2020年05月28日

あなたは没頭できるコンテンツをお持ちですか?

こんにちは、職業・施術屋です。


気がつけば5月も終わり、梅雨の時期へと移行しつつあります。毎年騒がれていた花粉は今年、どうだったのでしょうか?(多かった?少なかった?)


1ヶ月以上仕事から離れており、精神的にはゆとりしかないのですが、これからのことを考えると保障が何一つないので不安といえば不安です。しかしこの篭った期間はのちに良い時間だったと思える自信はあります(根拠はないけど)。


1ヶ月以上の休業の中で、私自身の価値観や内面、実感できたことなど改めて確認できたのは大きいです。

社会人になるとこういった時間をつくることはできなくなっていきます。家族ができたら尚更でしょう。場合によってはそんなことを考えずに過ごしたほうが幸せだと思う人もいるでしょうが、私はそういう人間ではないので時折振り返って時間をつくり、内省する必要があります。


ま、このブログは基本そんなことばかり書いているので改めて書く必要はありませんけどね笑。


練習用の題材

↓↓↓

鬼滅の刃 1-19巻 新品セット

新品価格
¥8,712から
(2020/5/28 18:06時点)



没頭できるものがあることの幸せ

昨日はデジタルイラストの描き方についてYouTubeなどを見漁っていたら、いつのまにか朝の5時になっていました。どんだけ見てるんだ…。


紙の上に落書きをすることはあってもデジタルで描くことはほとんどなく、ましてや色塗りなどはほぼ未経験です。「レイヤー」とか「影塗り」なんて型もなくただ描き散らすばかりだったので、基本的な使い方を見つつ、いろいろ試していました。


一朝一夕で上手くなるものではないのですが、こうして朝方まで没頭できるものが増えるのは嬉しいことです。



724F43E3-9280-4309-8DED-D0618AE7A8E9.jpeg




年齢を重ねるとほぼ習慣的な行動で1年、また1年と過ごすようになりがちです。生活に新鮮味が失われると性格にも影響を及ぼすのではないかと考える私にとっては、何もない1日は死んでいるのと変わりありません。


幸いにして内向的な性格である私は、今まで「暇だ」と思ったことが(病気のとき以外は)無いのでまだ「何もなかった1日」は経験したことがありません。ですが、気を抜くといずれそんな日がくるという危機感は持っているので、こうして没頭できるコンテンツを見つけられるのは幸せなんだろうと思います。


もっとも幼少からマンガを読んで模写するのが好きだったことから、新しく見つけたというよりは「再発見した」と言えるでしょうね。いずれにせよ、いろいろ楽しみます♪










CrowdWorksでライティングのお仕事を受注しています。プロジェクト形式・単発のお仕事の依頼をお待ちしています。

<ワーカー名:world_onlooker>


痩せ型人間が「自重筋トレ」でどこまで身体が変わるか検証『H=HIkaRIの自重筋トレ日報』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenadiary.com/



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7

2020年05月27日

副業について 〜簡単に2つのルートを考えてみた〜







こんにちは、職業・施術屋です。


いよいよ東京も緊急事態宣言が解除され、少しずつ日常が戻りつつあります。


「戻る」と表現しましたが、新型コロナウイルス(以下、コロナ」が日本列島に来る前の日常にはもう戻ることはないでしょう。人々は出来るだけ距離をとり、入店時にはマスク着用と手指の消毒、レジでは透明のビニールが貼られて釣り銭はトレイでお返し…。そんな「新常識」はもう定着しつつありますよね。


接触型の仕事(?)であるリラクゼーションだけに仕事を絞るのはリスキーですし、肉体的にもそろそろ衰えを意識しなければならない年齢になってきました(それを受け入れる気はサラサラありませんけどね笑)。


どうせ副業するなら「需要のあるもの」「完全趣味」の両軸でやりたいなーと思って最近はもっぱら落書き(趣味)ばかりしています。



落書きの一例、色は勉強中。

↓↓↓
6A3092BD-3471-4ADF-8356-E16D2E545CDD.jpeg




小さなアイデアですが「結果として損をしない」ものを思いついたので、まずは試していきます。
(※Twitterのアカウントを新規で作るか迷い中ですが、とりあえず今のもので発信します→@HHIKARI7 )


何でもそうですが、新しいことに手をつけ始めたり知らないことを学ぶのは「前に進んでいる感じ」があって精神的に安定します。つまり楽しいんですよね♪


いい歳なんだからお金になることをやれよと言われそうですが、可能性を模索したい気持ちはいつまでも持っていたいところ。あなたもそう思いませんか?


マネジャーの最も大切な仕事??95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力

新品価格
¥2,052から
(2020/5/27 18:22時点)






厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a


痩せ型人間が「自重筋トレ」でどこまで身体が変わるか検証『H=HIkaRIの自重筋トレ日報』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenadiary.com/




Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

2020年05月17日

自粛中に仕事や今後のことについて考えた結果、「やっぱりさ…」となりました。

こんにちは、職業・施術屋です。


最寄り駅周辺の繁華街では、少しずつですが店を開けるところが出てきました。
いろんな意見があるでしょうが、実店舗を構える人には生活があり、家族や従業員1人ひとりの生活も当然あるのでお店を開けるのは個人的には賛成です(ギャンブルや酒は好きではないので、そこは閉じていてもらいたいところですが…)。


リラクゼーションサロンもぼちぼち営業を始めているところもあるようです。
東京も6月にはさすがに緊急事態宣言を解除して、一部の三密が予想される業界に釘を刺す程度に緩和されていくのではないかと思います。そうなると、私の1ヶ月以上におよぶ自粛も終わりを告げて仕事再開となるでしょう。うーん、働きたくないわあー。。。


自分の価値観を認識するものの…?

今まで主にサービス(接客)業に従事して「自分の不得意である分野=対人コミュニケーション」に慣れて人生をイージーモードにしようと10年やってきましたが、この自粛期間を通じて「もう、いいかな」という気持ちになっています。


C8F45611-1BA8-4782-A351-EE7BA211C500.jpeg




手技療法の世界に飽きたわけではないですし完全に辞めるつもりはありませんが、四六時中不得意な接客に勤しんで日銭を稼ぎ、お客様来るかこないかわからない不安定な仕事に人生の大半をベットするのは30代半ばの今がピークなのかな…と。


仕事がある日々から離れ、時間ができると色々思い浮かぶものです。


「じゃあ、お前になにができるっていうんだよ?」と自問すると…なのですが。



資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」

とりあえず試すしかない。後悔とは…

最近は請け負っていない「ライティング作業」をはじめとした複数の趣味を同時に行なっています。イラストを描いてみたり動画を撮ってみたりプログラミングを学んでみたり…。


「おいおい、その年齢で始めてどーすんだ?」と”常識“という不明瞭な概念が私の理性に訴えてきますが、
「始めないかぎりはわかりようがない」のが純粋なる事実だと知っているので手を動かすのみです。


少なくても手を動かしているうちは健全でいられます。


8287DE06-CB4C-4046-857D-B72F689AA69D.jpeg



先日書きましたが、2年間お世話になった店が廃業になった場所に立ち寄った際のあの光景が1つのドーピングになっているのもあります。きっと今やれることをやらないと後悔することになるだろう、と…。



かつてないほど読まれたブログ。(…なんで?)

↓↓↓
『新型コロナで廃業するお店に1人で行ってきました…』
http://fanblogs.jp/freeartist/archive/486/0





”成功“の定義は人それぞれですが、大半のものは”成功“に届くことなく潰れていきます。それは仕事の話だけでなく趣味や生活、自身の理想から考え方までも…。「こうであるはず」という常識は簡単に破壊されるし「こうであってほしい」という願望のような思いこみは一瞬で吹き飛ばされます。


人はその思いこみを「事実」にしたいがために行動にうつさず”常識“として曖昧にし、生涯を終えていくのでしょう。当然、私にもそういった部分はあるでしょうし完全に思いこみを消すことはできません。



ですが、やらない後悔はやった後悔よりも深く、永続的に続いていきます。



「あの時、ああしていれば…」と思うこと、ありませんか?
その記憶はかなり前のものであっても鮮明に思い出すことができませんか?
後悔はその後の行動に多大な影響を与えるものです。
良くも、悪くも。


今を”チャンス“にする作業

前職からの付き合いである元院長は、結果として廃業に至りましたがおそらく一定の満足を得ているのではないかと思います。


事業をたたむ結果に終わったのは無念であることは間違いなくても、前職の役員のキャリアを捨てて起業する選択をしたことに後悔はないんじゃないかと想像できるのです。


あのままあの場所で悶々としながら仕事をしてキャリアを終えたとしたら、一生残る後悔を抱えながら生きていくことになったと思います。その後悔はやがて風化するかもしれませんし、楔として心に刺さったまま生きることになるのかはわかりません。どちらがいいということでもないでしょう。



でも、自分だったらそれはイヤだな。



…と、この自粛中に実感したので、私は手を動かすことにします。
さまざまなところで停滞が起こっていますが、「あの時がチャンスだった」と言えるようにいまを必死に生きるしか後悔を減らす方法はありませんよね。





CrowdWorksでライティングのお仕事を受注しています。プロジェクト形式・単発のお仕事の依頼をお待ちしています。

<ワーカー名:world_onlooker>






セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a


痩せ型人間が「自重筋トレ」でどこまで身体が変わるか検証『H=HIkaRIの自重筋トレ日報』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenadiary.com/




Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:後悔 自粛

2020年05月04日

緊急事態宣言中に自分の価値観に向き合いましたか?

こんにちは、職業・施術屋です。


緊急事態宣言が発令されて私個人は4/16以降仕事を休んでいます(独身フリーランスはこういう時は自由ですね)。


ある程度貯蓄もあるので1ヶ月くらい休んでも別に構わないと思い、自粛生活をそれなりに満喫しています。そうは言いつつも、いつまで続くかわからない状況はさすがに困るのでそろそろ次のアクションをしなければなりません。


多くの人は今回の緊急事態宣言などの有事において、自身の価値観を考えるキッカケになったのではないでしょうか?私もこの休業期間で改めて自身の働き方について改めて考え直しました。


8DE099DA-597E-462E-A98C-A92FB986E7B1.jpeg


自粛期間で見つけたもの

自粛期間中、外出せずに自宅でジッとしているとストレスも溜まる、食い過ぎ・お酒の飲み過ぎで太る、飽きて何もやることがない…。そんな方もいることでしょう。


しかし私の場合は1ヶ月近く働かずに自宅周辺で生活していますが、まったく飽きることなく毎日快適に過ごしています。


好きな時に本を読み、自宅で筋トレをして近隣を散策し、ネットでさまざまな娯楽を楽しむ…。こんな楽しい毎日はないよね、と改めて自身の幸福について見直しました。(カフェやファミレス、ブックオフなど、いつもの行くお店が営業休みになっているのが不便なくらいですね)



自粛中に絵を描く習慣もできました♪
6A3092BD-3471-4ADF-8356-E16D2E545CDD.jpeg





私は職業・施術屋として働いてきましたが、改めて施術屋としての価値観を考えたところ、この仕事に就くと決めた9年前(!)に考えていた当初の気持ちが残っていたノート(雑記)から発見され、過去の自分の想いから仕事の仕方について考えさせられることになりました。


緊急事態宣言も延長されるようですし、再び戦場(仕事)に舞い戻るのをもう少し引き伸ばしたいなぁと考えているのですが…持続化給付金の申請が降りたら考えよう。






厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a


痩せ型人間が「自重筋トレ」でどこまで身体が変わるか検証『H=HIkaRIの自重筋トレ日報』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenadiary.com/




Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:価値観

2020年04月19日

自分を信用していない!?弱者のための意思力の使い方。

こんにちは、職業・施術屋です。


15日(水)以降、仕事が休業になって自宅にいることが多くなった私は、変わりゆく世の中に対応すべく日々勉強を………



することなく、自宅でダラけきった生活を送っています。


A3B327BC-1B28-4C4E-88D6-A8ABC83E2891.jpeg




10年以上、特別なことがないかぎり自宅にいることを避けていたのはこういう理由があるから。自宅にいると、ダラけて時間を無駄にしてしまうんですよね。


近所に時短営業中のカフェやマクドナルドがあるので、勉強などはそこで作業をするようにしています。


自分の意志力に任せるとダメなことを改めて認識しました笑。


意志力を使える場所をつくる

私は20歳そこそこの時から日中は自宅にいないようにしていました。当時は本を読むことにどハマりしており、毎日のように読みふけっていたのですが、自宅(実家)の部屋にはテレビやゲーム、漫画が散乱していました(今は本とマンガしかありません)。


そうするとどうしても他の誘惑に負けてしまい、気がつけば夜になっている…。これは時間がもったいないと気がついてからは読みたい本を持って自宅を離れ、近所のカフェや図書館または公園で本を読むようにしました。


あれから10年以上経ちますが、その習慣は変わっていません。なぜならそれが自分にとって最良の意思力の使い方だと思うからです。



3CA4A8E7-CBEF-44F1-A06A-794AC3FFD26E.jpeg




他にも私は自宅で自重筋トレに励んでいますが、筋トレを行う“場所”もほぼ決めています(部屋のここの区画で行う、みたいな)。パブロフの犬のごとく、習慣化する場合は場所を決めてしまうと効果的だと感じています。


自宅にいる時間が長いこの時期に、自分のやりたいことをどこで行うのか。改めて決めてみるのもおすすめです。意外に捗るようになるかもしれませんよ?







CrowdWorksでライティングのお仕事を受注しています。プロジェクト形式・単発のお仕事の依頼をお待ちしています。

<ワーカー名:world_onlooker>


痩せ型人間が「自重筋トレ」でどこまで身体が変わるか検証『H=HIkaRIの自重筋トレ検証』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenadiary.com/



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:習慣 勉強
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン