2019年08月01日

「大きなストーリー」を持たない人間のつぶやき

こんにちは、職業・施術屋です。


世の中を牽引する人は、一様にストーリー(STORY)があります。


どういう想いがあって、どのようにして進み、時には反発を受けながらも最後には自分の理想を貫いて結果を出す。その一連の中でファンやアンチが生まれ、時に気持ちが反転しながらも最後はファンの数が上回っている。
世の中、ある程度の結果を出した人間にはなかなか石を投げにくくなります。なぜなら「あなたは何ができるの?」と自分に石が飛んでくる可能性が生まれるからです。


そんな外野の小競り合いもストーリーの一部としながらも俗に言う「成功」を手にしている人たち。この人たちに共通しているのは「ファンを作っていること」です。当たり前ですが、サービスを作って発展させていくにはファンを作ってお金を落としてもらう数が増えているから大きくなっていくのですね。



安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」
大きな志がない…。だから、どうした?

そんな成功者に憧れを抱いて「何かでっかいことがしたい!!」と感化されてしまいがちな人たちは数多くいます。私もその影響を受けている節があるかもしれません。



BCDC5CFB-B749-492C-B26F-8414302E24A3.jpeg


私は本をよく読むので、いわゆる「成功者」の在り方を学んではいるわけですが、私自身は明確に“やりたいこと”なんてありません。なので、起業して大きなことを成し遂げていくようなストーリーは作ることはできないでしょう。そう考えると、ちょっとガッカリしてしまいそうですよね。


ですが、よく考えてみればそれほど世の中のマスに対して貢献したいような仕事なんて、ぶっちゃけそれほどしたいわけではなかったりします。(あなたもそうではありませんか?)



「そこそこ稼げて、休みたい時に休めて、人生に飽きないような仕事ができればイイじゃん」と言うナメているような考えこそが、実は自分が1番望んでいることだったりするんですよね。



「いい歳した大人が何ほざいているんだ!」と正義を掲げる人は石を投げてきそうな発言ですが、こうして本心と向き合うのは大事なことだと思います。



__さて、多くのファンを作れるようなストーリーではありませんが、自分が楽しめるストーリーをどう作るか。それが私の次のチャレンジになりそうです。そう考えると、選択肢として「転職」はないよねー…(独り言)。





厳選した本を年間3ケタ数読む読書家がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a




Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7

タグ:転職 起業
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン