2018年08月20日

自由に生きる選択をするならば持っておかねばならないものとは?

こんにちは。職業・施術屋です。


個人事業主として働き始めてからもうすぐ2ヶ月が経とうとしています。業務委託という働き方は、一人の事業主として扱われるがゆえに非常に縛りのない働き方ができるので、ある意味気楽です(もちろん自分の稼ぎに保証がないのでオススメはしません)。


ただひとつ重要なことがあります。それは自分の管理をコントロールしていかなければならないということです。

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

自己管理方法のデザイン

働く日数から始まり、健康管理やモチベーションなどを自分でデザインしていかなければなりません。そして何よりも重要なのは、学ぶ姿勢を常に持っておくこと。


私はフリーターの時代から、常にいろいろと教えてくれる上司に恵まれてきました。自分の良いところとダメなところを指摘してくれる存在がいました。私は私である種の独特の考え方をする傾向があるらしく、自分はそのことについて納得しているのですが、ちゃんと意見は聞き入れます。「吸収できる部分は出来るだけ吸収すべきだし、自分の考えが正解ならば今順風満帆でないとおかしい」と常に自分で釘を打っているのです。


一方で、私のまわりにいる人の中には長い間同じ職場で仕事をしていく中で、自分が早々に殿様になってしまい歪んだ思想で固まってしまった人がいます。


他人を指摘するのは得意なのですが、じゃあ自分はどんなのかというと“何もスキルも提示できないオッサン“になっている。散々職場では強い立場のように振舞ってきて上司(店長)に反抗的な態度を取ってきたのに、いざ職場を追い出されそうになった時に「辞めさせないでほしい」と頭を下げた人間を知っています。


直接は見ていないのですが、その話を聞いたときには「こういう人間には死んでもならないようにしよう」と思ったものです(あまりにもダサかったから)。30過ぎると、会社員でなくてアルバイトやパートの人間でも”自分の経験値“のみで全てを判断をして正解にしようと、考え方が凝り固まっていくようです。そんな時に、ちゃんと実績を持った目上の人が指摘してくれれば良いのですが、そういう人に出会えなかった(あるいは接しなかった)人間になると、よほど客観性を持ってどんなものからでも学ぶ姿勢を持っていないとアウトになってしまう可能性が高くなります。

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

自由を求めるなら、より学ぶ姿勢を忘れてはならない

現代のビジネス・自己啓発本では若者でも好きなことをガンガンやろう。大人の意見は聞くな。という風潮があるように思います。好きなことをやるのは大賛成です。アホな大人の意見を聞くこともないです(将来は〜出世は〜貯金は〜という類のもの)。


ただし、自分の決断で自由に行くことを決意しているならば、歳上歳下役職は関係なく話を聞く姿勢はより意識して持っておいた方がいいと思います。特に実績を持った人の意見は貴重です。


自分は何も挑戦せずに口だけ出すダサい人間は無視してもいいですが、そういう人間はどこにでも必ずいるので、多少は自分で分析してみるといいと思います。生態系がある程度把握できれば本当の意味で無視できるので。


世の中、歳を重ねてパワーアップしていく人は、総じて学ぶ姿勢を持ち続けるために律している能力が高いです。この能力を見逃してしまって自由を選択すると「タダの痛いオッサン」が爆誕します。この姿勢を忘れずに、今日も挑戦していきますd(^_^o)


集客業務を全てサポート!ラクスルの集客おまかせパック







まわりから「正論」を吐かれるようになったら良い傾向かもしれないその理由

こんにちは。職業・施術屋です。


WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』


私は20歳過ぎてから本を読むようになり、一時期は年間300冊近く読んでいた時期もあります。30歳を過ぎてからは仕事やほかのことにも時間を取るようになったので、数は減りましたがそれでも自分で買った(+借りた)本は年間100冊程度、立ち読みでパラパラ読みするものやweb記事を含めればそれなりのものを読んでいます。


いわば活字中毒みたいなものです。

20代の反省=内省に傾き過ぎたこと

今振り返ると、20代はとにかくインプットのみでビジネス書や自己啓発書を読んでも「読んで満足」だけで実際に行動し経験・実装することはほとんどなかったと思います。そのことを実感したのは30になる前くらい。


いくら良い言葉を持っていたとしても、自分で実践して示せなければ無意味。

マンガでわかる!すぐに使える行動心理学 [ 植木理恵 ]

価格:864円
(2018/8/20 11:47時点)
感想(1件)





頭の中だけが肥大化し、身体がついてこなかった。それがいま思う反省点です。


ネットを開くと、最近ではよく他人に批判ないしは指摘をする方を見かけるようになりました。内容を見ると、どこかの本から引っ張ってきたような万人向けの薄い本に書かれているような“正論のような文体”が書かれていることが多い。そういうものを見ると、


他人に正論を言える自分が好きなんだろうな


と思えてきました。それはなぜかというと、自分にも思い当たる節があるからです。

語る前に実績を作ろう!

前回、私は“老害”について少し書いてみました。老害とは自分の持論(たった数回の経験ないしは耳にした理屈)をさも世の真理であるかのごとく当てはめて他人に押しつける人のことです。自分の主張を持つのはいいです(現に私もこうして語っていますしね)。ただ、押しつける=自分の持論を認めさせるように強要するのはブサイクだなぁと思います。


中でも著名な人で実際に経営やら業績やらでかなりの結果を出している人にコンサルorマネジメントをしているのか???という薄い持論を投げている人を見ると面白い。どういう立場でものを語っているんかなぁと感心さえします。


何かに夢を持ち、行動しながら必死に考えている人にはボケっと生きている人からみると突っつきたくなるのでしょうね。だから、もし周りから突っつかれ、叩かれる立場になっている人はもしかしたら安心していいのかもしれません。


自分はいま、まわりからは行動している人と思われているということですから。


何もしていない人は勘違いしないようにね(^^)私も気をつけています。


WordPressが簡単・すぐに使える『レンタルサーバーheteml(ヘテムル)

他人の意見に揺らされる君へ

こんにちは。職業・施術屋です。


WordPressが簡単・すぐに使える『レンタルサーバーheteml(ヘテムル)


人は年齢を重ねていくと自分の体験談を「絶対」のように思い込み、なかなかその考えを覆すことが難しくなっていくものです。若い時は目上の人から学ぶこともできますし、頭もまだ柔らかいから素直に物事から吸収することができます。


しかし、ある時点から「〇〇とはこういうものだ」という正解を自分の中で作ってしまい、その作った正解を当てはめるかのようにしか物事を見られなくなっていきます。コレが“老害”と人から疎まれる原因です。こればっかりはなかなか避けることが難しいもので困りものです。


自分の正解を持つこと自体は何の問題もございません。私も暫定的ではあれそういうものを持っているし、皆さんも同じでしょう(持っていない人間は逆にヤバいです)。


問題なのは、自分の正解を他人に当てはめる上に押しつけてくる人間がいること。これこそが真の老害です。

持論をここぞと持ってくる人のタイミング

私は幼少期からいろいろと一般的な家庭では見られないようなものを見る機会に恵まれました。そのおかげで人をものすごく冷静に見つめる目を持つようになっていったのです。その中で身内をはじめ、さまざまな人間を見ていくと老害になっていくのは避けられないのかなと諦観の境地に至ってしまった時期もありました。


自分の古くから知っている人も、気づけば持論(ただのやっかみor愚痴)を平気で人に押しつけてきたり、下手に反論しようものなら「本当に大人か?」と思うほどキレはじめる…。こういう持論を押しつけてくる人間が現れるのは、実は決まった目安があります。


それは、何か変化をしようとする時です。


例えば転職するとき。誰かは引き止めようとするでそうが、それはまぁいいでしょう。その時必ず自分の過去の体験談or見聞きしたネガティブな話を絡めて語ってくる人間がいます。

短期・単発バイトなら『ギガバイト』


ハッキリ言えば、時代も場所も何もかも違う環境においてたった1つの体験談を抽出して語ったところで、ほぼ全ての前提が違うのだから当てはまるはずがない。なのにその持論を押しつけることに何の罪悪感を持たない。


皆さんのまわりにもそんな人、いませんか?


助言はありがたく頂戴したとしても、それを咀嚼して自分の身にするかどうかは別問題。自分の気持ちは自分で決めるべきです。

私からのメッセージ

私はいま、個人事業主として日々小さな挑戦を続けています。もしここに自分の選択や人生に悩みを持つ人がいたとしたら一言。大丈夫です。何とかできます。


重要なのは、何とかできると「自分で決める」。他人の意見は良くも悪くも二の次。自分で決める強さを持てれば、あとは辻褄を合わせていくだけになります。


私も週5〜6日の仕事の合間にほぼ毎日ブログorノート(note)を毎日更新しています。よかったら私の七転八倒を見ながら、自分の人生を切り開いていってください。私も頑張りますd(^_^o)


格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─







プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
本・マンガ
ファン