2019年02月14日

バイトテロが近くで起きたようなので、考えてみた

こんにちは、職業・施術屋/本の紹介屋です。(@HHIKARI7)


最近世間を賑わせているのがTwitterでのアホな輩のネタ動画。くら寿司をはじめ、さまざまなところからアホなことをやらかした動画が次々と出てきています。


Yahoo!Japanニュースのリンク↓
https://news.yahoo.co.jp/byline/tokurikimotohiko/20190210-00114341/



いわゆる「バイトテロ」というやつですが、最近の人はバイト中にスマホ持ちこんで遊べるのか〜と時代を感じていました。


そんなおりに1本のメッセージが舞い込んできました。


なぜバカなことを他人に撮らせるのか?

アプリを開いて見ると、どうやら私の知り合いからでした。なんぞやと思って読んでみると、どうやら仕事を辞めるかも…という話のようでした。それは結構なことだと思い(転職2回経験済みのパラレルワーカーなんで)、詳しく聞いてみると、詳細は語りませんがどうやら数年前のある出来事をSNSで晒されたというのです。


内容を聞くと「アホなんじゃねーか?」と思う内容なんですが、おそらく当時バイトしていた人間がその出来事を保存していたらしく、バイトテロ流出問題に便乗したのかSNS上で晒したようなのです。それが流れに流れて職場の上司にバレたという話でした。


どれだけ拡散されたものなのかは確認していないのでわかりませんが、それを聞いたとき「スゲー、マジで特定されるものなんだ!」と、驚きました。SNSで被害(?)にあった人間を真近で見るのは初めてなので、改めてSNSの脅威を感じました。


そもそもなんでああいうバイトテロ的な動画や画像を撮らせるのでしょうか?


SNSのアカウントなんて誰でも持ちうる現代において、そんな証拠になるものを撮らせてたり保存させたりしたらマズイと思わないものなのでしょうか。この感性は私が古い人間だからなのか、現代の若者には普通のなのかはよくわかりません。ただ、なんとなく考えるのはバカをやる側は「目立ちたい+秘密を共有したい」のではないかということです。

たったの25秒で「今すぐ使える」VPSタイプの高速レンタルサーバー

バカなネタでのコミュニケーションは、相手にバカにされるだけかも…

小学校の頃からクラスに1人くらいは「目立ちたがり屋」がいるものですよね。それ自体は不思議なことではありません。ただ、大人になっても一定数そのままの性格で社会に出る人もいます(大人になってはっちゃける人もいますけど)。他人よりも目立とうとして仕事や趣味に勤しんで成果を出すならば良いのですが、その場のノリでバカをやって、その場の人間の注目を集めようとするだけの人間は、今後は注意したほうが良いのでしょう。


「普通はこんなの内輪ノリであって、外部に晒さないでしょ」とタカをくくっていても、人間は数年経てばバカな人間との関係なんて簡単に忘れます。そして、手元に”ネタ”が残っていれば……。あとは、わかりますよね?


バカなフリをして他人とコミュニケーションをとる方法もアリかもしれませんが、そういうコミュニケーションの取り方は相手にバカにされた状態での関係しか築けないのではないでしょうか。よほどの戦略家でもない限り、そのようなつながりを作っても無駄に時間を消耗するか、後のトラブル(バカッター扱い)のリスクにしかならない気がしました。


バカなことを晒しあえるのが友だちとか考える人もいるかもしれませんが、一生モノの友だちはそうそう出会えるものではないのでバカを晒す相手は見極めないと、ある日突然上司に肩を叩かれる日が来るかもしれませんよ……。








プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン