2018年10月03日

書き続けてきたから楽しめる?リライト作業

こんにちは、語り屋です。


現在クラウドワークスの仕事で手が塞がり始めたので更新が途絶えそうな予感もしますが、仕事の過程で文章の書き方を学んでいるので箸休め的なものも含めてここで語っておきます。実はいま、過去の記事の装飾や文章をリライトしています。

読者の気持ちを考える

これまでも装飾部分をいじったりはしていたのですが、文章に関してはほぼ触らずにいたのです。理由としては”過去の下手な自分のぶんを残していた方が、現在の成長具合を確認できるから”というものでした。ですが、記事数も200を超えて冷静に現状を見つめ直したときに「過去のいま以上に読みづらい記事を読んだ人が、一瞬で脱落したら損ではないか?」と思い直したのです。ここにブログとして残す以上、人目に晒されるわけですからいつまでも自己満足に浸っていたらダメだと反省しました。なので、イチから見直してリライトしています。


日本語対応高品質WordPressテーマ

書き続けたから?リライトが面白い!

実際に着手してみて面白いなぁと感じるのは「自分の表現したかった書き方が以前よりできること」です。基本的に私は一筆書きでブログを仕上げますが、それでも「何でこんなわかりづらい書き方をしているんだろう?」と不思議に思えるくらいの文章がそこには書き置かれています。


装飾も少し加えたり、タイトルも変えたりしつつ遊んでいるので最新の記事の更新は少し途絶えるかもしれません(仕事もありますしね)。ですが、以前の記事を見直したら新鮮味を感じる…かもしれません(保証はしませんが)。そんなこんなで施術屋もライターも、そしてブログもやりきるぞー\(^o^)/


投資も積み立てが大事↓
月々1,000円からムリなく資産形成。口座開設はわずか8分!





行ってきました!鬼怒川温泉( ̄^ ̄)ゞ

こんにちは、語り屋です。


行ってきました。鬼怒川温泉!!


いやー、今回の1人旅はあの台風明けからの出発だったので波乱の連続でした。今日帰ってきたばかりでまとまっていないので、過去の1人旅の話は置いといて思い出ホヤホヤのうちに書いてみようと思っています。


wpXクラウド


東京の時間軸

今日は率直な感想を記します。今回の旅は、基本的には思い通りには全くいかなかったことばかりでした。ですが、それがかえって良かったのではないかと思っています。その理由は「東京という基準を壊せたから」です。


私は都内に住む人間ですが、毎日同じ電車で目的地へ向かい、ほぐし系のリラクゼーションサロンで仕事をしています。今は2カ所で仕事をしており、毎日が同じ場所での仕事というようにはあえてしていません。その理由はマンネリ化を防ぐためです。


同じ場所で同じメンツと変わらないような仕事をしていると飽きてしまう性分なので、こうして個人で仕事をするようになってからは“2日間以上は同じ職場で仕事をしない”というルールを作りました。そうやってマンネリ感を防いできましたが「さて、これからどうしていこう?」と改めて考えてみようと、今回1人旅を決行するに至りました。


そして楽しみにしていた1泊2日の旅でしたが、まぁ見事に予定が狂いました。しかし、そこで気付いたのです。


自分が普段いかに杓子定規な世界で生きていたのか、と。


東京の電車は5分〜10分間隔で常に電車が走っています。サラリーマンの方々は一本の電車に乗り遅れるだけでも舌打ちをするくらいイライラしています。数分後には次の列車が来るのもかかわらず、です。それはずっと東京に住んでいる私にも当てはまる部分があります(露骨に態度には出しませんが)。


イライラの原因は「自分の予定(思い込み)がズレたから」です。


40代の女性が活躍されています! セラピア リラクゼーションの求人募集



仕事のある日常ですと、大抵は自分の頭の中にある程度のプランが練られているものです。そして無意識のうちに、そのプランに自動的に身体を合わせて生きています。その自動化の中でプログラムされたものから外れた出来事が起こると、つい感情が怒りの方向へと向けられます。コレは悲しいことに年齢を重ねるほどに強まるようです。


知らない土地は、知らない時間軸で動いている

しかし旅に出ると、当然自分に内蔵されているプログラムの間隔とは違った動きを求められます。パニックです。自分が考えずとも動いているリズムと変わるのですから。


道中何度もそういう出来事に遭遇するうちに「知らず知らずのうちに、東京のリズムが絶対になっていた。余裕がなくなっていたのかもしれない」と思わされました。数分予定がズレたくらいで死にはしませんし、今はスマホも文庫本もあります。スキマ時間なんかいくらでも埋めることができます。


焦る必要はないんだ、1つの型にハマっていることがマンネリと余裕を奪っていくんだ。


東京とは違った街灯の少ない暗い夜空の中、1人歩きながらまたひとつ、この道から学びました。


マンガ版 堀江貴文の「新・資本論」 (宝島社新書)

新品価格
¥756から
(2018/10/2 22:47時点)






プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン