2018年08月19日

経験して失敗したと思っても大丈夫である理由

こんにちは。職業・施術屋です。


最近は施術屋としての仕事を全うしつつ、クラウドワークスでの新しいジャンルの仕事を片っ端から体験してみようと手を動かしています。


資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」


時間を投下して経験を買おう

初心者ができる仕事は単価がおそろしく安いものですが、私は何ごともまずは“経験”と捉えてやっています(もちろん詐欺っぽいものやあまりにも割に合わないものは除外)。その理由としては、なんとなくのイメージで「自分には合わない」と考えてやめてしまう。そのことによって“未経験”のまま時間だけが過ぎていくことを避けたいからです。


やるだけやって失敗した!と思っても、今ならばそれをブログで書くこともできるしSNSで撒いてもいい。要はその経験がネタになるので、才能がある人はその初期投資(失敗)も充分回収できるわけです。

WordPressを使うならロリポップ!

簡単インストール完備で楽々スタート!


中〜長期目線で見て、死なない程度に攻めてみよう

まぁこういうことは結構前から言われていることですが、よくよく考えればすごいことですよね?例え有名な人でなくても失敗したことを公表することによって、一定のフォロワーを得られる可能性が生まれる。むしろ有名な人よりも一般人の失敗談の方が新鮮に感じる可能性がある。誰も知らない(やらない)ことを見せることの価値が高い時代と言えます。


昔から“下積み時代”とか“貧乏時代”の話はネタになりやすいですよね?“ヤンチャ時代”もそうですが、共通するのは人に見下されるようなネタであること。良くも悪くも相手に対して低く見られるようなネタを晒すと人は安心感を持ちます。前回語った「応援される人になるには?」のひとつに組みこまれる要素として“相手よりも下に見られる部分がある”ことが人に安心感を与え、結果的に近寄るキッカケを作ることにも繋がるのです。


少し脱線しましたが、一時的にコスパの悪いことをしてみても中〜長期目線でみれば良いこともあります。特に未経験のジャンルに関しては、死なない程度のものであれば積極的に触れていく姿勢は常に持っておくようにしています。

死ぬこと以外かすり傷

新品価格
¥1,512から
(2018/8/19 12:19時点)









プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
本・マンガ
ファン