リンク集
カテゴリーアーカイブ
最新記事
ファン
検索
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
写真ギャラリー
最新コメント
フィレンツェにて 〜 夕食の友Tiiaとの出会い 〜 by リサイクルプロショップ (05/01)
月別アーカイブ
プロフィール
のんのんさんの画像
のんのん
プロフィール

広告

posted by fanblog

2017年05月17日

ニースから地中海を望む高台の町、ヴァンスへ

ニースの本屋さんで、その地方周辺の町の写真集があって、とても心惹かれた街があった。

「ここはどこだろう?」と思っていたら、それがこれから向かうフレネ学校がある町、ヴァンスだった。

山の上に、きれいに中心から円を描くように旧市街が築かれていて、本当に美しい造りだった。
img_0 (5).jpg

 ニースから、周辺の町にはバスでたいていどこも1時間以内で行けて、どこに行っても3ユーロ(約480円)といった手軽な値段だった。

 その朝、宿の近くのバス亭で時刻を調べて、どうやらこのバス亭にもヴァンス行きが止まるらしいことがわかったので、待っていた。

いくつもいくつもバスが通り、約20分後、「ヴァンス」と書いたバスが来た。

 重い荷物を持ち上げると、バスはスピードを落とすことなく、そのまま通り過ぎた。

「ええ?!」Σ(゚Д゚)

あの番号はここには止まらないのかな・・・

もう一つの番号を待って、さらにもう30分・・・

やっと来た!

再び、荷を持ち上げると、

またも素通り!(✽ ゚д゚ ✽)

どういうこっちゃ?!

 どうやら、このバス亭で待っていても乗れないらしい・・・と判断して、一個前のバス亭まで歩くことにする。
 
しかし、歩いた後でわかったことだが、このバス亭でもよかった。

フランスのバスは「乗ります」という意思表示をしないと止まってくれないらしい。

自分が乗りたい番号が見えたら、軽く手を上げるなどの合図をすれば、ちゃんと止まってくれる。(そういうことかいっっ)

 例によってため息をつきつつ、気持ちを切り替えて、
現金が残り少ないので、キャシングのために
ATMにも寄って、お昼ご飯を食べてから乗ることにした。



 
そして、3回目にして無事にヴァンス行きのバスに乗車。
DSCN3373.JPG

はあ・・・初めてのことはなにをするにも一苦労だ(笑)

 ヴァンスまでのバスルートは、車酔いする人にとってはかなりの悪路だった。

地形がそうだから仕方がないが・・・レンタカーにしなくてよかった・・・まるで迷路のような道ばかり。

着いた時は、最悪な気分だった。

景色はとてもいい。「鷲の巣村」といわれる所以の山も見える。
DSCN3408.JPG

 そして、仲介してくれたNさんが予約してくれたホテルに到着。

すごくいい所で、しかも料金は特別料金にしてくれていた。本当に感謝。
DSCN3379.JPG

ユースホステルを渡り歩いている私は、久々にゆっくりくつろいだ。

バス、トイレが自分の部屋にあるって、しみじみとぜいたくな気がした(笑)
DSCN3380.JPG

その後、少しだけ街を散歩した。
DSCN3381.JPG

画家マチスが造ったロザリオ礼拝堂

DSCN3389.JPG

ステキな泉(≧▽≦)

DSCN3394.JPG

どこを見ても、雰囲気があるのが不思議、、、

DSCN3399.JPG
DSCN3403.JPG

古いアンティークのお店♪

DSCN3406.JPG

やっぱり小さな町はいいな〜♪

そして今夜の夕食を買って、、、
DSCN3413.JPG

しかし、、、

初めての学校訪問に、ワクワクし過ぎて、この日はなかなかな眠れなかった(笑)

(つづく)

実際の旅に役立つ情報編へは、こちら
ヨーロッパの自由学校訪問記 〜情報編〜

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪
この記事を気に入って頂けたら、ポチっとお願いします^^

人気ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6273925
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。