2019年09月26日

職業・施術屋のお金の使い方 〜ケチではなく〇〇が嫌い〜

こんにちは、職業・施術屋です。


消費税法改正まであと1週間。ネット注文だと商品の出荷が10月を超えていると、消費税10%が適用になるらしいので買うタイミングを間違えないようにしましょう。(私も消耗品は買い揃えておこうか検討中)





いくつになっても変わらない金銭感覚

私が中学生のころ、夏休み期間中は母親から500円を渡されて昼飯は近所のセブンイレブンで買っていました。その時の感覚は30を超えた今でもなんとなく根付いており、常に1食500円の境界線を意識しています。


マンガ『フラジャイル』より
C686C3AA-EE95-4054-8747-E6A8C1BDEEB2.jpeg




何を買うにせよ必ず“金額の境界線”がそこにはあり、その線が消失した時こそ、私は「大人になった」と実感できるのでしょう。_そんな日はこない気がしていますが。


この幼稚な金銭感覚を私が嫌がっているかというと決してそんなことはなく、むしろそのおかげで所得が少ない部類の人間であってもちょこちょこ貯金ができて、年に5回くらい国内旅行ができているのだろうと思っています(10月は鹿児島に行きます)。


あなたが幸せを感じる使い方を…

私はよく誤解を受けるのですが、物は本やマンガ以外、滅多に購入することがなく食費もまあまあ節約します。コレを人は「ケチ」と捉えるようです。が、私としては「ケチ」なのではなく「無駄遣い」が好きではないだけで、興味のないものにはお金をかけません。もっと言うと、何にお金を使うかを決めているのですね。食材には興味がないので1円単位でも安いものを選びますが、本は2000〜3000円の本を平気で買います。


「お金はすべて使え!」みたいな過激な内容も見かけますが、個人的には自分が楽しい、面白いものにはお金をかけていいとルールを作ってしまえば、そこそこ幸せを感じる人生を歩めるのではないでしょうか?





厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン