2018年09月22日

名刺交換という儀式から生き残る風習を考える

こんにちは、職業・施術屋です。


施術屋とライターに並行して、何か仕事を作れないかと日々手を動かしています。まぁ忙しくしたいわけではなく、一定の収入源を確保したいだけなんですけどね。個人事業主としての生活の流れに慣れ始め、少しずつ“たるみ”が出始めそうな頃なので気を引き締めたいところです。


さて、そんな中で私がよく利用しているカフェ・ベローチェで私の視界に入る席で、男女のペアのうちの女性が「そういえば私、名刺を作ったんですよ〜」とバッグからごそごそと取り出していました。


名刺!!


なるほど。普通の会社員ならば名刺の1つや2つ持っているものですね。私は今まで世界の端っこの方で生きてきた人間なので名刺を交換するという風習は皆無でした。


ビジネス名刺専門通販サイト「名刺通販ドットコム」


名刺は必要なのか?

デジタル世代にとっては名刺の存在ってどうなの?と思いますが、一定の年代の方や「ビジネス感が好き」な人にとっては“儀式”のように感じているのかもしれません。


若い世代同士ならば「FacebookかLINE交換すればイイっしょ?」と感じる人もいるかと思いますが、名刺交換という儀式は意外に無くならないかもしれないなぁと思っています。理由としては“長い間続けられたものは風習と化して今さら辞めづらいから”です。


例えば紙自体がもう無くなるとかならば消える可能性はありますが、それはおそらくないだろうと考えられることと、世の中に「名刺アプリ」なるものが多々あるからです。


『プリスタ。』

激安名刺印刷!!100枚140円〜

大阪市内なら当日お届け。用紙も豊富で高品質!



もらった名刺を画像に取り込み(?)アプリ上で管理する。だったら最初からQRコードで読み取って「ハイ、終了」じゃダメなのかと思ってしまいますが、たぶん名刺の受け渡しの“作法”が大事なんでしょうね…ビジネスマン同士は。


人間の作法(動き)が伴う風習は生き残る?

おそらく名刺を交換する際の一連の“動き”が大事にされているのではないでしょうか。名刺入れから取り出して渡す順番だとか、声のかけ方だとか、姿勢など「お互い同じ儀式を共有しています」というものが必要とされているのでしょうね(私の超個人的な見解です)。

テクノロジーが発達していっても、おそらく“人間の作法”が含まれるものは意外と根強く残るのではないか?


と考えさせられました。私も個人で生きる身として、名刺作ってみようかな…(使う場面が皆無ですが)。


北海道旅行、安くなるようですね。また行きたくなってきた…。
TripAdvisor (トリップアドバイザー)







2018年09月20日

ブログ記事数200へ!!

こんにちは、職業・施術屋です。


施術屋としての仕事のかたわら、ライター業の仕事にも手を出しつつ読書をしたり筋トレしたりとやりたいことに手を出し続けている中、ブログの記事数も200を迎えました︎!!

アフィリエイトなら【A8.net】

継続とは筋肉なり︎

内容は日記であれ、これほどまでに続けられるとある種の自己肯定感を得られるものです。


よく“継続は力なり”と言いますが、継続とはズバリ筋肉みたいなものです。筋肉も適度な負荷をかけ続ければ筋繊維が破壊された後に超回復が行われ、以前よりも強靭な筋繊維が出来上がっていきます。筋力や見た目の太さも変わり、それが自信にもつながることによって更に大きい負荷にも挑戦できるようになっていくのです。


“継続”も同じで、どんなことであれ“続けられた”ということが認識できればそれが自信につながり、更なる継続や別の事柄にも同じように挑戦できるようになるのではないでしょうか?

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

新品価格
¥1,382から
(2018/9/20 11:47時点)




と、まぁ若干こじ付けでの説明となりましたね(笑)。しかし、私はそう実感しています。

今後のこと

ただし、これはまだ自己満足でしかなく、こうして人に見られるような場所で発信している以上、もっと読者数が増えるようなコンテンツを作りたいものです。過去記事を読み返しながら(手直しもしています)、以前語ったように200を超えた以上、もう少しこの場を作りこんでいきたいと考えています。



今後は仕事もやることは増えていく予定ですが、ブログもしっかりと更新していきますのでお手隙の際にはぜひ訪問してきてください\(^o^)/


ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」

せっかくなんで改めて自己紹介させてください↓↓↓
<プロフィール>
職業・施術屋

・現在はフリーとして都内2店舗で筋肉ほぐし・リフレクソロジーを主に施術
(民間整体スクールを卒業の後の大手リラクゼーションサロンでの正社員・多店舗経営の整体サロンでの店舗管理者を経験。筋肉に対するほぐしや東洋・西洋式リフレクソロジー、ストレッチ等を主に学ぶ)

・クラウドワークスにてライティングの仕事をこなしている







2018年09月19日

ブログについて

こんにちは、職業・施術屋です。


毎回↑のように自分を「施術屋」と語っていますが、随分と前から全然施術について語ってないじゃないかと思い、思い切って変えちまおうかと考えている日々です。

アフィリエイトなら【A8.net】

ブログタイトルに悩んでいます…。

施術業については”note”の方に移行してしまったので、そっちでいいかなと考えてはいますが、向こうの方はPV数が少ないので向こうを変更してこちらを本業語りのブログにしてしまうか。


なんでこんなことを考えているかというと、ブログの基本をおさえる上で“ブログタイトルの重要性”を考え直したからです。


「え?いまさら?」という話ですが、このブログを始めた当初は「自分の語れるものは施術屋としての経験か武道か読書(歴10年以上)くらいしかないよねー」ということで“ナレーター職業・施術屋さん”としました(安易ですね)。


ところが書き始めてみると、当時の職場のことや施術者のキャリアなどについてのタップ(文字打ち)が止まらなくなり、ほぼ毎日更新して蓄積されていく記事も気づけば198︎︎

内容はともかくとして、2月から始めたことを考えるとずいぶんと続いたなーと考えもひとしおです。


なので、200にたどり着くにあたってもっと作りこみたいなーと欲が出てきました。

日本語対応高品質WordPressテーマ

ここまでつづく上に、気持ちが入るとは思わなかったブログ

自分の苦手な写真なんかもつけて、もう少し綺麗にできたらいいなぁと考えているのですが、iPadからだとイマイチ添付や画像のサイズ、貼っ付け方がわかりづらく単純な勉強不足を痛感します。


まぁ正直、業務委託の最低保証期間ももうすぐ終わり、収入がリアルな“完全歩合制”に移行する中でこんなことをやっているヒマがあるのかと思いますが、もしかしたらこのブログも収入源の1つになり得るかもしれない未来を考えると「やりたい!」と自然に気持ちが湧いてきます。


そんなわけでもうすぐ記事数200を迎えます。ブログタイトル名を変えようが趣きが変わろうがブログは続けていく所存なので、もしこのブログを読んでいる方がいらっしゃったら暖かい目でたまに見にきてくれると幸いです。


エルセーヌ



追記:過去記事を少しイジっていろいろ見やすくしています。興味があれば読んでみてね(^^)








2018年09月17日

1人旅の思い出 Part4〜湯河原編〜

こんにちは、職業・施術屋です。


最近、卿が乗っているので「1人旅の思い出」シリーズ第4弾を語ります。


1人旅3回目は大阪で食い道楽を楽しんできました。その時から「次は北陸地方を攻めようかな〜」と考えていたのが前回までのお話。それから約2カ月後、旅行するチャンスが(自分の中で)到来したので決行致しました。


行き先は“湯河原”。わりと近場にしました♪(´ε` )

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

湯河原への旅行を決めた経緯

なんで湯河原?北陸地方はどうなった?と言いますと、前回の大阪から約2ヶ月という期間での旅行。


ここで私の“貧乏症”の発作が起きました。北陸(具体的にいうと金沢)への旅費を見積もって「ちょっと、お金使い過ぎじゃね?」と当時の私は尻込みをしてしまったのです…。


(ま、今でもたぶん同じ選択をしそうですが)「とりあえず温泉に入れればどこでもイイや」という結論に達して近場を検索した結果、湯河原に落ち着きました。


当時の私は月に6日しか休みのない正社員でしたので、2連休というのは極めて稀で、次に連休を取れるのはいつかわからないという日々でしたので、あまり考えるヒマはありませんでした。


そんなわけで鈍行列車に乗って湯河原駅へ出発。熱海に行った時と同じルートだったので「もう1年前か…」と1人黄昏ながら眼前に広がる海を眺めていました。


WordPressを使うならロリポップ!

簡単インストール完備で楽々スタート!


湯河原へ到着〜日本の歴史公園100選に選ばれた万葉公園へ

そして湯河原駅へ到着。バスに乗る前に駅周辺を軽く散策しました。


率直な意見として「見事に高齢者しかいないな…」と思えました。平日だったこともありますが、それがかえって地元のリアルさを感じました。「ここにリラクゼーションサロンを構えたら繁盛するかな…」なんてことを考えながら散策をしていました。干物売り場が多い印象を受けつつ(有名なのかな?)一通りまわった後にバスに乗りました。


実はバスに乗るのは数年ぶりで、ちょっとドキドキしましたがなんとか乗車しましたが、そこで見たのはご年輩の方々が普通に電子マネーで乗り込んでいる場面でした。私はそこで少し感心していました。


何に感心したかというのは“都心でなくても電子マネーが当たり前のように浸透していること”に、です。


これから先の時代、テクノロジーが発展して世の中が更に速く変わっていくことに拒否反応を起こす人もいるでしょう。しかし、テクノロジーは知らぬ間に私たちの生活圏内に入ってきて、そして当たり前のように使いこなしている。先に使い始めるアーリーアダプター〜レイトマジョリティーの差は非常にわずかになってきていくんだろうな…とバスに揺られながら考えていました。


そんなことをボンヤリ考えながら到着したのは“万葉公園”。


日本の歴史公園100選に選ばれた有名な公園です。

湯河原町のサイト↓
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kankou/guide/manyo-park.html


公園というよりは山のような感覚を持ちました。途中にある小休止用の木のイスに座って、今後のことをノートに書き綴っていたことをよく覚えています。自然の中で1人静かに考えごとをするのは、いつもと集中力の入りが違うような気がしました。武術の稽古を山奥で行いたくなる気持ちが少しわかった気がします。修行にはもってこいな場所かもしれません(通報されそうですが笑)。


奥へと進むと独歩の湯という足湯の泉があったのですが、入場料とカップル率の高さから入浴は断念。眺めるだけ眺めてサッサと退散しました(余計なお金は使わないことを徹底してる)。


いつかカップルで行きたいものです。(←強調しておく)

和室の畳部屋への憧れ

その後、歩いて宿泊するホテルまで歩いて移動。受付でのチェックインを済ませ、いざ部屋へ。


そこは8畳一間の和室でした。普段6畳のフローリングに住む人間としてはひ、広い!という感想が真っ先に出ました。


うひゃー最高だね、と1人はしゃいでいたところでトラブルが発生。なんと手持ちのポケットWi-Fiが繋がらない︎


マジか…!と1人アタマを抱えました。私が今も使っているタブレット端末iPad AirはポケットWi-Fiで利用しています。そのポケットWi-Fiが圏外反応。恐るべし湯河原町…。

契約縛り、端末代金無しのWiFiルーター!【J-WiFi】


幸い楽天モバイルのスマホは動いていたのでそちらで運用しました。とはいえせっかくだからと持ってきた本を読みながらノートで書き物をするという普段あまり時間を割かないスタイルで湯河原の夜を過ごしました。和室の広々とした部屋は住みたい家の1つです。そのことを再認識できました。
(施設内の大浴場も1人貸し切り状態で堪能できましたw)

時の流れはあっという間。やりたいことは早めに済まそう

こうして1泊2日の旅を終え、帰りの電車に乗っている時に昨日見た光景をもう1度見たときに“昨日の自分がもうここ(今日)にいる。1日ってあっという間だ…”と時の流れの早さを実感しました。そしてやりたいことはサッサとやろう、とも思いました。


湯河原は都会に慣れた人とっては、喧騒を離れることのできる良い環境だと思います。何かに集中して缶詰状態になるにはもってこいの場所だなぁと感じました。作家にでもなったらまた行きたい場所です(笑)。

死ぬこと以外かすり傷 [ 箕輪厚介 ]

価格:1,512円
(2018/9/18 15:50時点)
感想(1件)










2018年09月16日

未来に紐付く選択をしていますか?

こんにちは、職業・施術屋です。


私のいる整体・リラクゼーション業界にいると、よく見られるのが“業界を去る人(仕事を辞める人)”です。

40代の女性が活躍されています! セラピア リラクゼーションの求人募集

整体・リラクゼーション業界のリアル

この業界はよほど個人のスキルがあるか、客足の途絶えないお店にあたらない限りは稼ぎが安定しない上に生活もままならないことが多いです。なので、社員のような固定給ではなく業務委託契約の報酬体系の人は稼げないとすぐに辞めていく…。そのために人材の出入りが激しい業界と言われています。


私がこのブログを立ち上げた初期の頃に「リラクゼーション業界でのキャリアのパターン」を挙げたことがありました。


↓↓↓
http://fanblogs.jp/freeartist/archive/20/0


その中で「サッと辞める人が一番賢い」と私は語りましたが、サッと辞める人たちは大体30歳前後が節目となるようです。


将来を考える年齢なのでしょうね…私の身近にいるスタッフも、どうやら撤退の匂いが出始めてきました。


実際に私も2ヶ月ほど業務委託で働いていますが、たしかに不安定極まりない働き方です。自分から仕事を作って結果を見せるわけではなく、あくまでも相手が来ないと成り立たない仕事なので浮き沈みの激しくなるのは仕方がないとも言えます。


…と、そんな風に諦めモードになって悲観しても意味がありません。


なので、noteを使ってリラクゼーションに興味を持ってもらおうとしたり、せっかく個人事業主になったのだから何か事業でも立ち上げられないか?と調べてみたりとせわしなく動いてはいます。

WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP

私の仕事を探す基準

他人に対してはやりたいことがあるならサッサとやればいいのにとエラそうに喋っているのに自分が動いていなければダサすぎます。


私はバイトをするくらいなら何か自分でビジネスをしたいと考えています。


バイトをして生活費の足しにするのは、実はこの業界では珍しくはありません。私もそうする未来は充分に考えられます。


ただ、私は自分の描く“ストーリー”から外れたものを選択したくはありません。


どういうことか?というと自分の描く夢に関連性のないモノに時間を割きたくはないのです。例えば整体を学ぶうえで文章を書く仕事も並行して行っているとします。一見関連性のないモノに思えるかもしれませんが「文章スキルを磨くことで、発信するスキルを高められる」「文章を論理的に書くスキルはお客様に説明するときにも使える」「将来的に自伝を書く時を考慮して」など点と点をつないで線にできるモノ、後々に「このスキルがあるから今がある・全てがつながっている」と言えるようなものに時間を割きたいのです。


これがもし、何の考えもなく「割りがいいから」という理由だけでバイトを選んでいたとしたら、ただの労働であって後に思い返すこともなくなる代物でしかなくなる…。できればそれは避けたいというのが正直なところです。(生活のためのバイトをバカにしているわけではないですよ)


何が言いたいかというと「仕事を増やすのはいいけれど後につながるモノを見つけられるといいよね」ということでした(^^)

倒れない計画術 まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ! [ メンタリストDaiGo ]

価格:1,512円
(2018/9/15 22:29時点)
感想(0件)








プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン