2019年09月16日

情熱は再燃できるのか? 〜仕事を変えるタイミングとは〜

こんにちは、職業・施術屋です。


連休中はずっと仕事をしていました。崩壊間近のサロンから繁盛店と言えるサロンまで、フリーの施術屋らしく各所で働いていました。そんな中、最近私の中で思うことがあります。


施術屋としての“熱”がもう無いのかもしれない…。


__そんなことをずっと考えております。


美しいホームページを作るなら Z.com
数歩先の未来がわかる苦しさ

施術をやっていても楽しさを感じられることはもうありませんが、このままいけば2年以内には確実に施術者としての情熱もやる意味も無くなるだろうなと思っています。


ある程度経験を積めば、やる気がなくても仕事は“こなせてしまう”ものですよね。本来身体に関する仕事をしているので、まだまだ学べることは無数にありますしやれることもたくさんあるでしょう。ただ、その意欲が湧かない…。これが年齢による衰えなのか、単に“そういう時期”なのか、あるいはもう飽きてしまったのか。すべてが混ざり合っている気もしますし、どこか辞め時を探している気もしてモヤモヤしています。


施術屋としての生きる道を模索すべく、副業で自分のスキルを売ることを考えたりレンタルサロンを借りて1人で開業する道を探ったりも現在進行系で行なっていますが、それもこれも情熱の火を絶やさないためです。いや、もうすでに絶えているのかもしれませんが…。







歳を重ねると自分がどのタイミングで飽きを感じて、どれくらいしか保たないだろうということが予想できてしまいます。自分自身の心情に対しては数歩先の未来が見える。コレはある種の恐怖です。自分の死に際がわかってしまうわけですから…。


が、ポジティブに捉えるならば終わりが見えるのでそれまでに対策を練られるし、期限を設けることができるために行動が促進されます。私の目標の1つである「飽きないように生きる」ためには、こうして行動が促進されるほうが良いとは思っています。まぁツラいっすけどね。


仕事を辞めるタイミングとは

「思い立ったが吉日」が答えだと思いますが、「情熱を保つ方法が見つからない」あるいは「あっても手をつけられない」ならば辞め時かなぁと私は思います。


人生は有限なので、選択ができるうちはサッサと決断したほうが幸福度は上がるでしょう。自分のコントロール感を失うと人は不幸になりますからね。リスクを減らすためには仕事も分散するのも手です。


FD42FB27-B91E-49F8-A25C-2176297C2747.jpeg



※簡単に始められるものなら

↓↓↓
サービス内容をみる



厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:転職 退職

2019年09月11日

増税前にお買い物 〜小さく環境を変えていく〜

こんにちは、職業・施術屋です。


心機一転・モチベーション向上の刺激を兼ねて、久々に買い物をしました。服と靴、そしてデイバッグを購入し、のちに本もまとめ買いする予定です。


10月から増税ということと自身の物欲をかき立てる意味でポコポコ買いましたが、「もっと豪快に買いてー」と思いました(買い物合計\20000程度)。同時に身のまわりの不用品も結構処分して小さく環境を変えていっております。


※もう終わってしまいましたが楽天セールで買いました♪

↓↓↓




自身を取り巻く環境は変えた。あとは…

とりあえず失敗をする必要がある。


私が今よりも人生を面白くするなら、それしかないなぁと漠然と考えています。独立するには資金が足りず、実力も足りないと自分では思っていますが、じゃあいつになったらやるんだよ?とセルフツッコミも同時にやっています。


さすがに30代半ばともなると、若さや無知を理由にやらないのはダサいと思います。それに失敗してコケたところで恥でもなんでもなさそうです。



なぜなら誰もあなたを気にしていないから。


0AEB955C-3076-4D63-AF6F-97D6A3904950.jpeg



そう言われそうですよね(誰かに)。


一応フリーの施術屋として生きてはいけていますが、おそらくこの先には何の山も谷もなさそうだなぁと感じています。なので、小さく始められる仕事を考えて前々からいろいろ調べているのですが、ここで一つ問題が…。



地元周辺にいい物件がない…。



物件といってもレンタルサロンなのですが、都心に行かないといい場所がないんですよね…。まぁ急ぎではないのですが、個人の心情的にやや“生き急ぎたいモード”に入っているのでなんとか次のステージに行きたいです。たぶんこうして通行止めやら落とし穴やら多くの障害に阻まれるでしょうが、これも人生を彩るアトラクションだと思って今日も邁進しますわ。


お互い面白い人生にしていきましょうぜ。






厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:副業 起業

2019年09月09日

緊急時の対応でその会社の判断ができる? 〜台風のとき、あなたの会社の対応はどうでしたか?〜

こんにちは、職業・施術屋です。


先日の台風の影響は大丈夫でしたか?飛行機や電車など、運転見合せが実施されるほどに大きい影響がありましたが、仕事がある人はさぞ大変だったことでしょう。私は業務委託の施術屋なので、21時以降はヤバそうだと判断して19時で仕事を終えました。


台風がくる季節は、いつも初めてのリラクゼーションサロンで勤めていた職場のことを思い出します。ただでさえ1時間以上かかる職場に3時間以上かけて電車を乗り継いで向かったあの虚無感…。台風直撃の予報の中、なんでこんな身の危険を冒しながら職場に向かわなければならないのか。社員という鎖に疑問を抱いた最初の出来事だったと記憶しています。



過去にこんなことがありました

↓↓↓
http://fanblogs.jp/freeartist/archive/197/0




そんなこともあって、今のこのフリーな働き方は満足しています。


が、今回の台風でちょっとした出来事があったので、ここで晒してみようと思います。


あなたのコスト、大丈夫ですか??

現場判断で決定した結果…

私が帰る前の18時台の時点で、職場の地域はすでに避難準備(レベル2)が出されていました(私の住む街はレベル3でした)。 職場の閉店時間は23時(最終受付は22時)で、その時間帯はもう台風の暴風域に入っている予報でした。


私は台風に苦い思い出があります。なので、スタッフを閉店時間まで残す選択肢は私にはありませんでした(特に今回の台風は危険だと盛んに言われていましたしね)。そこでスタッフに「営業時間、どうします?」と一応聞きました。予約は20時まで埋まっていましたが21時以降は入っていません。万が一ネット予約が入ったら22時以降までお店に残らなければいけなくなります。スタッフは業務委託者なので「稼ぎたいから残る」と言われたらその気持ちは尊重すべきかどうか、考えなければなりません__。


が、あっさりと「あ、帰れるなら帰ります」と返されました。そりゃそうですよねー。


じゃ、あとはよろしくーと1番遠い場所に住んでいる私は一足先に帰宅。無事、家に到着いたしました。その後、閉店作業していたスタッフからメッセージが届き…


そこにはややお怒りな雰囲気が感じられました。一体どうしたのでしょうか?



美しいホームページを作るなら Z.com

不信感は増幅し、感染する

どうやら21時に閉め作業を行なっている際にオーナーから連絡があり、閉店することを私(店長)に伝えているのかと聞かれたようです(PCからネット予約ができないようにしていたのでわかった様子)。そういえばオーナーに許可取ってなかったーとミスったことがバレましたが、そのメッセージのやりとりの中で驚愕の事実が判明しました。


このお店はフランチャイズ店であり、「本部」があります。実は本部では、台風接近の為に閉店時間を早めようという話が出ていたそうです。しかし、私のお店にはその話は一切伝わっておりませんでした…。


なぜ我々には教えてくれなかったのかをそのスタッフが問い正すと、「天気予報は外れることが多いから保留にしていた」との返答が…。この話を聞いて「ああ、“経営者”らしい判断だなぁ」と私は思いました。とりあえずギリギリまで客を獲る態勢を整えておくのは結構ですが、今回の台風はとても危険だと事前に告知されていて夜は外出を控えるようにと散々伝えられていたはずです。そして天気予報は外れることが“多い”とはどれくらいの頻度なのでしょうか?おそらくは1〜2回あった出来事を「多い」と認識しているのでしょうが、はっきり言って天気予報の観測データのほうが我々シロウト判断よりもはるかに優秀でしょう(マジレスですが)。


それに「台風が来てから帰ろうか」ではもう遅い。避難勧告とは「台風接近してるから、上陸する前に早よ逃げれ」という事前行動を促すものです。現場にいないシロウト判断に任せられるものではないでしょう。まぁ結果的に閉店を許可されたようですが、なんだか最後にイヤミのようなメッセージを受け取ったようで、そのスタッフは大変お怒りでした。 まぁ私が許可を得なかったのが悪かったとはいえ、何もいわなかったら22時以降まで残された可能性を考えたら後悔はまったくしていません(私の住まいでは22時にはすでに雨風が相当強まっていましたから)。


大手の会社であれば全店に通達がされたりするのですが、そこまで大きくないのでこういったことになるのでしょうね。今回の1件でスタッフは不信感が募り、そして拡散されることでしょう。個人の不信感は、ときに感染するものです。怖いですよね。


07A82E03-6813-4780-B6C8-91CBD3DC7C8E.jpeg



台風後も駅前で電車を待つ長蛇の列が話題になっていましたが、ああいうのも自分で判断できず、ただただくそ暑い中“待つ”という選択しかできないように思えます。他人に判断を委ねていると、消耗され続ける人生になっていくのかなぁと、私は過去の台風被害にあったあの時に感じて今(フリーの身)があります。


私は災害時にも出勤を強要される人生には2度と戻れそうにありません。あなたはどうですか??







厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:転職 台風

2019年09月06日

新しいものを手に入れるには、まず古いものを処分しよう 〜ただいま楽天スーパーSALE開催中!!(11日〈水〉1:59まで)〜

こんにちは、職業・施術屋です。


wpXレンタルサーバー




神戸への旅行から物欲にまみれようと思ったので、まず先に行ったのが「断捨離」です。知らず知らずのうちに物が溜まっていってストックができると新しいものを買おうと思うことが無くなるので、思いきって服やバッグ、タオル類などをいくつか処分しました。服は興味あれど、優先順位はかなり低いので平気で3〜5年以上同じ服を着続けてしまいます。なので、今回は多めに処分しました。


新しい考えをもつ時も同じだと思いますが、一度古いものを横に置いて(あるいは捨てて)からでないと新しいものは入ってきません。常にゆとりスペースを設けておけるように、使わないもの・いらなくなったものは常に捨てるように定期チェックをするようにしようかな…と思った次第です。


とりあえず服とバッグ、そして靴を買いました。服は旅行先、バッグは私の好きなファッションバイヤー経由でZOZO、そして靴は今絶賛セール中の楽天から。


↓↓↓




11日(水)の1:59までの期間、毎日タイムセール商品もあってサイトから予告を見ることも可能です♪この機会にぜひ一度覗いてみてはいかがでしょうか?


75E924E9-5219-427C-9E23-C9CA83745FB7.jpeg




厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7

2019年09月04日

欲するものを得る方法。〜このようにしてして、つじつまを合わせていく…

こんにちは、職業・施術屋です。


神戸に帰る直前の、とあるドトール内にてこのブログを書いています。


私は生活に飽きがこないように、30歳から年に4〜6回は1人で国内旅行をしています。元々は趣味も限られていてお金もないために地元から出ることはほぼない生活でした。ただ、あるキッカケから「自分のコンフォートゾーン(居心地のいい空間)から一歩出ていかないと後悔する」という恐怖心にも似た思いを抱くようになり、それからは1人旅をするようになりました。


今では旅行しないとストレスを感じるようになり、旅行なしの人生は考えられないくらいになった自分を見て「人の気持ちなんてあっという間に変わるものだな」と実感しております。


現在20ヶ所近く国内を巡った私ですが、今回の旅でできた新たな目標について書いてみます。



欲するもののために逆算して決めていく人生

私は現在フリーの施術屋ですが、旅行を始めたときはまだイチ社員でした。月6日休みのフル出勤で、休日はある程度自由にできましたが連休をつくるのは至難の業。1泊2日の小旅行を繰り返していた社員時代でした。


はじめのうちはそれで満足していましたが、段々と「もう少しゆっくり巡りたいなぁ」と思うようになり、それからいろいろあって退職するに至りましたが、退職から現在の職に移行するまで約1カ月の期間休みをつくったので、その間に2泊3日の北海道と沖縄の旅行にそれぞれ行ってきました(それはこのブログに書きましたね)。


そこから現在まで大抵の国内旅行は2泊3日の期間を設けるようになり、それなりに満足感を得ることができています。これができるのは私がフリーになって休日をとることに不自由しなくなったからです。稼ぎは完全歩合制なので不安定ですが、シフトの作成には不自由がなくなったのがフリーという立場の最大のメリットです。


CAAFD2B9-222D-401E-9F54-903AB55C53E8.jpeg



さて、旅行するようになってわかったのは、繁華街や観光名所に行くと必ず多くの外国人を目にします。そしてお店では集団で「爆買い」をしている光景が当たり前のように飛び込んできます(今回の旅先でも目にしました)。私はどんな外国人にも偏見は持たないようにしていますし(だってただの1市民でしょ?)、日本で正規の値段で買い物をしてくれるのは何の問題もありません。日本の経済を考えるならばいいことなのだろうと思います。



問題なのは、私が「爆買い」できない経済状況なわけで…(T-T)



昔から私は欲しいものがあっても「本当に必要か?」と数日間悩んでしまいます(たとえ1000円単位のものでも)。昔はお金がなかったのでそれは仕方のない話だったのですが、いまはもう30オーバー…。フリーターでもないし、そろそろ1000円単位の買い物くらい悩まんでもいいでしょうと思いつつ、いまだに悩むことがあります。


今回もスポーツショップで“NEW ERA”の長袖シャツを1枚買うのに結構悩みました。悩んだのは値段というより2種類あったデザインの方で悩んだのですが、「1枚5000円のシャツなんだから両方買っちまえよ」と思う話ではないでしょうか?


そんなぶつぶつと悩む私を尻目に外国人集団が現れ、レジ3つを陣取るくらい大量の買い物をしているのを見て、なんとも情けないなと凹みました。私もいい加減、ある程度のものは躊躇なく買えるようになろうと心の底から思いました。(今回の旅行のハイライトです笑)


NEW ERA ニューエラ 袖プリント 長袖 Tシャツ 12108239 12108240 (12108240:ブラック, Lサイズ)

新品価格
¥5,184から
(2019/9/4 20:04時点)




さて、ここからが小見出しのタイトルの回収です。



私は「旅行を自由に行けるようになりたい」と考えていた結果、いまはフリーになってそれが可能になりました。そして今回の旅で改めて思ったのは「欲しいものはある程度の金額のものならば躊躇なく買えるようになりたい」です。


コレは私のメンタリティの問題であり、金額の問題でもない話かもしれません。しかし、このメンタルブロックを壊すことが、結果として今の自分の殻を打ち破るいいキッカケのようにも思えるのです。実はこの話はいまに始まったことではなく、昔から薄っすらと気づいていたことでした。しかし、散財することが是ではないだろうと自分に言い聞かせていたのですが、今回の旅がいいキッカケになりました。と、いうか「キッカケにしました」。


私はいま仕事上で新しい取り組みを始めています。「仕事をうまくやろう」とか「将来的なステップアップにしよう」みたいな漠然とした“イイこと”ではモチベーションが上がりにくいのは事実です。時にはこういった「俗っぽいもの」にモチベーションを定めたほうがいい場合もあるでしょう。


私は今まで未来から逆算した人生設計をしてきましたが、その内容は結構マジメなものばかりでした(自己啓発っぽいやつ)。今後はもう少し欲にまみれたものを織り交ぜて、目標達成のためにつじつまを合わせる人生を送っていこうと決めました。そのほうが面白そうではないですか?


私はただのイチ施術者ですが、そんな私でも人生は十分に謳歌できることを記すことによって、読者のあなたになんらかのネタになれば幸いです。これからもよろしくどうぞ。






厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン