2020年02月22日

ちょっと思慮深くなる2月某日__。

936A0AE4-8BB0-42F9-9394-C8D1D45A07EC.jpeg



こんにちは、職業・施術屋です。


リラクゼーションの仕事は苦ではないのですが、肉体労働なので果たしていつまで続けられるのか?と考えると別の仕事をつくることが必要だと感じています。クラウドワークスなどで稼いでみた時期はありましたが、結局スキマ時間で稼ごうと思ってもそうそう簡単には稼げないので今のところはストップしています。(いいライティング仕事があれば、ぜひ!)。



最近は筋トレして本を読みあさって仕事するという非常にストイックな生活を送っています。言い替えれば“代わり映えのない日々”のよう。今はインプットの時期だと考えて、3月以降活動的になる予定です。筋トレや読書の趣味がお金になれば1番いいんですけどねー。



スキマ時間で働くなら「シェアフル」




厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a


痩せ型人間が「自重筋トレ」でどこまで身体が変わるか検証『H=HIkaRIの自重筋トレ日報』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenadiary.com/




Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7

2020年02月21日

転職活動中のあなたへ送るエピソード

こんにちは、職業・施術屋です。


転職活動を行なっている方、またはこれから行なうあなたは今せっせと準備を進めているのでしょうか?私の勤める職場でも2月に入ってからは求人応募がポツポツと届いてきています。2度の転職経験者としては、「あ〜春が近づいてきたなぁ〜」と妙なところで時の流れを実感するんですよね笑。


現在転職活動中、または転職を考えている人用に30〜34歳の間に2度の転職をした職業・施術屋が経験したちょっと変わった面接を語ってみようと思います。


このブログで「そんな面接もあるんだなぁ」と肩の力を抜いてもらえれば嬉しいです。


<CASE.1>あなたの好きな色は?

20代の頃に初めて就職した某リラクゼーション会社。1人の女性担当者と1対1での面接を行なっていた時の話です。始めは「この会社を選んだ理由」や「どういうセラピストになりたいか」みたいな聞かれそうな質問を受けて答えていました。


基本的にはその場で考えて答えるのですが、最後にこんな質問をされました…。


「あなたの好きな色を2種類教えてください」



「……??」__ここで初めて私は言葉に詰まりました。あれ?もしかしてココ、ヤバい会社なのか?と一瞬頭に不安がよぎりましたが、たしか「銀と青」と答えたと思います。ホントは黒が一番好きなのですが、印象悪い気がしたのでとっさに別の色を答えました。もちろん(?)好きな理由まで問われましたが、スラスラ答えられたと思います(なんて言ったかは忘れましたw)。


結果、私は採用されましたがその時一緒に面接会場にいた3人の男性たちは研修所で見つけることはありませんでした。アレは何だったんですかね…。


<CASE.2>謎のペーパーテスト…。

2つ目は2度目の転職活動中に面接をさせていただいた某会社。ヨガ系の店舗を中心にビジネスを拡げていてリラクゼーションサロンも展開し始めていたようで、都内某所で面接しました。


ビルの10階に位置するフロアは煌びやかな空間に受付(無人)に呼び出し用の固定電話が設置されており、悪役のボスがふんぞり返るような大きなイスが置かれ、フロア内はすべてガラス張りで会議室がズラリと並んでいるような場所でした。受付には自社製品の数々や社長(?)の著作物のようなものがこれ見よがしに飾られている空間に違和感を感じつつ、面接室へ通されてスタート。…と思いきや、なぜか制限時間つきのペーパーテストが始まりました。


内容はちょっとブラック企業の温床を感じさせる内容とだけ伝えておきます…。その後二人の面接官とやりとりしましたが、接客業を長く経験しているとなんとなーく「ナメてる感」が見え隠れしていたことをうっすら記憶しています。後にも先にもこのリラクゼーション業界の面接でペーパーテストを受けたのはココだけです。


最初に決めたところが全てではない。

最初の就職でも転職でもウンウンと悩んで応募して面接に行くわけですから、もし不採用になってらそれなりに凹んでしまうでしょう。ですが、それははっきり言えば大した問題ではありません。自分と縁がなかった会社が見つかったと思えばOKです。最初に見つけた会社が全てではないですから。






厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a


痩せ型人間が「自重筋トレ」でどこまで身体が変わるか検証『H=HIkaRIの自重筋トレ日報』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenadiary.com/




Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7

2020年02月03日

転職を考えているあなたへ

こんにちは、職業・施術屋です。


最近は筋トレ検証ブログに集中しておりこちらのブログがおざなりになっていますが、まだ施術屋の看板は下ろしません(どうぞよろしく)。さて、2月になり人手不足に悩む私の職場にも求人がチラホラ集まってきました。人材流動の季節ですねー。



「職場を変えてヤバいところだったらどうしよう」
「人間関係うまくいくかわからないし…」
「一回転職したらすぐには転職できないし…」



など、転職を考えている時って不安材料がぽこぽこ出てきてウンウンと悩んでいるうちに時期を逃す…ということがあります。現在、転職を本気で考えていない身からすれば「行った先にしか答えはない」とか偉そうな意見を言うことができますが、本気で考えている時はやはりウンウン考えていたものです。






職業・施術屋の転職話

初めての転職をしたときは転職サイト主催の「転職説明会」のような場所に出向き、そこで相談員の方にアドバイスをいただいたことで「悩み、考える」というフェーズを越えて、実際に転職活動を行うことができました。私も自分のキャリアは結構考えていましたが、やはりはじめての転職の時には相談相手を欲していたんですよね。


誰だって未知の世界に足を踏み入れるときは躊躇うものです。そのことを恥じることはありません。素直に信用できる人に相談してみましょう。


CBD469E9-1FE1-4DE4-935F-615910398144.jpeg



ただ一つ注意点を挙げておくと、転職の相談をするなら「転職経験者」にすべきです。転職したことのない人に聞いてもありきたりの話に終始して、あまり参考になることはないでしょう。今の時代は求人サイトで会員登録すれば無料で相談できるところもあるので、上手く活用して自分のキャリア形成の一助にしてみてはいかがでしょうか?






厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a


痩せ型人間が「自重筋トレ」でどこまで身体が変わるか検証『H=HIkaRIの自重筋トレ日報』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenadiary.com/




Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:求人 転職

2020年01月14日

新年の目標を忘れたあなたへ

こんにちは、職業・施術屋です。


さて、今年に入って早くも半月が経過します。もう正月気分は終わり、いつもの日常に戻りましたよね。


「今年こそ〇〇するぞ!」と目標を立てた方__続いていますか?すでに忘れた人が大半ではないでしょうか。日常の習慣であったり趣味関してならば「まぁそうですよねー」で済みますが、人生に関わることはそれではマズイ。例えば“転職”とか。





去年末に来年には仕事を辞めたい…と考えていたにも関わらず、新年が明けたらいつもの日常戻ってナアナアになってしまった…。そんな人は少なくないでしょう。私も似たような経験をしています(※2度の転職経験あり)。


「自分を査定してみる」__ごく簡単なことで。

転職とか起業とか、漠然と浮かんでいるけれど行動までには至らない。そんなあなたに伝えられることがあるとすれば「とりあえず履歴書を書いてみる」のはいかがでしょうか。一旦手をつけてしまうと“最後までやらなければならない”気がして躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、用意したからといってやらなければならないことはありません。



  • 履歴書を書く
  • 転職サイトに登録する
  • 事業計画書を作成してみる




など、まずは誰に言わずともできることから手をつけてみるといいでしょう。ホントにやる気があればそのまま徐々に進めていくし、実はただ怠けただけの人は自然と手が止まります。


個人的に「やる気あるんだけど…」と悩んでいるフリをして無駄にストレスを抱えるのは本当にアホらしいと思っています。


13968D58-978E-4E55-8999-6F4A1A0A0AC3.jpeg



ダイエット挑戦したものの3日で挫折した…そんな場合は自分を責めたり悲観的に捉えるのではなく「自分は実はそれほど興味なかった(必要としていなかった)」と再認識すればいいだけです。いつまでも「やろうと思っている」と宙ぶらりんで未練を残しているのはいかがなものか。


私もしょっちゅう宗旨替えを行なっていますから、ストレスはかなり少ない部類だと思います。一貫性がない人を人は敬遠しますが、まぁ表明しなければいい話です。まずは簡単なことから手をつけてみて自分のやる気を査定してみてはいかがでしょうか?



3分でキャリア診断




厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a


痩せ型人間が「自重筋トレ」でどこまで身体が変わるか検証『H=HIkaRIの自重筋トレ日報』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenadiary.com/




Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:転職 簡単

2020年01月11日

今年の目標 〜後悔はしたくない!〜

こんにちは、職業・施術屋です。


施術屋になってから2〜3年おきに環境を変えてきました。今年の7月でいまの環境に来て丸2年になります。


今年もまたある意味で環境を変える1年したいです。


ピークを過ぎてからではもう遅い。

業種によって差があれど、仕事の能力がピークを迎える時期がそれぞれあるかと思います。頭と身体がよく動いてゴリゴリに仕事ができて、いろんな経験を積める…そんな時期が少なからずありますよね?


整体・リラクゼーション業においては身体を扱う仕事ですし、私自身は武道を今も嗜み筋トレなども継続して行なっているので、30過ぎても全然余裕だと思っていました。が、最近は少し考えを改めつつあります。


前述のとおり職場を転々と変えており、生活習慣も変化しているので比較するのが難しいのですが、ここ1〜2年は日々仕事をしている中で疲労感が残りやすくなってきたように思えます。まぁそれなりに働けていますし理由は年齢だけではないと思いますが、少しずつ頭と身体が働ける期間を考えておかなければならない…それが個人事業主の命題なんですよね。



「一体何を考えるのか?」__それは、”身体が衰えていく前に資本をつくれる仕組みを考えることです。


BCDC5CFB-B749-492C-B26F-8414302E24A3.jpeg




頭と身体が聡明に動くピーク時にこそ動き出しておかないと、衰えてからでは変化を受け入れるのが億劫になってしまい結局は上手くいかない…、そんな後悔はしたくありません。ま、そんなこんなで今年は1つ頑張っていきまーす。



Amazon

↓↓↓

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

新品価格
¥1,525から
(2020/1/11 21:58時点)





厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a


痩せ型人間が「自重筋トレ」でどこまで身体が変わるか検証『H=HIkaRIの自重筋トレ日報』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenadiary.com/




Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:経営 ピーク
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン