2018年09月11日

はじめての1人旅の思い出〜熱海編〜

こんにちは、職業・施術屋です。


先日、国内旅行の話を語りましたが(草津温泉or四国旅行のどちらか検討中)私が国内旅行にハマったきっかけは2年前。時系列はあやふやですが、キッカケはTwitterにあった1つの投稿でした。

旅行に目覚めたわけ

内容としては『模型好きな父(or祖父?)が若い時から好きな模型を老後の楽しみとしてとっておいた。しかし、いざ老後を迎え大好きな模型作りをしようとしたところ、年齢を重ねたために老眼が進み手先も器用さを失ってしまって模型が作れなくなってしまった。仕方なく息子(or孫)に今まで集めていた模型の数々を譲り渡した。それを受け取った息子は“老後にとっておくという考えを捨てて、やりたいことは今のうちにやっておくべきだ“と思った」という主旨のツイートで、その当時はそれなりにバズっていました(記憶の中では)。


それを読んだ私は、今のうちにやっておくべきことを考えた時に思い浮かんだのが「旅行」でした。


世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】



当時の私は転職することを決めた時期でもあり、何か未体験なことをしたいという欲が働いていました。特にどこへ行きたいという候補地もなかったのですが、職場が相模大野(神奈川県)という遠方に通勤していたためにそこまでの定期券を持っていました。その流れで「熱海が電車(鈍行)で行けば意外と運賃はかからない」というケチくささ丸出しの旅行プランを思いつき、即ネットでホテルの予約をとりつけました。


元々私は旅行に何の興味もなく、将来的にも”自宅近くにオリオン書房とブックオフ、買い物はSEIYUと業務スーパー、そしてファミレスと畳の道場があればあとは何もいらない“という地元以外に興味を持たない人間でした。


それが思いつきで1人旅を決行し、電車に揺られながら小田急線にゆらゆらと揺らされながら、終点の小田原へ向かっていきました。終点に近づくにつれて乗客が少なくなっていく乗車内。そして未知の景色が広がるにつれて高まる高揚感。高校での修学旅行以来の胸の高まりは、今でも体感としてしっかりと記憶に残っています。


おそらくあの「これから向かっていく非日常への世界」に期待を寄せる瞬間が、私はたまらなく好きになり旅行にハマったんだと思います。

はじめての旅行の思い出

熱海に到着すると、まず目に入ったのが「足湯」です。観光客のご年輩層がたくさんいましたが、その中に紛れて足湯を堪能。その後、お土産が売られている商店街を物色して町並みを散歩しました。


東京近郊しか基本出歩かない世間知らずの私にとっては、全てが未知であってなんでもないただの道路ですら楽しい道のりでした。パッと見駅周辺以外はホテルや温泉どころがメインで、のどかな雰囲気だなぁ〜と思いながらひたすら歩き回っていました。


そして自分が泊まるホテル近くにあった熱海サンビーチで日が落ちるまでひたすら海を眺めたり寝そべったりしていました。5月中ごろだったので、まだ人もおらず白い砂浜を独占状態でした。ボケーっと海を眺めながら「ここだったら何時間でもいられるな〜」とその場で浸っていました。


私は今、当時の簡単な日記(ほぼ備忘録)を見ていますが、正直言って記憶の大半はこの海岸沿いの時間で埋め尽くされています。それくらい素晴らしい場所でした。


アフィリエイトブログ作るならSeesaaブログ



その後は事前に予約していた近くの安宿に向かい、webで書かれていた”温泉“とはかけ離れた温泉に肩透かしをくらいつつも「これこそ旅っぽい!」と1人はしゃいでいたりと、とにかくはじめての1人旅を楽しみました。

旅行のススメ

あれから約2年ほどたち、計10カ所ほど国内旅行を楽しんできましたが、今では数ヶ月おきに旅行したくなる衝動に駆られます。私の趣味において唯一”お金のかかる趣味“になってしまいましたが、私にとっては高揚感と知的好奇心、そして自分の時間を集中的に考えられることもあって自分への投資としてアリだと勝手に決めています笑。


たとえ近場であろうと知らない土地へ向かうことは1つの刺激剤になるので、日常のマンネリ感に飽き飽きしている人にはオススメです。10月とか季節的にも丁度いいのと思いますよ。


楽天カードお持ちの方はポイント付与がデカい!↓↓↓
















2018年09月10日

そろそろ旅行しようか。

こんにちは、職業・施術屋です。





自分が個人事業主というフリーの人間の人間になったのに、楽しいことしていないなぁ…とふと思いました。


私の趣味は合気道や読書、筋トレなど日常の範囲内でできることばかりですが、もう1つ30歳を過ぎてからハマったことがあります。


それは「旅行」です。

台湾現地ツアーの簡単ウェブ予約はMyTaiwanTourへ 


旅行といっても国内ですが、北から南まで少しずつ足を運ぶ範囲を広げていきました。6月には念願の北海道と沖縄に行き、それぞれの良さを短い間でしたが堪能しました。


北海道は現在、大変な状況ですがとてもいいところで、一回の旅行ではとても回りきれない広大な土地なので、ほとぼりが冷めたら必ずまた足を運びに行きます。(それまでに稼げる人間になっておこう!)

次の旅行の目的地は?

そして今回、旅行先として考えているのは草津温泉か四国を考えています。


前回は遠方に行ったので今回は近場の温泉かなーと考えています。草津はまだ足を踏み入れていないので最有力候補です。そして四国は個人ではまだいっていない地方は四国だけなので、行きたい場所の1つです(候補は香川県ですかね)。



自由業で自分を管理するのも成長させるのも全て自己責任なので、やるべきことをやる必要はありますが、同時に遊ぶことも結構大事なことです。私の中では旅行も1つの“学び”であり“話のネタ”です。お客様と話をする中で共感ポイントを探る時にその土地の情報を知っていることが役立つこともあります。


出来るだけ行ったことのない土地を巡ることで、日常のマンネリ感を無くせるのも個人的には大きいですね。旅行のタイミングは10月あたりを考えています。季節的にも丁度いい感じではないでしょうか?


1つ目標を立てると日々の仕事も捗るというものです。温泉に向かって今日も頑張ります!(←もう決めてるw)

WordPressを使うならロリポップ!

簡単インストール完備で楽々スタート!





2018年08月10日

旅行したい 〜シンプルな気づき〜

こんにちは、職業・施術屋です。


私が1ヶ月の休暇を取ったときに、前々から行きたかった北海道と沖縄に旅行しました。


個人事業主として働き始めたら、しばらくは休みが取らないだろうから行きたいところに行っておこうということで散財したわけなのですが……


旅に行きたい


と再び思い始めてきました。ランナーズハイならぬトラベラーズハイです(造語です)。



ブログや筋トレもそうですが、一度快楽を得てしまうととにかくそれがやりたくてたまらなくなります。活字中毒(読書、ネット)をはじめ、武術、筋トレ、ブログとさまざまなものにハマってきましたが、私の趣味は基本「金がかからない」ものが大多数でした。


【Seesaaブログ】



しかし旅行は違います。どんなに節約しても諭吉先生は何枚か羽ばたいてしまいます。


それでも旅にはお金に変えられない価値があります。

ケチな私が旅する理由

旅行をしたからといって、価値観が変わったり人が変わることはほぼないと思います(変わったぜ!と息巻いても2日で冷めます)。ただ、いっときのリフレッシュや繰り返し行うことでささやかな変化をもたらすことはありえます。


私はこの2〜3年で10カ所程度の国内1人旅をしてきました。その中で新幹線や飛行機に乗ったりホテルに宿泊したりと繰り返していくうちに「ああ、自分は自由なんだな」と深く実感した瞬間がありました。


いくらかのお金とスマホorタブレットを持ってリュック1つでどこにでも行ける。自分を誰も知らない土地で、自由に動ける。いつも同じ場所で目覚め、行き先が決まっている職場に出向き、気がつけば疲れた身体で深夜、無駄に起きている…。


そんな習慣を延々と繰り返しているとあっという間に1年がすぎていきます。ひょっとして自分はこんな感じで人生を終えるのだろうか…。そんな気分になることも時にはあります。


既知の世界を抜け、未知の世界を味わおう!

子供の頃は、1年がとても長く感じていました。それはなぜか?


それは、定期的に新鮮な出来事に触れていたからです。


その度に意識を覚醒していたからこそ、時間が長く感じていたのでしょう。今は常に「既知」のことに触れ続ける機会の方が圧倒的に多いため、ほとんど無意識でも出来てしまうことが大半です。


旅行をすると、そんな「既知」の世界から簡単に脱することができるので自由を感じられるのだろうと思います。


9〜10月あたりに四国あたりに行きたいですね。。。


↓旅行先に迷っている人へ






2018年06月01日

夢叶えたろ企画、決定!

こんにちは。職業・施術屋です。


まぁ今は職業・元施術屋ですか…。まぁ有休消化中だから、まだ会社員で大丈夫でしょうか?

そうだ、私の好きな〇〇〇に行こう

さて、6月に入りましたね。今年ももう半年に差しかかっていくと考えると、年々時間が早く感じています。
昨日は体調不良の時以来に、家で朝はゴロゴロしていました。起きたらそのまま家で昼まで部屋掃除をして、少しスッキリしました。これから新生活を送る意味で、不要なものは処分。数日に分けて片付けていきます。


私はこの2年間の間に、ひとり旅で国内を10箇所程度巡ってきました。


恥ずかしながら20代の頃は一切旅行などに興味はなく、本屋(図書館)とCDショップと道場があれば世界は完結しててもいいと思っていました(厨二病っぽいっスね)。しかし30代になってから年齢を重ねていくと、やりたいことが肉体的にできなくなっていくことを学んだ瞬間がありました。それ以来、自分の興味ある土地を軽いノリで巡っていきました。場所は以下のとおりです。


熱海(静岡)・名古屋・仙台(宮城)・大阪・金沢(石川)・湯河原・石和温泉・福岡・広島・つくば(茨城)
(宿泊したのは上記に記したとおりで、近隣の横浜や原宿、上野など遊びに行ったところは除いています)

君はどこにでも行ける [ 堀江貴文 ]

価格:1,404円
(2018/6/1 11:32時点)
感想(1件)




約2年でこれらの土地を巡り、最終的には北海道と沖縄に行きたいと考えていました。理由は単純に日本の最北と最南に行きた〜いという非常にシンプルな理由です。


まぁ、唐突に旅行話を差しこんで来たので想像出来たかもしれませんが、この期間中に”ひとり旅”を満喫しに行きます。


1ヶ月近く休める機会なんて、この先あるかどうかもわからないので今までにないチャレンジをしようと思います。

その名も「北海道(最北)から沖縄(最南)まで、一気に満喫したったwww」企画!


ま、一旦合間に東京に帰りますがね…。とりあえず両方いっぺんに目標叶えたろと思います!働いている皆様、一足先に夏休みをいただきますm(_ _)m





タグ:ひとり旅

2018年04月26日

旅行先にて

こんにちは。職業・施術屋です。


私は現在、茨城県つくば市にてブログを書いています。


とりあえず近場に旅行に行こうと考えた時に、私がハマっている落合陽一さんがいる筑波大学周辺って発展していると聞いたことがあったので、興味本位で来ました。

日本再興戦略 (NewsPicks Book)



ひとり旅に行くタイミングのルール

私は30過ぎるまで旅行などには一切興味がなかったのですが、キッカケがあってひとり旅をするようになりました。


この2年で10ヶ所は旅行したのではないでしょうか。


国内をたくさん旅行しようと考えてみたものの、いざ行こうとなると行き先に迷ったりして、ズルズルと先延ばしになりがちでした。そこでマイルールとして「2連休になったら必ず東京を離れる」というのを決めて、この2年実行してきました。


今月はなんと3回連休があり「マジか〜」と思いつつ、広島、石和温泉(2回目)、そしてつくばに旅行してきました。


旅行に出て価値観が変わるというまではいかずとも、毎回何かしらの刺激は受けています。


転職という肩書きの旅も行いますが、現実の旅や時には精神の旅も定期的に行っていきたいですね。


次は本の世界に旅をしましょうかね。最近は小説読んでいませんし。。。(これは読みました。超面白い↓)

君の膵臓をたべたい【電子書籍】[ 住野よる ]

価格:720円
(2018/4/26 21:48時点)
感想(2件)


プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン