2018年09月17日

1人旅の思い出 Part4〜湯河原編〜

こんにちは、職業・施術屋です。


最近、卿が乗っているので「1人旅の思い出」シリーズ第4弾を語ります。


1人旅3回目は大阪で食い道楽を楽しんできました。その時から「次は北陸地方を攻めようかな〜」と考えていたのが前回までのお話。それから約2カ月後、旅行するチャンスが(自分の中で)到来したので決行致しました。


行き先は“湯河原”。わりと近場にしました♪(´ε` )

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

湯河原への旅行を決めた経緯

なんで湯河原?北陸地方はどうなった?と言いますと、前回の大阪から約2ヶ月という期間での旅行。


ここで私の“貧乏症”の発作が起きました。北陸(具体的にいうと金沢)への旅費を見積もって「ちょっと、お金使い過ぎじゃね?」と当時の私は尻込みをしてしまったのです…。


(ま、今でもたぶん同じ選択をしそうですが)「とりあえず温泉に入れればどこでもイイや」という結論に達して近場を検索した結果、湯河原に落ち着きました。


当時の私は月に6日しか休みのない正社員でしたので、2連休というのは極めて稀で、次に連休を取れるのはいつかわからないという日々でしたので、あまり考えるヒマはありませんでした。


そんなわけで鈍行列車に乗って湯河原駅へ出発。熱海に行った時と同じルートだったので「もう1年前か…」と1人黄昏ながら眼前に広がる海を眺めていました。


WordPressを使うならロリポップ!

簡単インストール完備で楽々スタート!


湯河原へ到着〜日本の歴史公園100選に選ばれた万葉公園へ

そして湯河原駅へ到着。バスに乗る前に駅周辺を軽く散策しました。


率直な意見として「見事に高齢者しかいないな…」と思えました。平日だったこともありますが、それがかえって地元のリアルさを感じました。「ここにリラクゼーションサロンを構えたら繁盛するかな…」なんてことを考えながら散策をしていました。干物売り場が多い印象を受けつつ(有名なのかな?)一通りまわった後にバスに乗りました。


実はバスに乗るのは数年ぶりで、ちょっとドキドキしましたがなんとか乗車しましたが、そこで見たのはご年輩の方々が普通に電子マネーで乗り込んでいる場面でした。私はそこで少し感心していました。


何に感心したかというのは“都心でなくても電子マネーが当たり前のように浸透していること”に、です。


これから先の時代、テクノロジーが発展して世の中が更に速く変わっていくことに拒否反応を起こす人もいるでしょう。しかし、テクノロジーは知らぬ間に私たちの生活圏内に入ってきて、そして当たり前のように使いこなしている。先に使い始めるアーリーアダプター〜レイトマジョリティーの差は非常にわずかになってきていくんだろうな…とバスに揺られながら考えていました。


そんなことをボンヤリ考えながら到着したのは“万葉公園”。


日本の歴史公園100選に選ばれた有名な公園です。

湯河原町のサイト↓
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kankou/guide/manyo-park.html


公園というよりは山のような感覚を持ちました。途中にある小休止用の木のイスに座って、今後のことをノートに書き綴っていたことをよく覚えています。自然の中で1人静かに考えごとをするのは、いつもと集中力の入りが違うような気がしました。武術の稽古を山奥で行いたくなる気持ちが少しわかった気がします。修行にはもってこいな場所かもしれません(通報されそうですが笑)。


奥へと進むと独歩の湯という足湯の泉があったのですが、入場料とカップル率の高さから入浴は断念。眺めるだけ眺めてサッサと退散しました(余計なお金は使わないことを徹底してる)。


いつかカップルで行きたいものです。(←強調しておく)

和室の畳部屋への憧れ

その後、歩いて宿泊するホテルまで歩いて移動。受付でのチェックインを済ませ、いざ部屋へ。


そこは8畳一間の和室でした。普段6畳のフローリングに住む人間としてはひ、広い!という感想が真っ先に出ました。


うひゃー最高だね、と1人はしゃいでいたところでトラブルが発生。なんと手持ちのポケットWi-Fiが繋がらない︎


マジか…!と1人アタマを抱えました。私が今も使っているタブレット端末iPad AirはポケットWi-Fiで利用しています。そのポケットWi-Fiが圏外反応。恐るべし湯河原町…。

契約縛り、端末代金無しのWiFiルーター!【J-WiFi】


幸い楽天モバイルのスマホは動いていたのでそちらで運用しました。とはいえせっかくだからと持ってきた本を読みながらノートで書き物をするという普段あまり時間を割かないスタイルで湯河原の夜を過ごしました。和室の広々とした部屋は住みたい家の1つです。そのことを再認識できました。
(施設内の大浴場も1人貸し切り状態で堪能できましたw)

時の流れはあっという間。やりたいことは早めに済まそう

こうして1泊2日の旅を終え、帰りの電車に乗っている時に昨日見た光景をもう1度見たときに“昨日の自分がもうここ(今日)にいる。1日ってあっという間だ…”と時の流れの早さを実感しました。そしてやりたいことはサッサとやろう、とも思いました。


湯河原は都会に慣れた人とっては、喧騒を離れることのできる良い環境だと思います。何かに集中して缶詰状態になるにはもってこいの場所だなぁと感じました。作家にでもなったらまた行きたい場所です(笑)。

死ぬこと以外かすり傷 [ 箕輪厚介 ]

価格:1,512円
(2018/9/18 15:50時点)
感想(1件)










2018年09月13日

1人旅の思い出 part3〜大阪編〜

こんにちは、職業・施術屋です。


名古屋旅行を終えた後に、私は転職先の新たな職場で施術屋としての第2章が開始しました。試用期間を経て社員の昇格、その後も経験を積み積んで春を迎えた頃に「1人どこかに行きたいな…」と思い立ちました。


その頃には“思い立ったら即行動”が信条になっていたのですぐに手配をしました。


行き先は大阪。関西地方の中心です。


TripAdvisor (トリップアドバイザー)

大阪という街

そんなわけで着いた大阪。まず気がついたのが雑踏から聞こえてくる関西弁です。前回の名古屋ではあまり感じなかった”その土地特有の文化“を感じることができて気分が盛り上がっていました。


続いて気がついたのがエスカレーターの立ち位置の違い。これは到着してから数時間後に気がついたのですが、東京では左側に基本立って右側が登っていく人という暗黙のルールがあるのですが、大阪では逆なのですね。


大阪でも食い気が強く、とにかくたこ焼きばっかり食べていました(好きなんです笑)。


大阪では駅周辺や道頓堀など、主に賑わっている場所に出向いて散策をしていました。大阪ではとにかく”ごちゃごちゃ感“が目立ちました。高級店が並ぶ路地を1つ道をはさむと過疎っているかのような道になっていたり、発展している場所、昔ながらの雰囲気を醸し出す場所、それらが混在していて面白い。1つの店をとってもオシャレな洋服屋さんの中にベーグル&コーヒーショップがあったりして「こういうビジネスもありだなぁ」と感嘆したり、ドラッグストアの呼びかけの言語が中国語だったりしてグローバル感を感じさせられたりといろいろ学ばされることが数多くありました。


旅をしていて気がついたのが”普段いかにモノを見ようとしていないか“ということです。

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

見ようとしないと見られない

何かというと、目の周りの筋肉がやたらと疲れていることに途中から気がつきました。どうやら見知らぬ土地に来て、アレコレに目を必死に向けていたせいで筋肉疲労が起こったようでした。人間は1度見たものは記憶に刻まれるので2度目からは”だいたいこんなもんだろ“という想像で補う習性が脳にはあるようです。


つまり、1度見たものは2度と見ようとしないということでもあり、普段自分が生活している圏内は”自分の記憶で大まかに把握している世界“でしかないと言えるのです。もちろん大きく変化したものには気がつくでしょうが、同じ生活をしているとどんどん脳が“効率化してサボる”ようになって行くので、私の場合は積極的に新しいものを見て触れるようにしています。


まだまだ見たいところはあったのですが、1泊2日の貧乏旅行であったのでまた機会があれば、今度は京都も合わせていきたいところです。静岡・名古屋・そして大阪と西の方面が続いたので、次は北陸かなぁと考えていました。


1人旅の思い出はつづく……


脱近代宣言 [ 落合陽一 ]

価格:2,160円
(2018/9/15 20:27時点)
感想(0件)




1人旅の思い出 part2〜名古屋編〜

こんにちは、職業・施術屋です。


前回はじめての国内旅行in熱海を語りました。実はこのはじめて1人旅をした日は、最初のリラクゼーションサロンを退職する月に決行しました。いろいろリセットして新しいことに慣れていこうとしていたのです。


そして私はその翌週に名古屋への1人旅を決行しました。怒涛の2週連続旅行です。

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

いざ、名古屋へ!

名古屋へ行こうとした理由は、ズバリ食事です。味噌カツ・名古屋コーチンそして最大の狙いは小倉トーストが食べたいというただの食欲で決めました笑。


新幹線パックで1泊2日の1人旅です。のちに悟るのですが、私は新幹線の窓ぎわで本を読むときが一番集中力が上がるようです。(なんなんでしょうね?アレ)


そうして2時間の乗車があっという間に過ぎ去り、到着したのが名古屋駅。駅構内はもちろん、駅前も充実していて“都会”のような印象を受けました。記憶のかぎりでは名古屋について早々に駅構内の店で名古屋コーチン付きのうどんをいただきました。駅構内の食事処だから値段は高いな…と正直思いましたが(普段の私は超節約家)旅という魔力は人の金銭感覚を狂わせるもので、私も若干狂いました…。


駅の外へ出ると、そこはビル群が連なりビジネスマンが颯爽と通り抜け、キチッとした格好の人たちとは裏腹にラフな格好をしている集団行動をしている外国人観光客の人々。1つの大きな都市の周辺を行き交う人々の中を同じように移動する自分を客観視して、ふと


「自分も今は観光客の1人なんだ」とハッキリと認識しました。

アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)



“旅行者”という新鮮なポジション

1人旅でしかも「観光客」というポジションをハッキリと認識したことにより、この場において誰も自分を知る人はいないことを自覚してテンションが上がったことをよく覚えてます。


その後は駅周辺をひたすら歩き回って街を観察しました。駅を少し離れればまだ手を加えられていないような場所もあったり、喫茶店が多いなぁと思ったり名古屋弁ってどんなだっけ?と考えたりせわしなく頭も身体も動き回っていました。


正直2年以上前のことなので、うろ覚えの部分が多いですが、鮮明に記憶に残っているのはやはり食べ物です。記念にコメダ珈琲に立ち寄ったのもいい思い出ですが、味噌カツ・小倉トーストを食べた情景だけはよく覚えています笑。


名古屋城などの観光名所も覗いたのですがね…食欲の強さを再認識しました。そしてその2週間の旅行で1人旅の魅力にハマり始めたのでした。


リゾートまでの交通費0円










2018年09月11日

はじめての1人旅の思い出〜熱海編〜

こんにちは、職業・施術屋です。


先日、国内旅行の話を語りましたが(草津温泉or四国旅行のどちらか検討中)私が国内旅行にハマったきっかけは2年前。時系列はあやふやですが、キッカケはTwitterにあった1つの投稿でした。

旅行に目覚めたわけ

内容としては『模型好きな父(or祖父?)が若い時から好きな模型を老後の楽しみとしてとっておいた。しかし、いざ老後を迎え大好きな模型作りをしようとしたところ、年齢を重ねたために老眼が進み手先も器用さを失ってしまって模型が作れなくなってしまった。仕方なく息子(or孫)に今まで集めていた模型の数々を譲り渡した。それを受け取った息子は“老後にとっておくという考えを捨てて、やりたいことは今のうちにやっておくべきだ“と思った」という主旨のツイートで、その当時はそれなりにバズっていました(記憶の中では)。


それを読んだ私は、今のうちにやっておくべきことを考えた時に思い浮かんだのが「旅行」でした。


世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】



当時の私は転職することを決めた時期でもあり、何か未体験なことをしたいという欲が働いていました。特にどこへ行きたいという候補地もなかったのですが、職場が相模大野(神奈川県)という遠方に通勤していたためにそこまでの定期券を持っていました。その流れで「熱海が電車(鈍行)で行けば意外と運賃はかからない」というケチくささ丸出しの旅行プランを思いつき、即ネットでホテルの予約をとりつけました。


元々私は旅行に何の興味もなく、将来的にも”自宅近くにオリオン書房とブックオフ、買い物はSEIYUと業務スーパー、そしてファミレスと畳の道場があればあとは何もいらない“という地元以外に興味を持たない人間でした。


それが思いつきで1人旅を決行し、電車に揺られながら小田急線にゆらゆらと揺らされながら、終点の小田原へ向かっていきました。終点に近づくにつれて乗客が少なくなっていく乗車内。そして未知の景色が広がるにつれて高まる高揚感。高校での修学旅行以来の胸の高まりは、今でも体感としてしっかりと記憶に残っています。


おそらくあの「これから向かっていく非日常への世界」に期待を寄せる瞬間が、私はたまらなく好きになり旅行にハマったんだと思います。

はじめての旅行の思い出

熱海に到着すると、まず目に入ったのが「足湯」です。観光客のご年輩層がたくさんいましたが、その中に紛れて足湯を堪能。その後、お土産が売られている商店街を物色して町並みを散歩しました。


東京近郊しか基本出歩かない世間知らずの私にとっては、全てが未知であってなんでもないただの道路ですら楽しい道のりでした。パッと見駅周辺以外はホテルや温泉どころがメインで、のどかな雰囲気だなぁ〜と思いながらひたすら歩き回っていました。


そして自分が泊まるホテル近くにあった熱海サンビーチで日が落ちるまでひたすら海を眺めたり寝そべったりしていました。5月中ごろだったので、まだ人もおらず白い砂浜を独占状態でした。ボケーっと海を眺めながら「ここだったら何時間でもいられるな〜」とその場で浸っていました。


私は今、当時の簡単な日記(ほぼ備忘録)を見ていますが、正直言って記憶の大半はこの海岸沿いの時間で埋め尽くされています。それくらい素晴らしい場所でした。


アフィリエイトブログ作るならSeesaaブログ



その後は事前に予約していた近くの安宿に向かい、webで書かれていた”温泉“とはかけ離れた温泉に肩透かしをくらいつつも「これこそ旅っぽい!」と1人はしゃいでいたりと、とにかくはじめての1人旅を楽しみました。

旅行のススメ

あれから約2年ほどたち、計10カ所ほど国内旅行を楽しんできましたが、今では数ヶ月おきに旅行したくなる衝動に駆られます。私の趣味において唯一”お金のかかる趣味“になってしまいましたが、私にとっては高揚感と知的好奇心、そして自分の時間を集中的に考えられることもあって自分への投資としてアリだと勝手に決めています笑。


たとえ近場であろうと知らない土地へ向かうことは1つの刺激剤になるので、日常のマンネリ感に飽き飽きしている人にはオススメです。10月とか季節的にも丁度いいのと思いますよ。


楽天カードお持ちの方はポイント付与がデカい!↓↓↓
















2018年09月10日

そろそろ旅行しようか。

こんにちは、職業・施術屋です。





自分が個人事業主というフリーの人間の人間になったのに、楽しいことしていないなぁ…とふと思いました。


私の趣味は合気道や読書、筋トレなど日常の範囲内でできることばかりですが、もう1つ30歳を過ぎてからハマったことがあります。


それは「旅行」です。

台湾現地ツアーの簡単ウェブ予約はMyTaiwanTourへ 


旅行といっても国内ですが、北から南まで少しずつ足を運ぶ範囲を広げていきました。6月には念願の北海道と沖縄に行き、それぞれの良さを短い間でしたが堪能しました。


北海道は現在、大変な状況ですがとてもいいところで、一回の旅行ではとても回りきれない広大な土地なので、ほとぼりが冷めたら必ずまた足を運びに行きます。(それまでに稼げる人間になっておこう!)

次の旅行の目的地は?

そして今回、旅行先として考えているのは草津温泉か四国を考えています。


前回は遠方に行ったので今回は近場の温泉かなーと考えています。草津はまだ足を踏み入れていないので最有力候補です。そして四国は個人ではまだいっていない地方は四国だけなので、行きたい場所の1つです(候補は香川県ですかね)。



自由業で自分を管理するのも成長させるのも全て自己責任なので、やるべきことをやる必要はありますが、同時に遊ぶことも結構大事なことです。私の中では旅行も1つの“学び”であり“話のネタ”です。お客様と話をする中で共感ポイントを探る時にその土地の情報を知っていることが役立つこともあります。


出来るだけ行ったことのない土地を巡ることで、日常のマンネリ感を無くせるのも個人的には大きいですね。旅行のタイミングは10月あたりを考えています。季節的にも丁度いい感じではないでしょうか?


1つ目標を立てると日々の仕事も捗るというものです。温泉に向かって今日も頑張ります!(←もう決めてるw)

WordPressを使うならロリポップ!

簡単インストール完備で楽々スタート!





プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。

職業・施術屋HKRの仕事体験 - にほんブログ村
検索
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
本・マンガ
ファン
ブログランキング・にほんブログ村へ