2019年02月05日

確定申告の話題からお金について考えた

こんにちは、職業・施術屋/本の紹介屋です。(@HHIKARI7)


先日ふと職場のスタッフと確定申告について話す機会がありました。


皆さん、進めていますか?
↓↓↓



その場に居たのは私をのぞいて3人いたのですが、誰も確定申告の準備をしていないどころか、申告の仕方も知らない様子でビビりました。全員個人事業主なのですが、当然開業届も出していない様子。白色申告と青色申告の違いもよくわかっていないようでした。

ケチではなく無駄が嫌い

日頃から皆さん「お金を稼ぎたい!」と思っている人たちばかり。稼ぐことは考えていても支出(税金)を減らす工夫はまったくしないんだなぁと考えさせられました。


私はよく周りから「ケチ」と思われている節があります。食料や生活雑貨は基本的に近所の「業務スーパー」か「SEIYU」でしか買わないし、勤務中の食事は100円のスナックパンか持参した食料で済ませ、ドリンクは自宅から持ってきた水筒(麦茶)です(ちなみに私は高校卒業以来、コンビニや定価の自動販売機でドリンクを買ったことがありません)。


ここまで節制している(ように見える)と、周りから「お金を貯めてどうしたいの?」と不思議がられます。しかし、私からすると「どうして”お金がほしい”と思うわりに、そんな無駄にお金を使うの?」と不思議に思っています。


私は休日に朝食をファミレスに行くのは絶対ですし、銭湯で交互浴をキメるのもほぼ決定事項です。好きな本や漫画を買うことにためらいはありません。プロテインも買いますし、数ヶ月おきに1人旅にも行きます。自分が思う”贅沢”にはあまりお金を気にしなくなっています。


つまり、何にでも出費を拒むのではなく、単に”無駄”が嫌いなのです。


(※会計ソフトfreeeの確定申告向け訴求がランディングページ)


スーパーで100円で買えるドリンクにコンビニや自動販売機で150円を出す理由がわからないですし、食料も同じです。安く仕入れられるところがあるならそこを選ぶでしょう、という単純な理由です。ただ、時間の浪費を考えてお金を出して時間を買う感覚はわかります(私も行列のできる店にはタダでも絶対行かない、時間の無駄も嫌いです)。要は自分が何に価値を置いてお金を使うのかを自覚することが、お金を持てるようになることにもつながるのではないかと思っています。


確定申告の話に戻りますが、税金だって払わずに済むものなら払わないほうがいいでしょう。しかし、どうもそういう方法は調べないらしい…。それが、一般の方の感覚なのかもしれません。国にとってはありがたい”カモ”ではありますが、お金を知らないかぎりお金を持てるようにはならないんじゃないかなーと思った次第です。


お金の勉強は大事ですよ!


Twitterフォローよろしくお願いしますorz
@HHIKARI7





プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン