人さまともう一度内覧されました。しかし、その場ではお申込みはいただけず、1週間検討したい、との回答だったそうです。
その間も、奥様はメールで「この1週間がとても落ち着かない」と仰ってくださっているくらい、かなり前向きにご検討くださっている感触でした。

ところが、、、

500万の指値で申込みしてきたのです!

この物件、指値されないように、表層は全てリフォームし、ホームステージングも導入しています。

何を根拠に500万の指値をしてきているのでしょうか。。。もうびっくりです。

そこで、なんで指値してくるのかなー?と、自分自身が物件を買う立場だったらどうなのか、を考えてみました。

まず、指値出来ないな、と感じるのは、
元付会社の営業マンに「指値は厳しいです」と最初にクギを刺される場合です。

元付なので、売主側の事情もよくわかっています。その営業マンが言うのであれば、指値はしない方が賢明です。
※ただし、引きが多い場合に限ります。売れ残っている場合は、逆に営業マンに指値の必要性を理解してもらうよう説得することもあります。

この時点で、指値をして買おうと思っていた場合は、手を引きますし、満額でも買いだと思えば満額で買い付けを出します。


このことから、指値は、仲介営業マンのトークである程度防げるのではないかと考えられます。

今回の話は、客付会社が非常識に指値を入れてくるのではなく、元付(私たちが依頼している仲介会社)の営業マンが2週間以上フォローしてきた結果なのです。。

実は、私たちがお願いしている会社さんはオフィス仲介が専門なんです。
やっぱり、餅は餅屋。コンシューマーの実需向けを専門にしている仲介会社さんにお願いした方が良かったのかな、、と思い始めてきています。

テラスモール湘南のサンマルクカフェにて、、
いつもありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4388143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
Swimmyさんの画像
Swimmy
Swimmyです。ひとりじゃなにもできないけど、みんなで力を合わせれば、大きなことができる。。。不動産投資ってまさにスイミーの世界です。ひとりでは買えないような物件も、いろいろな人に助てもらってチームになれば大きなものが買える。ある日そんなことに気がついてスイミーとネーミングしました。 オットが不動産投資コラム執筆しています。こちらも応援していただけると嬉しいです。 講演、執筆、取材のお申込みは下記までメールにてお問い合わせください。 104.fudousan☆gmail.com (☆=@)
ブログ
プロフィール
検索
最新記事
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。