2019年11月08日

自分は頭の中や言葉だけではわからない→〇〇で理解する

こんにちは、職業・施術屋です。


昨日は「ぶら下がり健康器」について書いてみたところ、ややPV数が伸びました。皆、興味あるの?


↓↓↓
http://fanblogs.jp/freeartist/archive/425/0



さて、昨日の流れで今日は「自分の欲しいもの」を一挙語ってみようと思います(もはや“施術”要素0)。

“物欲は無い”___ホントに?

いま私が欲しいものリストは以下の通り。



  • ぶら下がり健康器
  • ボディバッグ
  • 折りたたみ式チェアー
  • iPad Pro一式(Apple pencil・カバー)
  • サングラス(or 2wayメガネ)




こうして列挙してみると、まぁまぁ多い笑。


普段は自分にはそれほど物欲が無いと思って生きていますが、どうやらそうでもないことがわかります。この日本社会で人並みに生活していれば、欲しいものがあってもおかしくはありませんよね(言い訳)。


75E924E9-5219-427C-9E23-C9CA83745FB7.jpeg



普段考えることの中には無数の記憶と希望、そして雑念が入り交じっています。


「自分はこういう人間だ」
「こんなとき私ならこうする・こう考える」
「ああしたい、こうしたい」



あるいは、


「なぜあんなことをしたのか・言ったのか」
「あのとき、こうしていれば・こうできていれば」



___など、未来と過去を行き来するのが人の頭というものですよね。



1日だけでも数えきれないほどの考えが思い浮かぶのに、それが何年も続いていれば“自分という思い込み“が断片的に強化されて実際の自分とはかけ離れていきます。「私には物欲が無い!」と単純に自分を定義しても、実際にはそれなりに在るのです。




現実を認識するには行動するしかない

要は何が言いたいのか?それは……



「頭の中だけで物ごとを判断していると、どんどん現実と乖離していくよ」



ってことです。


日々、頭を働かせつつも行動するしか自分のことはわからないものですよね。


頭を働かせるには知識が必要です




厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン