2020年08月01日

職業・施術家の過去を振り返ってみた。___すると、謎の自信が湧いてきたwww

こんにちは、職業・施術屋です。


先日の体内年齢は“24歳”と称されながらもお腹の調子は確実に衰えを感じる今日この頃。
時間は確実に過ぎ去っていきます。ぼんやり生きるのもまた1つの在り方ですが、はたしてそれが幸福なのかと問われると簡単には答えられませんよね。


フリーターから就職し、転職を2回行なってフリーの身になり、後ろ盾のない個人事業主のまま2年が過ぎました。ここから自分の人生をどう転がそうかと模索して2年経ったわけです(早い)。


時はあっという間に年数を跨いでいきます。自分はまだ若いと思っていても気がついたら病床についていた⋯なんて、あながちありえなくはないと思うようになりました。前々から37~38歳が仕事におけるピークの1つだと想像していましたが、おそらく大きく外しているわけでは無さそうです。


そんな私はここ数日は自分のスキルの棚卸しを行なっています。


客観的に見た『職業・施術屋』を改めて見てみようって話ですね。



  


たまには振り返ることも必要か。

20代はほぼほぼフリーターで時を過ごしていました。大学受験に失敗し、一浪するも勉強のモチベーションが続かずまたも失敗。そこからずるずるとフリーター生活がスタートしました。 


派遣の仕事(引越しの手伝い、倉庫内作業)
↓↓↓
洋食屋のキッチン
↓↓↓
コンビニ
↓↓↓
リサイクルショップの販売(←コレが1番楽しかった仕事)/フリーター生活終了
↓↓↓
リラクゼーション業(大手サロン正社員→個人サロン店舗責任者→フリーランス+店長代理)

  


この合間にクラウドワークスでライティングの仕事を受注したりもしていますが、今はやはりメインのお仕事は施術屋(セラピスト)ですねー。





趣味は合気道(2段)、読書(年間最高300冊以上)、筋トレ、国内旅行、イラスト⋯ など、ホントの趣味から一応“スキル”になりそうなものまで多様に手を出しています(ブログも2年以上やってますね)。


こんな風に自分のやってきたことを見つめてみると、なんでもやれる気がしてくるから不思議なものです。
(単に楽天家なのかもしれません)



 


8月も足掻いてもがいて苦しみながら健全に生きていこう。



688D393F-1C81-456D-9776-5AEC443953FC.jpeg

  


痩せ型人間が「自重筋トレ」でどこまで身体が変わるか検証『H=HIkaRIの自重筋トレ日報』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenadiary.com/



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:履歴 スキル
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
本・マンガ
ファン